トリップとパテのワンプレート・ランチ

2013.06.26.Wed.13:48
先週、名古屋でレストランを経営するオーナシェフの友人S氏が
私が好物の料理を宅配便で送ってくれました。
ワインや生ハム、手づくりの天然酵母のパンなど、いろいろ。

その中で私を最も喜ばせてくれたのは
・トリップのトマト煮込み
・黒毛和牛と黒豚のパテ

私は昔からレバーやホルモンなど内臓の肉が大好き。
どうして日本人はロースとヒレしか食べないのか?と
ずっと疑問を持っています。
肉の味の醍醐味は内蔵じゃないかと考えています。
だから牛の第二胃を使ったトリップの煮込みは大好き。
和食にたとえるのなら、モツの煮込みでしょうか。

送ってくれた食材を使って
ワンプレート・ランチをつくってみました。
トリップは加熱しながら白ワインでのばしてソース状にしてパスタと和えました。
パテは黒胡椒をゴリゴリと挽いて香ばしく~♪。
オレンジとクルミとレーズンの入った天然酵母のパンは薄めに切って軽く焼く。
私はサラダとワインを用意して
お皿に盛っただけです。

このパテひと切れだけで、私はワインを1本飲めそうです。
それとこのようなトリップ、自分でもつくれたイイなと思いました。
内臓肉は美味しいのですが、下処理に手間がかかります。
やはりレストランやワイン・バーで食べるのがいちばんかな。

どうのこうの言ってもウマイものは美味い。
おフランス風のワンプレート・ランチになって
とても満足でした。


スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する