はなわちえ~癒し系津軽三味線プレイヤー

2014.04.16.Wed.11:32
hanawachie.jpg


知人のN島氏とお会いした時、
「はなわちえさんという日立市出身のすばらしい三味線奏者がいる」
という話を数年前からきいていました。

はなわちえさんは
日立市出身の津軽三味線奏者・上妻宏光氏と同門。
どうやら優秀な師匠がいるようですね。
私が住む日立市は工業都市ですが、
優秀な邦楽プレイヤーを輩出しているというのもユニークです。

はなわちえさんは、
2000年に津軽三味線全国大会A級女性部門に17歳で最年少のチャンピオン。
その後、東京芸大に進学して、メジャー・デビュー。
2枚目のアルバムを今月発売するそうです。(上の写真)
前日の4/12は水戸芸術館で
津軽三味線・ピアノ・パーカッションのユニットで演奏したそうです。
一方で和楽器ユニットや津軽三味線&ヴァイオリンとのユニットもあるそうです。

私、はなわさんの演奏を聴いてみたいと思っていましたが、
やっと4/13日曜の「日立さくらまつり」の音楽ライブで実現しました。
近年、邦楽であっても、ジャズやポップスなど
クロスオーバーな活動をしている邦楽奏者が多いと思いますが、
彼女もそのひとりでしょうか。

30分ほどのライブを聴いた感想は、
気持ちよく音楽を聞かせるという「癒し系」のミュージシャンという感じです。
純粋に伝統的な邦楽を指向する方にとっては「異端」なのかもしれませんが、
もともと邦楽をよく知らない私は、楽しく聞かせていただきました。

津軽三味線は、切ないメロディラインを奏でるだけでなく、
打楽器的な激しさを持ち合わせた多様性のある楽器であることを
あらためて実感することができました。
邦楽という枠にとどまらない可能性を感じます。

以下、私が安デジカメで撮影した動画です。
よろしければどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=S8jNxaCsCAk
↓↓↓↓↓↓


https://www.youtube.com/watch?v=ZgG3NyUpa4I
↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する