黒いラーメン

2014.04.09.Wed.12:54
先日、かさま国際音楽アカデミー2014の
「ミハエル・ヴォスクレンスキー|ピアノリサイタル」を聴きに行った時、
北関東では笠間市にしかない富山ブラック・ラーメンを食べてきました。
(音楽会の感想は、ザハール・ブロンのものと併せて、そのうちUPします。)

富山ブラックというのは
富山県富山市中心部で生まれたご当地ラーメンのこと。
醤油をベースの黒いスープが特徴なので、
「ブラック」と呼ばれるのでしょう。

本家のブラック・ラーメンは
肉体労働者向けに作られたようで、
スープは醤油の濃度が高くして塩からく、
大量の粗挽き黒胡椒をかけられいるようです。

しかし、茨城では
まろやかな食べやすい味にアレンジしてあるようです。
それでも黒いスープはインパクトがありますね。
黒い「地」の中に、卵やネギの色が映えて
スタイリッシュに見えます。

タイカレーは、
グリーン、レッド、イエローと、
味付けによって色が特徴的なものあります。

ラーメンも同じようなネーミングが
もっと増えてもいいかもしれませんね(笑)

私がこれまで出会った色名がついたラーメンは、
激辛の「赤ラーメン」、
塩をベースにした「黄金ラーメン」
そしてこの「ブラック・ラーメン」ぐらいかな。

bk0331.jpg



スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する