「フォルタレーザの悲劇」になってしまうのか…

2014.07.05.Sat.16:44
金曜の夜は早寝して、土曜未明は午前1時に起床。
W杯の決勝トーナメント準決勝、
1時からのフランス×ドイツ、5時からのブラジル×コロンビアを
テレビ観戦しました。
結果は仏0-1独、ブラジル2-1コロンビア。

フォルタレーザで行われた開催国ブラジルとコロンビアの南米対決で、
ブラジルのエース、ネイマール選手が接触プレイで脊椎骨折で、
準決勝以降の試合に出られないことになったのは残念です。
ネイマールのいないブラジル代表って、
本田と香川がいない日本代表に匹敵すると思います。

サッカー王国ブラジルで開催されるW杯で、
ブラジル代表は6度目の優勝を目指していますが、
たいへんなことになりました。
60年以上前の自国開催のW杯決勝で
ウルグアイに敗れた「マラカナンの悲劇」は有名ですが、
それに匹敵する「フォルタレーザの悲劇」になってしまうかも…。

次ぎの準決勝のドイツ戦では、
主将のチアゴシウバも累積警告で出場できません。
2つの軸を欠いたブラジルはドイツに勝てるでしょうか。
ノックダウン方式なので、負けたら終戦です。
ここでブラジル代表が「ネイマールのために」結束するか、バラバラになるかは
彼らの心の持ち方次第でしょうね。

もしドイツに負けるようなことになったら
カカー(ミラン)やコウチーニョ(リバプール)など、
ネイマールに代わる攻撃的な中盤の選手を
なぜセレソンに加えなかったのかなど、監督はつるし上げれるでしょう。

ブラジルはメキシコやチリのような守備が堅いチームには
思うように得点をすることができませんでした。
勝利だけが大目標なので、
どんなに避難されようとも超守備的に戦い、
得点はセットプレイでいくしかないでしょう。

W杯開幕前の6/12、私はブログで
グループリーグの通過国と決勝トーナメントの勝ち進みを予想しました。
ブラジルとドイツはグループリーグ1位で勝ち進み、
決勝トーナメントの準決勝であたり、
ブラジルが勝つと予想しました。
しかし、
決勝トーナメントがはじまる前の6/28
グループリーグのブラジルの戦いぶりをみて
準決勝のブラジルとドイツの対戦は、
延長でドイツ勝利に替えました。

いずれにしても
両チームが万全の状態で
戦ってほしかったですね。

ネイマールの怪我の回復を
お祈りします。




ブラジル代表に大打撃…ネイマールが腰椎骨折でW杯欠場へ、ドクター明かす
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=138&from=diary&id=2954761
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する