おにぎりの断面

2012.05.31.Thu.11:37
 

先日、水戸K百貨店の
デパ地下のおにぎり屋さんで
人気ナンバーワン「半熟煮玉子入りおにぎり」
を偶然、見つけてしまいました。

ご存知の通り、
私は職業がら「断面フェチ」です。
建築でも食べ物でも、
断面を切って
考えたり見たりするのが大好き。

玉子が入っているという
おにぎりの断面が見たくなり、
買って帰りました。

これまで、
テリーヌ、ロールケーキ、太巻きなど
断面を切って食べるもののことは
日記で書いてきましたが、
おにぎりの断面のことを書くとは~w

ワクワクしながら切ってみました。
ちょっと小ぶりの半熟玉子が
煮汁で炊いたご飯に巻かれています。
お味はまあまあかな。
予想通り、「日の丸」系の
シンプルな断面だった。

太巻きのようなカラフルさがないのは
切って見ることを想定して
つくっていないからでしょう。

基本的におにぎりは
手に取って、
かぶりついて食べるから
美味しいのでしょうね。

内緒でいけない食べ方をしてしまった~
というちょっとした罪悪感が残りました。
最初で最後のおにぎりの断面になるかな~w

ところで、
もうひとつの「断面ネタ」を披露します。

このおにぎりがのっている小皿は
昔、フィレンツェの「サヴァティーニ」というリストランテで
頂戴してきたものです。

なかなかステキだなぁと思って、
カメリエーレに1,000リラ札をチップで渡して
ウィンクをして「持っていってもいいか~?」
というサインを送ったら

「だ(ん)め(ん)!」

とは言われなかった~w
(失礼しました)

1,000リラって、
当時では100円ぐらいかな。
ごめんなさい。
スポンサーサイト