サッカー観戦で早起きだった6月

2015.07.07.Tue.00:34
6~7月にかけて、北米・南米で
サッカーの国際大会が行われていました。
チリでは南米選手権(コパアメリカ)。
カナダでは女子ワールドカップ。

どちらもテレビの生中継が
日本時間の早朝から午前中だったので、
私は1ヶ月間、早起きしてサッカーをテレビ観戦をしていました。

コパ・アメリカの優勝は開催国のチリ。
決勝戦のアルゼンチン戦は、圧倒的な戦力的不利の状況でも
なんとか90分+延長30分を守り切って、PK戦で見事勝利。
強いものが勝つのではなく、勝ったものが強いという
サッカーの性質を体現したものでした。

コパ・アメリカに出場したブラジル代表には大失望でした。
ネイマールが試合後の乱闘で出場停止になってからは、
「サッカー王国」の片鱗も見られない
精神的にひ弱なチームに変貌してしまいました。
自信がなさそうなDFチアゴ・シルバをみていて
あれがセレソンか?と思うぐらい情けなくなりましたよ。

コパアメリカで優勝したチリのような戦い方をすれば
今朝の女子W杯決勝の日米決戦でも、
戦力的に不利ななでしこJAPANも勝機があるかも…
と私は考えていましたが、
アメリカは4年前のリベンジをするために
なでしこ対策をしっかりとしてました。
マークを外す工夫、
高さではなくスピードと低さをつかった意表をついた攻撃。
なでしこがバタバタしている間に、試合を決めあれてしまった。
4年前のフィジカルに頼るサッカーから
見事に変貌したアメリカの勝利。

しかしながら、なでしこJAPANの戦いぶりは
賞賛するに値するものでした。
なでしこたちの爪のアカを煎じて
男子日本代表に飲ませたいと思ったくらいです。

女子のフランス代表の
美しいパス・サッカーには魅了されました。
4年前のなでしこJAPAN以上のパスワーク。
その中でも、「女ジダン」と呼ばれたルイーザ・ネシブはすばらしい選手でした。
準々決勝でフランスはドイツにPK戦で負けてしまって残念。
美しき敗者になってしまった。


日本の反対側で行われていた
サッカーの国際大会が終わってしまったので
明日から、朝はゆっくり起きられます(笑)
(ちなみに私は普段は7時半に起きます。)

それと
7/5の日曜はカシマスタジアムで
鹿島アントラーズの黄金期をつくった
3選手(中田浩二・柳沢敦・新井場徹)の合同引退試合でした。
アントラーズのOBと現役選手の混成チームと
Jリーグの現役・引退選手の混成チームの対戦。
なかなか楽しい試合でした。

特に、かつて優勝を争ったヴェルディ川崎、ジュビロ磐田などにいた選手たち、
カズ、ゴン、名波、福西、小野伸二らははっきり言って宿敵でしたが、
今はリスペクトの気持ちで彼らのプレイをみることができます。
勝敗を超えた先には、サッカー・ファミリーという絆があります。

今朝の澤穂希選手とアビー・ワンバック選手の
試合後の抱擁もそのように見えました。

0705IMG_0045a.jpg


スポンサーサイト

なでしこ2-1イングランド、薄氷の勝利

2015.07.02.Thu.11:20
サッカー女子W杯カナダ大会準決勝、
なでしこJAPAN2−1イングランド。
薄氷の勝利でした。

日本とイングランド、それぞれに与えられたPKは
スローでみるとかなり微妙なもの。
内容的には互角だったと思いますが、
後半ロスタイムに運動量が落ちなかったなでしこが
なんとか走り勝って
幸運なゴールが与えられたのだと思います。

川澄選手の右サイドからのクロス気味のタテパスを
イングランドのディフェンダーがクリアしたボールが
ゴールに吸い込まれた瞬間、
「入った!」と私は確信していましたが、
審判のゴールインの判定が一瞬、おくれたので
それを待つ数秒が長かったこと…w。

決勝の相手、アメリカは強いです。
フィジカル、スピードは負けています。
どうやったら勝てるか、考えています。
今、思いつくのはこんな感じです。

・辛抱強く守り切る。
・パスサッカーで相手を走らせ消耗させる。
・得点を期待できないFWには前線から積極的に守備をさせる。
・選手交代、延長戦を視野にいれるなどの采配の妙

7/6月曜の朝の決勝戦、
楽しみです。

IMG_0005ndsk.jpg

勝負弱くなったセレソン

2015.06.29.Mon.14:48
6/28日曜は5時起きでサッカー女子W杯準々決勝、
なでしこJAPANとオーストラリア代表の試合を観戦。
試合後、仙台へ出張だったため、
同時刻でスカパーで放送されていた
南米選手権(コパアメリカ)の準々決勝、
ブラジル代表とパラグアイ代表の試合は
ライブで観戦することができませんでした。

今日、この試合のビデオをみて、
ブラジル代表ことセレソンが弱くなったことに失望しました。
ブラジルが勝てば、アルゼンチンとの対戦が実現したのに…。
全世界のサッカーファンが待望んだ対戦でした。

