私の日本シリーズ第7戦観戦記

2013.11.04.Mon.20:20
今夜から今日にかけて
東北楽天イーグルスの日本シリーズ制覇のニュースで溢れています。
私も、心からおめでとうと言いたいです。

今朝、ネットでみた
「3.11の悲しみが11.3の喜びになった」
というツイートには感動しました。

偶然、3と11が入れ替わっただけで全くちがう印象!
東日本大震災の後、復興の途上の中で東北楽天の優勝という快挙は
被災者に大きな勇気を与えてくれることでしょう。

私、サッカー好きなので
プロ野球はほとんど見ませんが、
今年の日本シリーズに限っては、
東北楽天と東京読売の対戦だったので
個人的には関心が高いものとなりました。
(なんとなく、東北の被災地×東京電力
という構図と読み替えられそうと思ったのは
私だけでしょうか?)

3勝3敗でむかえた第7戦、
この試合で日本一が決まります。
その時、私は茨城から埼玉へ
クラシックのリサイタルを聴きに行っていました。

会場の彩の国さいたま芸術劇場の最寄駅は与野中央駅。
20時前に埼京線に飛び乗って、
ガラケーのワンセグをONにしました。

311大震災後に買った
私のガラパゴス携帯のワンセグ機能、
はじめて役に立ちました(笑)

音声はOFFにして日本シリーズの観戦を開始。
ちょうど6回を終えて3-0で楽天リード。
投手が美馬から則本に変わるところ。
とりあえず東北楽天リードですが、
まだまだ余談をゆるしません。

東京駅に着いてから、
構内で軽食を食べながら
ゆったりと進む試合を漫然と観戦。

21時過ぎ、日立行きの高速バスが発車するころ、
9回の表、田中マー君が登場。
前日に160球を投げてボロボロに疲れているはず。
しかし彼が投げて負けるのなら、誰も不満はないでしょう。
常磐道を北上しながら、試合を見守りました。

携帯の充電器を持っていたので、
悠々とワンセグ観戦している私のことに気づいた他の乗客の方が
「試合、どうですか?」とたずねてきました。

「3-0で楽天が勝ってます。
9回表、マー君が登板です!」といったら、
「おおっ!」と声が上がりました。

読売のアウトの数が増える毎に報告。
なかなか読売も粘ります。
最後の打者が三振して、
「楽天、勝ちました!」というと拍手があがりました。
高速バスに乗り合わせた方々の多くは
東北楽天を応援していたようですね。
星野監督の胴上げを見た後は爆酔。
ちょうど土浦を過ぎたころでした。

帰宅後、今回の日本シリーズで
東北楽天を応援していた人って
どのぐらいいたのだろうと思い、
「プロ野球人気球団調査ランキング」
というサイトを開いてみたところ、
2012年の調査では

1位 読売ジャイアンツ       23.0%
2位 阪神タイガース         11.0%
3位 福岡ソフトバンクホークス  6.4%
4位 中日ドラゴンズ         5.3%
5位 北海道日本ハムファイターズ 4.7%
6位 広島東洋カープ        3.5 %
7位 東北楽天ゴールデンイーグルス 3.4%
どれもない            36.0%

とありました。
つまり日本人の1/4は読売のファン。
東北楽天のファンはたった3.4%

しかし今回の日本シリーズでは
アンチ読売、その他のプロ野球ファン、東北の方々、
判官びいきの方々、ネットショッピング・フリークなどを含めると
国民のおよそ半分以上の方々が
東北楽天の応援していたのではないかと思いました。

私、1992~95年に仙台に勤務したことがあり、
愛着がある街のひとつです。
だから311大震災後、
十数回、被災地へボランティアへ行ったりもしました。
石巻や女川、仙台荒浜の甚大な被害を目の当たりにして
たいへんにショックでした。
東北楽天の優勝は、
被災者の方々の気持ちを
後押ししてくれたらイイナと思いました。

ちなみに私、大の読売嫌い。
だから東京読売ジャイアンツも好きじゃない。
通称の「巨人」という言葉を使うことに嫌悪感があります。
私にとっての「巨人」は、
マーラーの交響曲第1番ニ長調なのです(^_^)v

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する