水戸に来たルシウス

2013.03.24.Sun.01:11
昨年、劇場で見た邦画で印象に残ったのは
映画『テルマエロマエ』と『のぼうの城』でしょうか。

映画『テルマエロマエ』は
古代ローマ人の浴場設計技師のルシウスが
現代の日本にワープしてきて
現代の浴室の技術を古代ローマに伝えるという
奇想天外なお話しでした。

この映画で水戸市北部にある七ヶ洞公園が
ロケ地になっていたことが話題になっていました。
ここは「自然との融合するイギリス式庭園」
というコンセプトで1999年に開園したそうです。
私、この公園に行ったことがありませんでしたが
昨日、やっと見に行けました。

見た感じでは
あまりパッとしない公園です。
ちょっと散策すると、
どの場所がロケに使われたのか
すぐに分かりました。
また、よくこの場所を
ローマに仕立てたなぁと
映画スタッフの努力に感動しました~(笑)

先日、WOWOWで
この映画が放送されたばかりだったので、
HDに保存していた映像と
実際の七ヶ洞公園の様子を比べてみました。
普通の景観が、それなりにローマの景観に見えますね(笑)

■階段を降りるルシウスのシーン
 

■次期皇帝候補ケイオニウスと話すルシウスのシーン
 

■古代ローマ版・自家用浴室を考案したルシウスのシーン
 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する