サッカー王国ブラジルは、昨年の自国開催のW杯決勝で
ドイツ代表に歴史的な大敗をして以来、
そのショックを引きずっているように見えます。
勝負弱いというだけでなく、メンタルが脆弱。

本大会でもコロンビア戦で
ネイマールが試合後に乱闘騒動を起こして4試合の出場停止。
冷静さを失ったネイマールは、
弱くなったブラジルの象徴かも…。

この試合のパラグアイ代表は、
勇気をもってDFラインを高めにして健闘。
先制されましたが、辛抱強くよく守っていました。
ブラジルのDFチアゴ・シウバがエリア内でハンドをし、
PKで同点に追いつきました。
同点のままPK戦に突入し、パラグアイが勝利。

試合展開からみれば、
2点目が穫れなかったのがブラジルの敗因。
私が知っているブラジルは
こんな負け方はしなかった。
情けない。

豊かになったブラジル代表からは
勝利への貪欲さやメンタルの強さが
感じられませんでした。


PS
元Jリーガだった選手が指導者として
テレビに映る姿もみると
なつかしい気持ちになりますね。

ブラジル代表の監督がドゥンガ(元ジュビロ磐田)、
同アシスタントコーチがジルマール(元セレッソ大阪)。
パラグアイ代表の監督がラモン・ディアス(元横浜マリノス)
でした。

サッカー女子W杯準々決勝

2015.06.26.Fri.19:27
明日からサッカー女子W杯カナダ大会の
決勝トーナメント・準々決勝がはじまります。

私は6/9の日記で
準々決勝の組み合わせと勝敗を
以下のように予想していました。
○:勝ち
●:負け

■準々決勝(6/9予想)
スイス●-○アメリカ(順当)
ドイツ○-●フランス(順当)
ブラジル●-○日本(激戦、延長かPK戦で日本勝利)
イングランド○-●カナダ(宗主国の意地)

ベスト8に進出する国は6つ当たり。
また組み合わせは2試合当たり。
スイス、ブラジルが敗退し、
中国とオーストラリアが勝ち進んでいます。

とりあえず、今の時点で
今後の予想をし直したいと思います。
なでしこJAPANを応援しているのは言うまでもありません。
組み合わせの幸運もあり決勝まで勝ち進むと思いますが、
決勝ではむずかしい戦いになると思います。

■準々決勝(6/26予想)
中国●-○アメリカ(順当)
ドイツ○-●フランス(接戦、しかしドイツが順当勝利)
オーストラリア●-○日本(順当)
イングランド●-○カナダ(開催国の勢い)

■準決勝(6/26予想)
アメリカ●-○ドイツ(激戦必至、ドイツの方が勝負強そう)
日本○-●カナダ(順当)

■決勝(6/26予想)
ドイツ○-●日本(ドイツ大会のリベンジ)


サッカー女子W杯カナダ大会│私の予想

2015.06.09.Tue.22:18
もう女子W杯がはじまってしまっているので、
大会3日目に優勝予想をするのは
なんとも後出しジャンケンぽいのですが、
とりあえず以下に記します。

■グループリーグ

(A 組)
1位:カナダ(開催国の意地)
2位:中 国 
3位:オランダ
4位:ニュージーランド

(B 組)
1位:ドイツ(かなり強い)
2位:ノルウェー
3位:コートジボワール
4位:タイ

(C 組)
1位:日 本(腐っても鯛)
2位:スイス
3位:カメルーン
4位:エクアドル

(D 組)
1位:アメリカ(すごく強い)
2位:スウェーデン
3位:オーストラリア
4位:ナイジェリア

(E 組)
1位:ブラジル(普通に強い)
2位:スペイン
3位:コスタリカ
4位:韓 国

(F 組)
1位:フランス(普通に強い)
2位:イングランド
3位:メキシコ
4位:コロンビア

各組の成績で決勝トーナメントへ進出する四カ国
オランダ、カメルーン、オーストラリア、メキシコと予想。
決勝トーナメントの対戦相手はレギュレーションに依りました。

■決勝トーナメント1回戦
中国●-○スイス(守備が強いスイスが勝ちそう)
アメリカ○-●メキシコ(順当)
ドイツ○-●オーストラリア(順当)
フランス○-●スペイン(順当)
ブラジル○-●スウェーデン(順当)
日本○-●オランダ(順当)
ノルウェー●-○イングランド(順当)
カナダ○-●カメルーン(開催国のアドバンテージ)

■準々決勝
スイス●-○アメリカ(順当)
ドイツ○-●フランス(順当)
ブラジル●-○日本(激戦、延長かPK戦で日本勝利)
イングランド○-●カナダ(宗主国の意地)

■準決勝
アメリカ○-●ドイツ(事実上の決勝戦、激戦)
日本○-●イングランド(決定力に欠ける両国、宮間のFKで勝利)

■3位決定戦
ドイツ○-●イングランド(順当)

■決勝戦
アメリカ○-●日本(順当)

なでしこJAPANは幸運な組み合わせの妙で
決勝までなんとか勝ち上がれそうですが、
決勝ではアメリカに完敗すると予想してみました。
準決勝のアメリカ✕ドイツは名勝負になりそうです。