田んぼの中の白河ラーメン

2017.09.21.Thu.10:59
DSCF6497si.jpg


先日、所用で郡山へ行った時、
ちょっと足を伸ばして、
かねてから「食べてみたい!」と思っていた白河ラーメン店に行ってきました。
福島県のご当地ラーメンは、
喜多方ラーメンしか知りませんでしたが、
「ケンミンショー」で白河ラーメンを知りました。

そのお店とは白河市内の白河ラーメン店の中でも、
最も人気と評価が高いところです。
車のナビを頼りに運転していましたが、
こんなところにお店があるの?と思っていた矢先、
田んぼの前にお店を発見しました。

長時間、並ぶことを覚悟していましたが、
時間帯がよかったためか待ち時間なしで入店。
しかし私より遅れること15分後に来店した方は、
売り切れ御免で、がっかりした表情で帰っていきました。
たいへんに運が良い私、感謝…。

そして、白河ラーメンとご対面。
感想を正直に記します。

普通に美味しいとは思いますが、
特別に美味しいとは思えませんでした。

スープは鶏と豚から丁寧にとったものだと思われ、
上品で澄んだ醤油味でした。
しかし、豊かさというか重厚感というか…何か足りない印象。
オーケストラで言うなら、ヴァイオリンは上手いのに
低弦がもの足りない感じでしょうか。

麺は美味しかった。
細めの平打ちの手もみ縮れ麺。
触感と歯ごたえがなんとも言えません。
それと、ワンタンとの対比もおもしろかったです。

このお店だけで、白河ラーメンを評価できないので、
機会があれば別のお店へ行ってみたいと思います。

DSCF6491si.jpg

続きを読む "田んぼの中の白河ラーメン"
スポンサーサイト

最近の断面2017.08

2017.09.04.Mon.19:44
土日は泊まりで出張でした。
最近、福島県へ行く機会が増えています。
おひる時、時間があったので、
2年前にいわきへ行った時に衝撃を受けた
喫茶店「J」のサンドウィッチの断面を食べに行きました。
昨日は、カツとサラダをセレクト。
あいかわらず厚めの具を大胆にはさんであり、
見た目、食べごたえに断面フェチの私も満足。

2017090314570000sd.jpg

これは前回、食べたカツと卵。
7886422_2172530891_226large.jpg

ちなみにこれは前日、食べた
いわき駅前の喫茶店「B」のミックス・ローストサンドウィッチ。
2017081514410001ag.jpg

いわき市は「サンドウィッチの街」なの?と、
私は勘違いしそうですw.

宇宙人も蒲田餃子が好きだった…w

2017.08.04.Fri.09:31
8/31月曜は私用で上京していました。夜、PMFオーケストラの川崎公演を聴くのが目的でした。川崎へ向かう途中、どうしても寄りたいところがありました。それは私が「餃子の聖地」と考える蒲田です。餃子の街というと、宇都宮や浜松が有名ですが、私の評価は蒲田の方が上なのです。
午後5時なので、待たないでお気に入りのお店に入れました。ここに来るのは2年ぶりです。オッ!と思ったのは、来店した有名人の記念写真が増えていましたが、その中に宇宙人もいたことです(大笑)。その写真を接写してきました。そこにいたのはゼットン、ゴース星人、メフィラス星人。(私はかつて怪獣博士でしたので、このぐらいならすぐに分かりますよ。)宇宙人に会いたかったな。

DSCF6358gg.jpg



とりあえず中華風サラダと餃子2人前を注文。餃子が焼ける間、エビちゃんや鶏チャーシューがのったサラダを食べながら時間つぶし。

DSCF6363gg.jpg


ちょうどよいタイミングで餃子が焼きあがってきました。蒲田が発祥と言われる羽根付き餃子。皮は少し厚め。噛むと肉汁が口内に飛び散るのが特徴です。ああ、美味しい。土日、東北へ出張していてお疲れ気味だったので、ビールを我慢しました。音楽会の演奏中、眠くなったらヤバイので…。そのかわり、餃子を一皿追加しました。A級グルメも好きですが、私の場合は安くて美味しいB級グルメを探索する方が楽しいです。

DSCF6366gg.jpg

DSCF6370gg.jpg

最近の私の餃子の食べ方は、夜食テロ番組『孤独のグルメ』で知った井之頭ゴロー流です。それは酢にラー油と胡椒を入れたタレを使うことです。しょう油は使いません。そのため、餃子がさっぱりと食べられますよ。お試しください。小皿に羽根が付いた餃子のイラストがオチャメです。

DSCF6373gg.jpg

TOKYO麺’s DAY 【井之頭ゴローごっこ】

2017.06.05.Mon.11:21
さる金曜日(6/2)は上京していました。
目的はある建築系のソフトウェアの会社の勉強会。
業務上、建築の確認申請を出す時に、
省エネ適合判定を受けるという新法が4月に施工されました。
そういった業務をするための支援ソフトウェアを見たかったのです。
しかもその勉強会の会場は池袋と目白の中間にある自由学園明日館。
この学校を設計したのはフランク・ロイド・ライトです。
ライトの空間でお勉強ができるというのも
建築系の仕事をしている私たちにとって魅力的でした。
学校なので、比較的簡素でスッキリしたデザインですが、
ライトの建築の特徴である水平性の強調や幾何学的な装飾は出ていました。
私の印象では、大きくもなく小さくもないヒューマンなスケール感がいいですね。

