重労働だった雪かき

2014.02.09.Sun.22:54


昨夜の大雪はすごかったですね。
私が住む茨城県日立市はあまり雪が降らない地域ですが、
わが家の最深部で31cmほどの積雪がありました。

2/8の深夜から断続的に停電があり、
嫌な予感がしていましたが
朝、起きると予想とおり一面の銀世界。
上の画像は、ウチの前の道路です。
駐車スペースや通路が雪をかぶってしまっていました。
はやいうちに雪かきをしないと
雪が融けて重くなり、作業し難くなります。

すると、
「ウルトラ警備隊」が登場するかのように
勇壮に除雪車が坂道を登ってきます。
頼もしいですね~(^_^)v

私も雪かきができるように着替えて作業に着手しました。
とりあえず自宅内の通路を確保し、
自動車が出せるように雪をかき出し、
その後に外部の前面道路の雪かきです。
雪が融けて、道路がアイスバーンになったら危険なので
懸命に作業しました。
5時間ぐらい働いたでしょうか。

サラリーマンのころ、
仙台や札幌に住んだことがあります。
関東よりも雪が多い都市でしたが、
マンション住まいだったので、
雪処理は管理会社がやってくれたので
雪かき作業はスキーに行った時に、
車に積もった雪を下ろす時だけでした。

いちおう雪国生活経験があるので
幸いスノーブーツやポリカーボネートの雪かき用スコップを持ってので
今日の除雪作業にはたいへん役立ちました。
除雪作業はかなりの重労働でした。
普段はエンピツよりも重いものを持たないで~w

雪をかいて、大汗をかきました。
家に入って着替えたら、ショックなことが…。
停電になっていたからです。
幸い、ガスと水道は大丈夫でした。
電気がないと暖房ができません。
ソチ五輪も見られないし、音楽を聴けません。

停電だし、つかれたし、
パッとランチを食べてから、
湯たんぽを用意してお昼寝タイム。
16時すぎに目が覚めた時には停電も解除。
朝刊が夕方に配達されました。
今でも、重労働のせいか
からだが痛い。

 


スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する