映画『LION/ライオン~25年目のただいま』

2017.05.28.Sun.23:59
数週間前、映画好きのマイミクさんが
映画『LION/ライオン~25年目のただいま』の感想をお書きになっていました。
ネットでこの映画の予告編をみて
私は3度外遊したことがあるインドが懐かしくなり、
この映画をつくば市のシネコンで見てきました。

これは予告編の動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=P9_HDMoK338



大まかなあらすじは以下の通り。
主人公はインドの片田舎に住むサルー少年5歳。
彼が誤って乗ってしまった回送列車によって、
遠く離れた大都会コルカタへ運ばれてしまった。
危険に身を晒しながら街をさまよううちに、
身元不明の孤児として施設へ送られてしまった。
運良くオーストラリアに住む夫婦の養子となる。
成長した彼は大学に通い、恋人も出来、何の不自由なく暮らしていた。
あるパーティで生き別れたインドの家族の話をした時、
「Google earthで故郷を探せるのではないか?」という友人の言葉に、
かすかな記憶をたよりに、故郷さがしに没頭していく。
そして、生き別れた母と25年ぶりに奇跡的な再会を果たした。

たしかにサルーの自分さがしの旅は感動的でしたが、
私が最も共感できたのは
「産みの親」と「育ての親」の無償の愛情でした。

いなくなったわが子の帰還を25年も待つ産みの母。
自分の子どもをつくらず、
父母のいない子どもの養父母になるという覚悟をもった育ての母、
そしてサルーがインドへ戻ることを許す。

はなれ離れになっても、
親子である宿命は変わらないことを
実感させてくれる映画でした。

私とインドの出会いは私が6歳の時。
茨城からはるばる家族で行った大阪万博で
たまたま入ったインド・パビリオンでした。
白い虎に睨まれて、インドを洗脳されてしまったようですw。
これまでいろいろな国を外遊しましたが、
インドはなぜか「心のふるさと」のようにフィットしました。
1ヶ月以上滞在しても苦になりませんw。

下の写真は2004年のインド外遊時に撮ったもの。
コルカタ(旧名カルカッタ)の公園でみた
人を包みこむような樹。
02260001.jpg

ジョードプールで出会った子供たち。
ちょうどホーリーのお祭りの時でした。
みんないい表情。
03070001.jpg
スポンサーサイト