ブリューゲルの「バベルの塔」の縦断面

2017.04.23.Sun.18:09
4/21、所用で上京した時、時間を捻出して
都美術館で開催されているブリューゲル「バベルの塔」展をみてきました。
4/18にはじまったばかりだったので、比較的ゆっくり見られてよかったです。
大型連休中は大混雑になるでしょうね。
DSCF5357bb.jpg

内容的には大変に見応えがありました。
16世紀のネーデルランドの絵画・彫刻の歴史を辿りながら、
なぜブリューゲルが「バベルの塔」を描くに至ったのか想像することができました。

地下1階では宗教画から風俗画へ画題が移行していく過程の展示、
1階では、奇想の画家ヒロニムス・ボスとその影響を受けた作品の展示、
そして2階では、ブリューゲルの作品と、最終目標の「バベルの塔」にたどり着きます。
旧約聖書にある「バベルの塔」の具体的イメージをつかむまでの歴史もおもしろい!
なかなか人類は「天まで届く」イメージを持てなかったようですね。
「バベルの塔」に関しては実作だけでなく、
映像や3倍に拡大して模写された作品を通じて、
「バベルの塔」のディテールもよくみることができました。

「バベルの塔」はおよそ60センチ×75センチ。
この画面の中に、マクロとミクロの視点で
これほど大胆かつ精緻に描かれていて正直、ビックリしました。
およそ1400人ぐらいの人物が3ミリで描かれているそうです。
人を私の身長と同じ170センチで換算すると、バベルの塔は510m程度の高さ。
東京タワー333mより高いということになります。

私は建築関係者なので、
工事現場のようにレンガや漆喰を重機で上部に引き上げているところや、
最上部に足場をかけて塔をつくる職人の姿のディテールに引き込まれます。
塔内には、大聖堂の聖なる空間や、人々が集まる市場のようなものもあり
当時のオランダの人々の生活が垣間見れる風俗画的なところがありますね。
それと、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた肖像画の背景のように風景の描写も見事。

アーチの意匠に同じものがないことから、ローマのコロッセオ似かなと思っていたら
史料には、ブリューゲルはローマを訪れている旨の記述もありました。

それと、建物のスケール感のイメージですが、
私が世界でいちばん行きたいと思っているチベットの秘境にある
「カイラス山」のシルエットに似ているではないかと妄想しました。
塔というよりも、山に見るのは私だけかw。

0422bbl.jpg

この展覧会を一望すると、ブリューゲルは
・バベルの塔のあり方を着想するための考え方を「奇想の画家」ボスに学んだこと。
・「農民画家」として、人々の生活を描くことに秀でていたこと。
・「風景画家」として、自然や街を描くことに秀でていたこと。
上記のようなことが、あぶりだしのように分かるようになっていて、
なかなかのGJな展覧会じゃないかと思いました。

それと、忘れていけないのは漫画家・大友克洋氏による
「バベルの塔」の縦断面のイメージ画が特別展示されていたことです。
(これは撮影可でした。)
大友氏の画からは、
①塔そのものが螺線形に積み上げられていること、
②内部には半屋内的な大きなのアトリウムがあること、
③②の屋根には開口部があり、ローマのパンテオンのような光が入ること、
④アーチ型に積み上げられた組積造の考え方、
などが分かりますね。

断面フェチの私にとって、
たいへんに興味深いものでした。

DSCF5360bb.jpg
スポンサーサイト