ドイツ代表GKノイアーと内田篤人2011.3.12

2014.07.11.Fri.09:30
ブラジルW杯決勝は、ドイツ×アルゼンチン。
伝統の勝負強さのドイツと
メッシ・フォーメーションのアルゼンチン。
私がもっとも見たかった組み合わせです。

ドイツ代表選手で、私の評価が高いのは
ゴールを量産しているFW陣や司令塔のエジルではなく、
GKのマヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)です。

フランス戦では後半ロスタイム、
片手1本でベンゼマの強烈なシュートを止めました。
守備範囲が広く、フィードも正確、安定感抜群。
すばらしいGKです。

彼はバイエルンへの移籍前のシャルケ所属時から
元鹿島アントラーズの内田篤人(シャルケ)と親しいことで有名です。
311大震災の翌日、内田とノイアーが一緒に撮られている
日本へのメッセージ入りの写真には
私、胸が熱くなったことを今でも覚えています。

なかなかステキなエピソードもあるようです。
「内田篤人 ノイアー 震災」で検索すると出てきますよ。

20110312.jpg

そういえば、
ドイツ代表のホーム・ユニフォームは白が定番ですが、
今大会のアウェイ・ユニは赤と紺のヨコ・ストライプです。
2007年の鹿島のユニフォームと瓜ふたつ。

uchi1.jpg

uchi2.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する