「うわぐつ」「うわばき」分布図

2014.08.28.Thu.09:54
uwabaki.jpg

今朝、twitterで中村ゆきひろ氏(@Nmurayukihiro)という方が
「うわぐつ」「うわばき」分布図なるものを発表していました。
たいへんおもしろい。

「うわばき」派がほぼ日本を制圧していますが、
北九州、近畿、瀬戸内、北海道、宮城の一部では
「うわぐつ」派が存在している。
北東北・道南の「ズック」というのは、聞いたことがありますが、
飛び地のように福井県が「ズック」派というのは不思議です。
和歌山県の「バレーシューズ」というのは初耳。

私が住む日立市は、全国からいろいろな人が集まってくるので、
「うわばき」「うわぐつ」「ズック」という様々な呼び方を耳にしましたが、
圧倒的に「うわばき」派が多かったですね。

福井、北東北、北海道南部の「ズック」派の分布、
私にとって興味深いものがあります。
札幌に勤務している時、
北陸銀行がわりと多いことが気になっていました。
北前船などの交流や移住など
歴史な背景があるような気がしています。

kitamae.jpg

宮城県の海側が「うわぐつ」と呼ばれている件、考察してみました。
おそらく「うわばき」と「ズック」が独特の方言の中で合成されて
「うわぐつ」になったのではないかと想像いています。

和歌山県の「バレーシューズ」だけは理解できません。
本当にそう呼ばれているのでしょうか?


こういう地図って、
松本清張の「砂の器」にあった
ずうずう弁の分布地図のようで
面白いですね。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する