料理実験「クレオパトラと利休のグリーンパスタ」

2017.07.27.Thu.23:49
今日のランチはおひとりサマなので、
かねてから構想していた創作パスタをつくってみました。
名付けて「クレオパトラと利休のグリーンパスタ」という
名前だけは革新的なもの(笑)

先週、朝の情報番組の「抹茶」特集で、
水に溶いた抹茶のペーストを和えて
シーフード系のパスタにつくっていたシーンをみて、
私、閃きました。

抹茶で染めたパスタの上に
ラグーソースに見立てたモロヘイアのペーストをのせたら
緑×緑でおもしろいのではないか…と。
抹茶は茶道の祖・千利休、
モロヘイアはそれを好んで食べたクレオパトラに
お名前を借りました。

パスタはウィンナーを入れたペペロンチーノ風とし、抹茶ペーストを入れて混ぜます。
一方で茹でたモロヘイアをフープロでガッーとペースト状にし、
取り出したら納豆のようにネバネバに混ぜ、麺つゆで味付けをします。
超簡単です。
見た目は「緑×緑」になって、まずまず満足です。
自家製のバジルもトッピングしました。
バジル・ペーストで和えた「ジェノバ風パスタ」にも見えるでしょうか。

しかし、お味の方がまだまだ人サマに食べさせる段階ではありません。
抹茶の苦味がやや強すぎました。
少し生クリームを入れ抹茶ミルク系にしたら食べやすくなりそう。
そう考えると「抹茶のカルボナーラ」も作れそうです。
アイデアはいろいろ出てきます。
料理の実験は楽しい。

DSCF6337pst.jpg
スポンサーサイト