『星三百六十五夜』が大晦日に届く

2014.12.31.Wed.20:14
絶版になってしまった本は、意地になって読みたくなるもの。
星好きの私は野尻抱影著の『星三百六十五夜』という本がほしいと
ずっと前から思っていました。

野尻/抱影は天文学の著作が多く、
生涯を通して星空のロマンと魅力を語り続けたひと。
冥王星の命名者としても知られるいます。

この『星三百六十五夜』、
もちろん私は図書館で借りて読んだことがありますが、
できれば所有したい!
なぜなら365日毎夜にわたる星に関しての随筆が
星にちなむ漢詩やギリシア・ローマ古詩などと共に書かれているので
常に手元に置いて、いつでも読めるようにしておきたかったのです。
文庫本では四季ごと分冊されて再販されているのですが、
365日が一冊になっていないと嫌。
(私、わがまま…です。)

中古本を扱うあるサイトに、
もしこの本が入ったらならばお知らせメールが来る~
という設定したのはかなり前のことだったので、
私も忘れていたのですが、
さる日曜に「中古本が入荷しました!」というメールが届き、
あっ!と思ってすぐにポチ(発注)しました。

そして今日、大晦日の夕方に受領。
ちょっと遅めのクリスマス・プレゼント、あるいは
ちょっと早めのお年玉をもらった気分です。

実は私、星好きで
地元のプラネタリウムの年間パスを持っていて
時間がある時、星の話しを聴きにいっています。
大学の建築学科の卒業設計では
プラネタリウムがある複合施設をつくりました。

フランス革命のころの「幻視の建築家」エティエンヌ・ルイ・ブーレは
薄い皮膜に天体を透かしてみられるドームを持つ
「ニュートン記念堂」の構想をしたことでも有名です。

年が開けてからゆっくり読みたいと思います。
ちなみに4月1日は「白羊宮」というタイトルなので
来年の未年をなんとなく感じさせると思い
ページを開けてみたら
英国の詩人チョーサーの詩からとったものでした。

チョーサーのこの詩を読む時、抱影は
江戸時代の俳人・山本荷兮(かけい)の句、

春めくや
人さまざまの
伊勢参り

を思い出し、うららかな春日の気分になるそうです。
新春とちょっと似た感覚だと思いました。

IMG_0953.jpg
IMG_0955.jpg
スポンサーサイト