あれから2年経ちました…。

2013.03.11.Mon.12:18
311東日本大震災が起きて
今日でまる2年です。

地震が起きた時、
私は水戸市に住んでしました。
わが家の被害は最小限だったと思います。
地震直後、電気・水道・ガスがNG。
なんとか数日分の食料を確保し、
ロウソクの火の下で
不安な一夜を過しました。

携帯とラジオが唯一の情報源。
携帯の充電器を持っていてよかったです。
私がはじめてこの巨大地震の具体的な状況を知ったのは
遠方のマイミクさんたちが流してくれる情報からでした。
mixiやtwitterからの情報はたいへんに役に立ちました。

幸い翌日の朝にわが家のインフラは復旧。
その後の数ヶ月、わが国は大混乱でした。
新聞のヘッドラインを見てもよく分かります。
予想以上に私の国は、危機管理が甘かった。



官公庁が発表する
福島原発事故による放射線量のデータが信用できなかったので
ガン治療のために放射線計測器を持っていた友人の助けで
mixi限定でその計測値をUPしたら、もうのすごいアクセス数でした。
みなさんも不安だったようですね。
結果的には、公式発表と私たちの計測値が
ほぼ同等の数値でしたので、
それが検証できて良かったと思っています。

地震の数ヶ月後、
私の業務上の知識が多少、役に立つボランティアをするために
宮城県へ数回行きました。
仙台市は私が3年あまり勤務したので
宮城県は懐かしい場所のひとつです。
大きな被災を受けた石巻市や女川町、仙台市荒浜地区を訪れた時は
絶句しました。

問題は今なお山積していますが、
被災者の方々がいちばん恐れているのは
忘れられてしまうこと…だとききました。
私は絶対に、忘れません。

先週末の鹿島と水戸で行われたサッカーの試合は
震災復興支援試合という意味で
キックオフ前に黙祷が行われました。






スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する