水戸ホーリーホック・宮田社長の飲酒運転事故

2008.03.31.Mon.22:48
今朝の朝刊に、水戸ホーリーホックの宮田裕司社長が昨夏に飲酒運転で自損事故をしていた記事が載っていました。クラブによると、宮田社長は昨年8月10日にクラブ職員との懇親会に出席し、ビールを飲んだ後、乗用車で帰宅したそうです。その際に車を自宅の壁にこすったということで、刑事処分は受けていないそうです。宮田社長は3月28日の臨時取締役会で事実関係を報告。クラブ内の処分として減給50%(4月から3カ月間)を科されたそうです。

どうして昨年の8月の事件が、今ごろになって明らかになるのか疑問です。8月から3月まで、宮田氏がどのような気持ちで社長職をつとめていたのであろうか。私は、宮田氏がクラブのトップとしての自覚が足りないとしか言いようが無いです。指導的立場の人間がこのような不祥事を起こしておいて、減俸だけという処分が甘すぎる。クラブだけでなく、ファンやスポンサーに対しても背任行為だと考えます。宮田氏は若い頃、龍安寺大珠禅院で修行していたと聞いています。高い倫理観の方かと思っていましたが、ガッカリです。

私は宮田氏に辞任をしていただきたい。
スポンサーサイト