DSCF5699pp.jpg

その日の食事は、
昼も夜も麺づくしとなりました。

池袋から自由学園へ歩いていく途中、
『孤独のグルメ』の初期に紹介された
“汁なし担々麺”の店の側を通ることは分かっていました。
12時半ごろだったので並ぶことを覚悟していたら、
案の定、店内はいっぱいでしたが、
幸運にもカウンター席へすぐ通してもらえました。
ほとんどのお客さんは汁なし担々麺を食べています。
私は2回目。辛さ加減は、「やや辛め」で注文しました。
そういえば番組では、井之頭ゴロー氏は薄笑いを浮かべながら
「辛い…、美味い」と食べていましたね。

中央に盛られた白い太麺の左右には挽肉とナッツ。
その下にはラー油と花椒が隠れています。
ビビンパのように混ぜ混ぜしていただきます。
見た目はナポリタンのようです。
辛いけれど、美味い。汗が吹き出してきました。
でも難を言うと、味が単調なので飽きてくる…w。
まあまあでした。

DSCF5674pp.jpg
DSCF5682pp.jpg


自由学園での勉強会の後、
思いがけない立食パーティがありました。
しかも、なかなか美味しそうな料理が並んでいました。
我慢できない私、他の参加者と歓談しながら
オードブルや寿司などを頬張ってしまった。
この後、食べる長崎ちゃんぽんがお腹に入るどうかちょっと心配(苦笑)

その後、目白駅まで7~8分歩いて、山手線で渋谷まで移動。
数週間前、『孤独のグルメ』で紹介された長崎ちゃんぽんのお店へ。
場所は歓楽街でもある渋谷・道玄坂の中の路地にひっそりとあります。
道玄坂へは何度も来ていましたが、このお店は気づかなかった。
でも、場所は確認していたので、迷わずに到着。
ちょっと怪しい感じがイイ。
店頭で上を見ると、
夕暮れの都市の隙間に埋没した感がありました。

DSCF5742ts.jpg



19時すぎで店内はTV効果?で大盛況でしたが、
待つことなく一番奥の円卓に通されました。
知らない客9人が円卓に座って食べるというのも不思議な感じです。
このテーブル、TVでゴロー氏が座っていたところかもしれませんねw。
まわりの方は美味しそうに長崎ちゃんぽんや皿うどんをすすっています。
その時、「長崎ちゃんぽんを食べる」という意思が揺らぎはじめました。
ちゃんぽんなら私の地元でも食べるチャンスがあるけれど、
軟らか麺の皿うどんは食べるチャンスがあまりない。
「特上皿うどん、軟らか麺の方でお願いします」
本当は餃子か春巻きを食べたかったのですが、
パーティで腹半分ぐらい埋まっていたので我慢しましたw。

円卓の真ん中にある回転するスペースには、
TVでも出てきた「金蝶ソース」と書かれた長崎のウスターソースがありました。
ゴロー氏はこれと酢をかけて、味をアレンジしていましたね。
これは真似するしかない!

DSCF5736pp.jpg
DSCF5740pp.jpg

出てきた皿うどんには、
豚肉・海老・あさり・牡蠣・イカ・蒲鉾・きくらげ・
キャベツ・もやし・ヤングコーン・うずらの卵など具だくさん。
餡と太めの軟らか麺がよく絡んでなかなか美味しい。
餡はあっさりしていて、全体をよくまとめています。
具だくさんなので、味が単調になることもない。

私、ゴロー氏の真似してまず長崎ソースを少しかけてみた。
甘みが強いソースなので、味がガラッと変わりました。
今度は酢だけかけてみると、味がマイルドになった感じ。
両方かけてみると、相乗効果とは言えませんが、
それなりに良さを出している感じ。
私の好みは、酢だけを少々でした。

ここに再訪する機会があったら、
空腹で行きたいと思います。
餃子とピータンが美味しそうだった…。

この日は、昼と夜、ゴローを追いかけた
麺’s DAYになりましたね。
本当はもう一軒、狙っていたところがありましたが
お腹がいっぱいで断念w。

ランチはゆっくりと食べたい…

2017.04.25.Tue.22:47
出張などで上京した時は、
できるだけランチはゆっくり取るようにしています。
先週の上京の時は、
私が贔屓にしている上野のカジュアル・フレンチ・レストランで
1時間半ぐらいかけてゆっくりと食事をしました。

スープは、白アルパラガスと生ハムの冷製スープ。
ちょっと暑い日だったので、冷たいスープとは気が利いています。
白アスパラガスも私の好物。うれしい。
aDSCF5333.jpg

サラダは、アボカド、ツナ、鎌倉野菜のサラダ。
ファンネルなどのハーブが清涼感を出していて、イイ仕事をしてます。

aDSCF5336.jpg

本日の鮮魚は「黒ムツのローストとホタルイカ」。
それをグリンピースのソースと、お出汁のエスプーマでいただきます。
黒ムツがあまりにもふっくらしていたので、最初は蒸したのかなぁ?と思ったくらい。
ヒノキのまな板皿も温めてあって、気配りが感じられる。

aDSCF5338.jpg

メインは牛タンのプレゼをデミグラスソースでいただきました。
タンは12時間ぐらい煮たそうです。
たいへんに美味しかったです。
焼肉屋で食べるタン焼きとはまさに別物ですw。

aDSCF5345.jpg

ここでかなりお腹いっぱい…
と思っていたところにデセールがきました。
残念ながら私には女子のような別腹がない。
しかし木苺の酸味の利いたソースをちょっと舐めてみたら
食欲がまた回復してきました。
このデセールは、トップのチョコレートアイス、苺を順に食べて
最後に甘いガレットを酸っぱい木苺のソースをつけて食べるようです。

aDSCF5350.jpg
aDSCF5353.jpg



帰り際、
「今日は、初夏のさわやかなイメージが伝わってくる料理でしたね」と私が言うと、
「そう感じていただいて、うれしいです」とシェフの弁でした。