本田圭佑の言葉

2010.06.30.Wed.10:28
昨夜から未明まで
メガネJAPAN×パラグアイ、
スペイン×ポルトガルの
2試合をテレビ観戦しました。
まだ眠い~zzz.。

日本はPK戦の末パラグアイに敗れました。
PKを失敗した選手を責める気持ちはありません。
これがサッカーというもの。

私がショックだったのは、
その次の試合との
レベルの違いです。
イベリア半島ダービーは、
日本代表の試合とは雲泥のレベル差。
決勝トーナメントとしてふさわしい試合。
これが世界のサッカー標準だと思いました。


さて、パラグアイ戦の後の
本田圭佑選手がなかなか
いいコメントを残していました。



何を言っても敗者なので。
明日の記事にはファンの皆さんに
ありがとうと話していた
と書いておいてください。

後は目標を達成できなかった
というところはしっかり受け止めてますし、
大会前に多くのファンが
応援してくれたことだけでなく、
多くの人が批判してくれたことに
僕は感謝していますし、
目標を達成できませんでしたが、
批判する人がいなかったら、
ここまでこれたかどうかも
わからない出来だったので。
がっかりした人もいるかもしれませんが、
真剣に応援してくれた人に
心からありがとうと言いたいです。



私はどちらかという
岡田監督の采配には
ずっと疑問を持っていたので、
ブログでは批判的はことを言ってきたし、
「岡ちゃん、ごめんね~」と
書く気持ちも全くありません。

しかし本田選手の
「多くの人が批判してくれたことに感謝~」
という言葉にはちょっと感動しました(笑)
彼には今後の日本代表を背負っていく
強い気持ちも感じられます。

今回のW杯は、幸いに
急造システムが好を奏し、
グループリーグを通過できましたが、
あくまで結果論だと思っています。

オシムが病に倒れた後の日本代表は
「空虚な時間」を費やしてしまったと思っています。
戦略性を持った強化が全然感じられない。

いままでのやり方でいいと
サッカー協会が確信してしまうことを
私は恐れています。
そうなったら、
世界との差はどんどん開くばかり
だと思います。

日本戦の後の
スペイン×ポルトガルの試合をみて
つくづくそう思いました。

私のブログを読んでくれた方、
ここをクリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓
人気ホームページランキングへ


続きを読む "本田圭佑の言葉"
スポンサーサイト