聖☆おにいさんたち

2013.09.06.Fri.10:03
 

先日、所用で茨城県南の阿見町へ行ってきました。
ここは戦前、予科練があったことで知られています。

運転中、フッと遠方を見ると
突然、巨大な像のようなものが見えてきてビックリ。
よ〜く見ると仏像。
威容なのか、異様なのか、よく分かりませんw。
あれが有名な「牛久大仏」のようです。
はじめて見ました。

だいぶ前、映画『下妻物語』を見た時、
地元にこのような大仏があることを知りましたが、
当時はそれほど興味はそそられませんでしたが、
実際に近づいてみてみると、本当にデカイ!

【Wikipedia】によると
牛久大仏(正式名称:牛久阿弥陀大佛)は、
ブロンズ(青銅)製大仏立像で、全高120m(像高100m、台座20m)。
立像の高さは世界で3番目。
ブロンズ立像としては世界最大。
浄土真宗東本願寺派本山東本願寺によって造られた。
奈良の大仏(14.98m)やニューヨークの自由の女神像(93m)よりも大きい。
とありました。

これを見ながら思い出したのは
ブラジルのリオデジャネイロ市のコルコバードの丘にあるキリスト像。
コルコバードの丘はリオの原風景でもあります。
ジョビンの「ジェット機のサンバ」の歌詞でも歌われています。
来年のブラジルW杯が行われることもあり、
最近、よくテレビに映りますね。
ちなみにこの像は、全高39.6m(像高30.1m、台座9..5m)m。

私、これらのふたつの像を思い浮かべながら
「聖☆おにいさんたち」という言葉が降りてきました〜w
数年来、『聖☆おにいさん』という漫画を読んでいますが、
これはブッダとイエスが、下界のバカンスを満喫しようというもの。
東京の安アパートで暮らすというものです。
なかなか笑えます。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する