バルタン星人の思い出

2011.11.29.Tue.23:59


今日もウルトラマン日記です~w
茨城県立近代美術館で催されている
「ウルトラマンアート!」展の第一室には
ウルトラマンや怪獣の着ぐるみが展示してあります。
その中にバルタン星人がありました。

バルタン星人は、
ウルトラ・シリーズでは悪のヒーロー。
宇宙忍者あるいはセミ怪獣とも言われ、
「フォッフォッフォッフォッフォッ」という
不敵な声を発します。

私にはバルタン星人にまつわる
ある思い出があります。

私がサラリーマンだった頃、
忘年会の余興である芸を披露したことがあります。
それはバルタン星人の「フォッフォッフォッフォッフォッ」
という声から着想したダンス・パフォーマンスです。
この声のリズム感がマドンナの「ライク・ア・ヴァージン」の
イントロにとてもよく似ているので、
この音楽にあわせたダンスの振り付けを考案し
数人で踊ったことがあります。
分身の術などディテールにも配慮しました。
結果、非常にウケました。

私、ダンスの振り付けを考えるのがクセになり、
後年、サン=サーンスの「白鳥」という音楽にあわせて
紙芝居的に演じる
二次元フィギュア・スケートのパフォーマンスも考案し
忘年会の余興でやったことがあります。
これもバカウケ。

バルタン星人のおかげで
自分がダンスの振り付けの才能があると
勘違いをしたことがありました(笑)
スポンサーサイト