音楽会のチケットの払い戻し

2014.07.04.Fri.10:33
昨年の秋、N響定期を指揮したロリン・マゼールの
ワーグナー作曲(マゼール編)
言葉のない「指環」~ニーベルングの指環 管弦楽曲集

を、FMのライブ放送を聴いて「良かった!」~と思いました。
今夏、PMFオケを指揮するというのなら
20数年ぶりにマゼールの音楽会へ行きたいと思い、すぐに買いました。
ちなみに演目は以下のようなものでした。

PMFオーケストラ東京公演@サントリーホール
ロリン・マゼール(指揮)
セルゲイ・アントノフ(チェロ)
♪マゼール:モナコ・ファンファーレ
♪チャイコフスキー:ロココの主題による変奏曲 作品33
♪ショスタコーヴィチ:交響曲 第5番 ニ短調 作品47

マゼールの代わりに指揮することになったS氏は
音楽番組の司会者としても有名ですね。
もちろんS氏が指揮した音楽会へ数回行ったことがあります。
指揮者だけは一生懸命ですが、
演奏者も聴衆もどちらかというと引き気味。
虚無な音だけが通り過ぎたガッカリ音楽会でした。
もう彼の音楽会には行かないと決めました。

下の画像は、そのS氏が指揮したCDです。
彼の音楽性をよくあらわしているように思えました。
作曲家がつくった音楽よりも、まず自分ありきという印象を持ちます。
彼の音楽はいつもそんな感じですからね。

sadoyan.jpg


S氏は曲目の一部を変更。
♪バーンスタイン:「キャンディード」序曲
♪チャイコフスキー:ロココの主題による変奏曲 作品33
♪ショスタコーヴィチ:交響曲 第5番 ニ短調 作品47

彼が司会をつとめる音楽番組のテーマソングにもなっている
キャンディード序曲を指揮して、
「バーンスタインの最後の愛弟子」らしいオマージュとしたいのでしょうか。
演目だけみれば、若い音楽家たちと一丸となった熱演で
それなりに会場は盛り上がるでしょう。

しかし私、取り残された気分になりそうなので、
チケットをキャンセルすると即決しました。
マゼール氏の降板、本当に残念です。

しかしながら、サンントリーホールから
「指揮者が変更になったので、チケットの払い戻しができます」という
丁寧なダイレクト・コールがあったことは嬉しかったです。
知人U氏の場合も、
ある外国のオーケストラと共演するヴァイオリン独奏者が
体調不良の諏訪内晶子氏にかわり
ヒラリー・ハーンに代わったことがあるそうですが、
その時も横浜みなとみらいホールから、
同等の電話があった経験談を聴いたことがあります。
U氏は意気に感じて、音楽会へ行ったそうです。

一方で、
水戸芸術館では以下のようなことがありました。
2013年1月の水戸室内定期演奏会で
小澤征爾氏が体調不良で指揮をキャンセルしたことがあります。
しかし指揮者なしで演奏されることを、
主催者は演奏直前で発表したことで、
会場が混乱したことがあります。
また
2014年5月の定期演奏会の1ヶ月前、
ソリストが病気キャンセルしたにもかかわらず、
代役を立てるどころか、演目を変えて対応されました。
水戸芸術館は、
サントリーホールや横浜みなとみらいホールのような
払い戻しや電話案内などの対応をしないところのようです。



払い戻しをしたけれど、
本当は聴きたかった演奏会が
昨年の12月のクリスティアン・ツィメルマンのピアノ・リサイタルです。

ツィメルマンの腰痛で1月に延期になってしまったのですが、
私、仕事で都合がつかず、残念ながら払い戻しをしました。
演目は、ベートーベンのピアノソナタ30~32番。

なんと延期されたリサイタルの日の夕方、
指揮者クラウディオ・アバドの死去が世界に打電された日でした。
そのリサイタルを聴いた知人は
ツィメルマンはベートーヴェンの最後のソナタで
アバドへ「別れの歌」を一期一会の演奏をした~と語っていました。

かえすがえすも、
残念な払い戻しでした。

スポンサーサイト
コメント
S氏の思い出(笑)
S氏が某音楽番組の司会進行を務め始めるずっと前の事です~コンサート会場の内外で、S氏の団体追っかけである通称『Sドラー』に遭遇し、ぶっ飛んだ記憶があります。
あれは凄まじい団体様でした…
・(+、,++)・
まだ私が30代の頃、神谷郁代さんがソリストを務められるコンチェルトの・を購入しました。ところが当日会場で『神谷さん急病によりソリストをN道郁代さんに変更』の張り紙が
払い戻し可能と通達しておきながら、あーだこーだと屁理屈を並べなかなか応じません。
私『私は神谷さんの演奏が聴きたかったのであってN道さんなど聴きたくありません』、主宰『同じ郁代だからいいじゃないですか~』…そのあとの展開はご想像ください(笑)
サドラーな人々
ゲルバー夫人さん

こんにちは。
おそらくサドラーの方々は
音楽が好きというよりも、
さどやんを応援している自分たちに
酔っているのだと思います。
仲道さん
ゲルバー夫人さん

たぶん私も
ゲルバー夫人と同じことを
したと思います。

管理者にだけ表示を許可する