なか2日でアウェイ3連戦だけど、「全部勝つ」

2017.07.08.Sat.10:17
7/2日曜@日立台 柏2-3鹿島
7/3月曜
7/4火曜(大阪へ移動)
7/5水曜@吹田ス G大阪0-1鹿島 首位浮上!!!
7/6木曜(鹿嶋へ移動)
7/7金曜(東京へ移動)
7/8土曜@味スタ FC東京-鹿島

どうして鹿島だけこのような強行日程を組まれてしまったのか?
ACL参加4クラブで中2日で3試合もあるのは鹿島だけ。
しかも全部アウェイ・ゲーム。移動もたいへんです。

Jリーグ機構側の、
鹿島を勝たせたくない力がはたらいた…
と勘ぐりたくなります。

しかしこのような逆境で、
底力を発揮するのが鹿島の伝統です。
昨年の12月はJリーグチャンピオンシップ、CWC、天皇杯、
1ヶ月で10試合も戦ったのだから。

明日は、大久保や森重がいないFC東京戦。
負けるわけにはいきませんよね。
勝って首位がためをしたいところです。


20170707kashima.jpg
スポンサーサイト

サッカーとメロン

2017.06.18.Sun.23:49
昨夜(6/17)はカシマスタジアムでサッカー観戦でした。
私が熱心に応援している鹿島アントラーズは3-0でコンサドーレ札幌に勝利。

5月から鹿島は怪我人続出ならびに采配の迷走で停滞していました。
ACLはアウェイゴールの差でラウンド16で敗退。
翌日、昨季2冠やCWC準優勝の立役者だった石井監督を解任。
大岩ヘッドコーチが新監督に就任。
なかなかの荒療治でしたが、なんとか立て直しつつあります。
昨日の勝利でリーグ戦は4位浮上。
首位の柏に勝ち点4差。
しかも鹿島は消化試合が1つ少ないので実質1差と考えれば、
不調不調と言われていても、リーグ戦は十分に優勝が狙えます。

昨日の札幌戦は大岩新監督にとって
ホーム・カシマスタジアム初采配の試合となりました。
前半で3ゴール。ひさびさにホームでスッキリと勝利した試合が見られました。
ちょっと思ったこと。
・いつも左サイドの攻撃的MFで起用されていた中村充が右サイドとなり、
 右サイドバックの西との連携が得点機会をつくっていました。
・後半、追加点が取れなかったのが不満。
 今週は天皇杯もあるので、無理をしなかったのか?
・ペドロ・ジュニオールへのパスは足元よりも、
 前のスペースへパスを出した方が良さそう。足元の技術が微妙。
・コンサドーレ札幌は6人で守る堅守ときいていましたが、
守備の選手同士の距離感に問題があり、
 かつボール・ウォッチャー気味になっていた。

ACL制覇は来季以降に持ち越しになりましたが、
まだ三冠の可能性はあるので、
可能性があるタイトルは全部、獲りたいです。

DSCF5962ka.jpg

戦利品というわけではありませんが、
カシマスタジアムへ向かう途中に通る鉾田市のJAでメロンをゲット。
イバラキングは茨城県が開発したオリジナル品種のメロンです。
茨城県はメロン生産量が日本一です。
このメロンは糖度が高く、さわやかな甘さが特徴。
断面を鑑賞してから、いただきました。
普通のアールス系メロンよりも色が濃いですね。
直径が15センチ程度。
皮にちょっと傷があると値段が半額以下になります。
味は同じなので、自家用はこれで十分です。
ちなみに断面は贈答用と自家用、ほとんど同じはずw。

DSCF5974mln.jpg

鹿嶋市のマンホールは「鹿」式

2017.05.18.Thu.10:29
DSCF5570sika.jpg

昨日の茨城県ニュースで、
鹿嶋市のマンホールのデザインに
鹿島アントラーズのエンブレムが採用されたそうです。
悪くないと思います。

J川崎戦、ACLラウンド16広州戦を前にして、
鹿島の主力選手に負傷者が続出してしまい心配です。
なんとかこの難局を乗り切れるように応援したいです。

鹿島、敵地で浦和を撃破で首位浮上

2017.05.05.Fri.10:25
混雑や渋滞が大嫌いな私の大型連休は出不精状態。
唯一の遠出は、埼玉スタジアムへのサッカー観戦です。
私が熱心に応援している鹿島アントラーズにとって、
もっとも負けたくない浦和レッズとの対戦だからです。
アウェイ参戦は今季初となりました。
およそ57,000人の大入り。
昨日のJリーグの試合はこれだけだったので、
全国のサッカー好きが注目する
大一番となっていたと思います。

DSCF5482ur.jpg
DSCF5484ur.jpg

結果は浦和レッズ0-1鹿島アントラーズ。
1点差ですが、内容的には圧勝でした。
鹿島の伝統である「攻撃的守備」が利いていました。

最終ラインの昌子、植田はまあまあ盤石。
ボランチの小笠原、レオ・シルバは浦和の攻撃の起点になるバイタルにスペースを与えない、
浦和のサイド攻撃は、左は西と土居、右は伊東と遠藤が防いでいました。
鹿島は基本的には8人で守備をしていた感じと言ってよいでしょう。
横の2ラインと縦の2ラインの守備が利いた!
数的不利の状況では、FWの金崎やペドロが前線から守備に参加。
強いプレスからボールを奪うと、鋭いカウンター攻撃。
今季、最高の出来でした。
とりあえず暫定首位で気分がイイ。

鹿島にとっての対浦和戦は、
2016年チャンピオン・シップ第二戦、2017年ゼロックス杯、
そして昨日の試合で3連勝となりました。

浦和で良かったのはコレオグラフィーかなw。
でも“True Red”という言葉は、
試合中の浦和・森脇選手のレオ・シルバ選手への差別発言によって
“True Red Card”になってしまいましたね。

DSCF5492ur.jpg

浦和レッズの主催試合は、ビジター席が少ないのが不満です。
ビジターのチケットが買えなかった私は、
メインサイドのアッパーシート指定を買いましたが、
この辺りには多くの鹿サポが陣取っていて心強かったです。
下の動画は、私が投稿した鹿島の勝利の序曲「錨を上げて」です。


鹿島の本

2017.04.03.Mon.17:26
最近、本はネットで買うことが多いのですが、
今日、たまたま入った書店でこんな本を発見しました。
ビックリ!というか、知らなかった。
これは、「買い!」でしょ。

DSCF4948ant.jpg