シューベルトが好きな人の傾向

2013.12.28.Sat.10:53
フランツ・シューベルトは私が偏愛する作曲家のひとり。
特に彼のピアノ曲や歌曲が大好物です。
歌曲全集は、DGとハイペリオンの2種を持っていますが、
ひとからは「そんなもん2つも買って、ばっかじゃない~」
と言われています(泣)

最近、シューベルトのピアノ曲を自分のアトリエに流していると
内田光子やアファナシェフが弾く
感情移入が著しい演奏がちょっと鬱陶しくなってきました。
やはりルプーやシフのような自然体がいいな…。

そんなことを思っていた矢先、
昨晩、入浴中しながら読んでいたピアニスト・随筆家の青柳いずみこ氏の著作
『モノ書きピアニストはお尻が痛い』(文藝春秋)に興味深い文章がありました。
テキスト・ファイルにスキャンしたので引用します。



音大のピアノ科でシューベルトが好き、
という学生には、ほんわかタイプの子が多い。
女の子は、洗濯して糊をきかせた白いブラウスにスカート姿で、
セミ・ロングの髪はうしろでひとつにまとめて紺のリボンで結ぶ。
よく勉強するがガリ勉タイプではなく、
かといってピアノ科に多いわがままなお嬢さん族でもない。
これが男の子になると、少し女性的なイメージがあり、
色白でぽっちゃりしたベビー・フェイス型、
性格はやさしくて、よくいえばフェミニスト、
悪くいえば、人畜無害……。

これは先輩にきいた話なのだが、
現代音楽のエキスパート高橋アキさんが、
芸大時代に最も得意にしていたのが、シューベルトだったという。
意外なとりあわせに思われるかもしれないが、
シューベルトの音楽は、ある意味でとてもニュートラルなのだ。
現代音楽特有の、どんなにややこしいリズムや不協和音にも拒絶反応を起こさないで
音楽的に処理してしまうアキさんは、
きっととてもニュートラルな人なのに違いない。

(略)
シューベルトの生いたちや音楽とのかかわり方をみていると、
彼の作品に漂っているほんわかした雰囲気のわけがわかるような気がする。

音楽学校にはいろんな子供たちが集まってくる。
小さいころから親に管理されて音楽ひと筋でやってきた子、
スポーツも勉強も両立させてがんばってきた子、
好きで始めてのんびりやってきたが、
たまたま素質があったので合格してしまった子。
それぞれ、顔つきまで違う。

シューベルトを弾くのが上手なのは、この第三のタイプだ。
シューベルトのピアノ曲には難しいところがあり、
たとえば《さすらい人幻想曲》は、
リスト的になるかべートーヴェン的になるかどちらかで、
なかなかシューベルトらしく弾く人がいない、という声をきく。
なんでもがんばる子は、とかくストイックにものを考えすぎるので、
べートーヴェンのように堅苦しくなってしまうし、
サーカスのお猿さんのように調教された子は、
楽器を弾きこなす表面上の技術ばかり頭にあるので、
リストのように派手派手しくなるのだろう。

演奏のあり方にはいろいろな要素が混ざりあっていて、
演奏家の心理は、曲目によってさまざまに変化する。
ベートーヴェンを弾くときは自分まで偉大になったような気がするし、
リストを弾くと、どうだ、俺はうまいだろう!という気分になるものだが、
シューベルトを弾くときに必要なのは、
そうした個人レヴェルの雑念を、
全部心の中から追い払ってしまうことだ。

ニュートラルなシューベルトの作品では、
作曲家自身の個性や自己主張を超えて、
メロディや和声進行そのものの美しさが、
直接私たちに語りかけてくるのだ。
「シューベルトは夢遊病者のように書いた」と言ったのはブレンデルだが、
その構築されないめまぐるしい転調には、たしかに、超感覚的なところがある。

シューベルトを弾くピアニストは、
例外なく、とても心やさしい、天使のような心持ちになる。
アシュケナージの演奏で変ロ長調の遺作のソナタを聴いたときなど、
アシュケナージの魂が舞台をはなれて天にのぼり、
神様とお話ししているところがみえるような気がしたものだ。



青柳氏の卓見、なかなかです。
昔は、若きポリーニが弾く超絶技巧を駆使した
リスト的な「さすらい人幻想曲」が好きだったけど
最近は全然、聴きたいと思うことはないです。

シューベルトは上手に弾こうと思うと、上手く弾けないのかも。
フィッシャー=ディスカウによるシューベルトの歌曲も
歌うというよりも、語るという感じです。
ルプーのように仙人みたいな人じゃないと
シューベルトはダメなのかな~。

それと、
音大のピアノ科でシューベルトが好きな男子、
少し女性的なイメージがあり、色白でぽっちゃりしたベビー・フェイス型、
性格はやさしくて、よくいえばフェミニスト、悪くいえば、人畜無害……、
という記述が、すごく私には引っ掛かります。

私は音大ピアノ科じゃなくて、理系男子。
しかもサッカー小僧。
かなり雑念が多く、バランスも悪く、やさしくない。
とても、アグレッシブなんですが…。
無いものねだりと理解しておきましょうか…(笑)
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にだけ表示を許可する