仙台市荒浜からみた太白山

2012.06.30.Sat.13:30
6月28日の夕方、仙台市荒浜を11ヶ月ぶりに再訪しました。
ここは311東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けたところ。
その時の印象を日記でも記しています。
↓↓↓↓↓↓
http://pub.ne.jp/ebinet/?entry_id=3818000

少しずつ復興に向けての動きはあるようですが、
風景だけみると11ヶ月前とはあまり変わっていないように見えます。
途絶えた道、廃墟のなった建物。
時間が止まっているように見えました。
生気を持っているのは、夏草だけ。

被災地へ行く度に、
無力感を感じてしまいます。







無惨な荒浜の景観から
180度視線を変えると
太白山の美しいシルエットと八木山の塔が見えました。
西の空はまさに夕映え~。
きれいです。

津波が
来たところ、
来なかったところで
まったくちがう風景で
二分されることになってしまいました。

西の空の方は天国、
東の海の方は地獄。

世の中の不条理さは
紙一重です。


スポンサーサイト