なつかしい名曲「スカイ・ハイ」

2014.04.06.Sun.19:18
昼すぎ、松尾貴史がMCをつとめる
FMラジオのトーク番組「トーキング ウィズ 松尾堂」を流していたら
私が中学生のころにヒットした
ジグゾーの「スカイ・ハイ」が流れてきました。
たいへんに懐かしい~。

なぜなら中学生のころ、
私がはじめて買った洋楽のレコードだったからです。
36~37年ぐらい前のはるか昔のこと(笑)
ドーナツ型のレコードで500円ぐらいでした。

たまたま父が見ていたプロレス中継で
ミル・マスカラスという「鳥人」と言われたプロレスラーが
入場する時にテーマ曲として流れていました。
当時は、曲名などをプロレス中継で説明してくれませんでした。
その音楽を聞いて、すばらしいと思った中学生の私は
テレビ局に電話で曲名やレコードの有無を問い合わせをし、
近所のレコード店で「スカイハイ」を注文して買いました。
時間がかかりましたが、イイ思い出です。
空を飛んでいるような流れるようなメロディーと
ブラスの鋭角的な響きがかっこいいと思いました。

知りたいことをパソコンでググッて、
アマゾンで注文すると、
すぐに配達されてしまう今とは
全然、ちがう手間がかかる作業でしたね(笑)
しかし、達成感はありました。

中学生のころ、限られたお小遣いの中で、
レコードを買うのはたいへんでした。
中学生の時に買った洋楽のドーナツ盤で思い出深いものは
この「スカイハイ」以外では、

バリー・マニロウの「コパカバーナ」
ビリー・ジョエルの「ストレンジャー」
アバの「ダンシング・クイーン」

家の中のどこかに
これらのレコードがまだ残っているかもしれません。
お宝になるでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=WSbv_nyVoCA
↓↓↓↓↓↓


スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する