ブラジルW杯・準々決勝の勝敗予想の自己採点

2014.07.06.Sun.09:29
二夜連続で、半徹夜をしました。
ブラジルW杯の準々決勝のテレビ観戦のためです。
早寝して午前1時前に起きて、第一試合を観戦。
試合終了後、短い仮眠をとって午前5時前に起きて第二試合を観戦。
今、非常に眠いです。

今日の午後、水戸芸術館で聴く予定だった
竹沢恭子さんのヴァイオリン・リサイタルは、
演奏中に沈没しそうなので中止。
(当日券を買うつもりでした…。)

さて、W杯の準々決勝の前の7/4に
対戦カードの勝敗とスコアを予想していました。

〇●:90分以内の勝敗
△▲:90分+延長戦の勝敗

(私の予想)
△ブラジル2-2コロンビア▲超激戦でPK戦決着。ネイマールの負傷が心配。
〇ドイツ2-1フランス●ドイツの老獪さが若いフランスに勝りそう。
△アルゼンチン1-0ベルギー▲超接戦。メッシの決定的なプレイで決着。
〇オランダ2-0コスタリカ●相手の戦術によってフォーメションを変えられるオランダ有利。

(実際の結果)
〇ブラジル2-1コロンビア●
〇ドイツ1-0フランス●
〇アルゼンチン1-0ベルギー●
△オランダ0-0コスタリカ▲(PK4-3)

結果として、勝敗だけはすべて当てましたが、
90分以内の勝敗では、1試合しか的中していません。
スコアが当たったのも、1試合だけ。

しかしながら
私の超予想は、準々決勝前にネイマールの古傷を心配して
「ネイマールの負傷が心配。」とあらかじめ記していたことです。
それは報道で、怪我を懸念してハードな練習は回避ということを知ってらからです。
結果として、接触プレイで腰椎骨折で全治4週間。
W杯離脱になったのはとても残念です。
ネイマールの離脱を予言してしまったのでしょうか(苦笑)

全然、予想できなかったのはコスタリカの大健闘。
強力攻撃陣をもつオランダを120分間、零封しました。
残念ながらPK戦で負けてしまいましたが、
日本をはじめとするサッカー発展途上国に
勇気を与えてくれたと思います。

準決勝は、
ブラジル×ドイツ、
オランダ×アルゼンチン
となりました。

準決勝の私の予想。
〇ドイツ2-1ブラジル●(ネイマール、チアゴシウバ抜きはドイツには勝てない)
〇アルゼンチン2-0オランダ(メッシの調子があがりそう。オランダは疲れている。)

そして決勝戦ですが、
私の優勝国予想はW杯開始前から
一貫してアルゼンチンというのは変わりません。
〇アルゼンチン2-1ドイツ●(アルゼンチンの老獪な守備とメッシの決定力で勝利)



オランダがPK戦の死闘を制して2大会連続ベスト4…コスタリカ力尽きる
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=138&from=diary&id=2955560
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する