土砂災害の教訓

2014.08.29.Fri.14:14
8月20日未明に広島市北部で起きた土砂災害、
被害に遭われた方々は、お気の毒さまだったと思います。

私が住む茨城県日立市の地形も広島市に似ています。
東に太平洋を望み、南北に細く平地が伸び、
その西側に阿武隈山地が横たわっています。
これまど大きな土砂災害が起きたとはきいたことはありませんが、
広島市の災害後、日立市土砂災害ハザードマップをもとに、
私が住む周辺の状況を調べてみました。

幸い、私が住む高台の住宅地は、
土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域の指定外でしたが、
頻繁に通る道路の中には指定内のものがありました。
また、私の自宅から2㎞ほどの住宅地も指定内にありました。
現地へ行ってみた瞬間、ヤバイ!怖い!と思いました。

土砂災害警戒区域には、大雨、ゲリラ豪雨の後は
近づかない、通らないことがいちばんです。
自己防衛のための危険回避行動をすることで
被害を最小限にするようにつとめたいと思います。

0829da.jpg

0829db.jpg

0829dc.jpg

0829dg.jpg

0829df.jpg

0829de.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する