くるみイナリ

2013.04.15.Mon.19:41
 

笠間市へ行った時に、タコが入った
多幸イナリを食べたという日記を書きました。

先週、別件でふたたび笠間市へ行った時、
くるみイナリを買って帰りました。

これは日本三大稲荷の笠間稲荷神社の別名が
胡桃下稲荷であることに由来しているそうです。
昔、神社のまわりには胡桃の木がたくさん生えていたから
そう呼ばれているらしい。

見た目は普通のイナリ寿司よりもかなり色が濃いです。
そして断面フェチの私は食べる前に
当然のように、このくるみイナリを切って断面を観察しました。
なるほど、細かく刻まれたクルミが入っています。

食べてみると予想通り、甘いおイナリさんです。
油揚げを普通よりも甘じょっぱく煮てあるからです。
くるみの風味と食感がよいアクセントになっています。
これは食事用というよりもおやつ向きのおイナリさんです。
いくつでも食べられそうです。

地元の故事と結びついていて
ご当地B級グルメとしては
なかなかイイねと思いました。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する