陳さん風の麻婆豆腐を試作

2013.02.26.Tue.22:05
  

先週、東京へ建築系の展示会を見てきました。
東京ガスのブースで、「クール・ヒート」という
新しいコンセプトの厨房機器の話をきいていた時、
「陳健一さんの料理のデモンストレーションがはじまりますよぉ~!」
というアナウンスが聴こえてきました。
料理の鉄人がみずから作る料理が食べれれる
千載一遇のチャンスを逃してはいけないと思いました。

陳さんが作ってくれたのは
「ホタテ貝柱と白菜の煮込み」
「陳麻婆豆腐」の二品。
家庭で作れるようにアレンジされたもの。

プロと家庭とでは、
レンジの火力や調味料がちがうけれど
どーすればプロの味に近づくことができるかを
いろいろ教えていただきました。
(ちなみに陳さんが使う豆板醤は
3年寝かした味噌状のものでした。)

特に麻婆豆腐については
陳さんのレシピ通りじゃなくて、
丸美屋やクックドゥーを使っても
美味しく作るコツがあるとのこと。

それは、
①木綿豆腐をサイの目に切ったら、
 塩水で5~6分煮て、豆腐から水分を出す。
 プするとリプリの豆腐になる。
②粉山椒や紹興酒を調味に加える。

私、丸美屋の麻婆豆腐の素をベースにして
上記の①と②の方法をし、
ついでにで豆板醤、豆鼓、甜面醤を少し加えてみたら
なかなか美味しい麻婆豆腐ができました。

豆腐のプリプリ感と山椒の風味が効いて
家庭で食べる麻婆豆腐としては
合格点だと思いました(^_^)v


スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する