私のLFJ2013

2013.05.08.Wed.22:34
私、5月の大型連休は
有楽町の東京フォーラムで行われる
クラシック音楽のイベント「ラ・フォル・ジュルネ(LFJ)」に
参加することが恒例になっています。

ラ・フォル・ジュルネとは「熱狂の日」音楽祭とも呼ばれ、
毎回、たいへんに盛況です。
今年のテーマは、「パリ、至福の時」で
パリを彩ったフランス、スペインの作曲家たち、
ファリャ、フォーレ、ラヴェル、ドビュッシー、サン=サーンスらの音楽を中心に
多くのプログラムが組まれました。

私はLFJの3日目にあたる5月5日だけ参加。
以下のようなプログラムを楽しみました。

■10:30~@ホールD1 ※無料プログラム
映画「ピエール・ブーレズのレッスン(シュル・アンシーズ)」

■12:15~@ホールD7(#352)
クン=ウー・パイク(ピアノ)
♪フランク(バウアー編):前奏曲、フーガと変奏曲(「オルガンのための6つの小品」より)
♪ラヴェル:ソナチネ
♪フォーレ:「無言歌集(ロマンス)」 op.17より 第3番 変イ長調
♪フォーレ:即興曲 嬰ハ短調 op.84-5(「8つの小品」より)
♪フォーレ:夜想曲第11番 嬰ヘ短調 op.104-1
♪ラヴェル:高雅で感傷的なワルツ

■13:40~@よみうりホール(#372)
「魂のストリング」
♪深淵(ブレリアス、踊り付)
♪アルペジオの架ける橋(タンゴス)
♪彗星の雨(ルンバ)
♪カリブ海(グアヒーラ、踊り付)
♪悠久(バラード)
♪真珠の首飾り(アレグリアス、踊り付)
♪魂のストリング(ルンバ)
♪鳩(ワルツ)

■14:40~@地上広場 ※無料プログラム
アウラ(女声ア・カペラ5人組)
♪月の光
♪ジュ・テ・ヴーなど

■16:00~@B7(#324)
クン=ウー・パイク(ピアノ)
レジス・パスキエ(ヴァイオリン)
プラジャーク弦楽四重奏団
♪デュロゾワール:聖母マリアへの祈り(ヴァイオリンとピアノのための)
♪ショーソン:ピアノ、ヴァイオリンと弦楽四重奏のためのコンセール ニ長調 op.21

■18:15~@B5(#335)
ジェヌヴィエーヴ・シュトロッセ (ヴィオラ)
ジャン=クロード・ペヌティエ (ピアノ)
レジス・パスキエ (ヴァイオリン)
ロラン・ピドゥ (チェロ
♪ラヴェル:ピアノ三重奏曲 イ短調
♪フォーレ:ピアノ四重奏曲第1番 ハ短調 op.15

■20:00~@展示ホール ※無料プログラム
The Cherry Boys(ディキシーランド・ジャズ)

今年の私の有料プログラムのチョイスのこだわりは、
①前から気になっていた韓国人ピアニスト、クン=ウー・パイクを聴くこと
②生演奏で聴いてみたいと思っていた作品を聴くこと
でした。

実際に聴いてみて、
演奏内容には満足できました。
特にクン=ウー・パイクが弾いたフォーレのピアノ小品と、
パスキエらによるラヴェルのピアノ三重奏曲 イ短調は良かったです。
後日、追加日記を書きます。

このようなイベントは、
単純に音楽を楽しめればよいと思っています。
朝から晩まで音楽漬けというのもイイものです。

この動画は私が撮影した
The Cherry Boysのディキシーランド・ジャズです。
なかなか楽しめました(^_^)v

http://www.youtube.com/watch?v=68a7H8hH-XI
↓↓↓↓↓↓


スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する