最近の断面フェチの活動報告

2017.04.15.Sat.19:32
暖かくなってきたのので、
断面フェチの活動も増えましたw。
断面が美しいと、より美味しく感じます。

日本橋のデパ地下で食べた鯖の棒寿司の断面
ほんとうに美味しかった。
DSCF4777dd.jpg

ひたちなか市で開店したばかりのフランス菓子店のケーキの断面。地層のようです。
DSCF5174c.jpg

コーヒーショップで食べたミラノ・サンドの断面。
カーマンベールとプロシュートのイタリアン・トリコロール。
DSCF5154aa.jpg

コンビニで買ったロールケーキの断面。
巻きが多い断面です。
DSCF5085rk.jpg

四谷のフレンチ・レストランの前菜に出てきたパテ・ド・カンパーニュの断面。
DSCF4952dan.jpg

夜食テロ番組「孤独のグルメ」の井之頭ゴロー氏も食べた
小竹向原のカフェのローストポークのサンドウィッチの断面。
DSCF4766dd.jpg

スポンサーサイト

羊羹の断面

2017.03.09.Thu.18:41
いただきものの羊羹の賞味期限が迫っていることに気づきました。
はやく食べないと(汗)
パッケージには干支羊羹「初鶏」と記されています。
断面を切ってみてビックリ。「とさか」が出てきました。
断面フェチの私、とても喜ぶw。
羊羹の断面は地味なものが多い中で、
これはホームラン並みのインパクトです。
ちなみに鶏は鳴き声で太陽を招き、
邪気を払う神聖な生き物として
神聖な生き物と考えられてきたそうです。

ちなみに私は辰年。
これと色違いで紅を緑にして売り出せばよいと思う。
ゴジラの背中にそっくりです。

7886422_2246581624_163large.jpg
7886422_2246581628_74large.jpg

チョコより断面

2017.02.14.Tue.22:55
2017020713570002dan.jpg

恵方巻きの断面

2017.02.04.Sat.22:33
節分の日に恵方巻きを食べることが
コンビニなどの戦略で定着しつつあるようです。
私が子供のころは無かったなぁ。

断面がキレイな食べ物が好きな断menの私にとって、
各種いろいろな断面の海苔巻きを鑑賞することは楽しみでもあります。
だから私にとって「節分=断面フェチの日」となるのです。

この恵方巻きは、近所のスーパーで買った
海のもの、山のもの、計15品目入っているとういうもの。
具の入れ方がちょっとおもしろいと思いました。

DSCF4386dan.jpg

こっちはいただきものの恵方巻き。
ノーマルな断面です。
輪切りにした方が食べやすいですね。

DSCF4397op.jpg

鬼の断面

2017.02.02.Thu.14:05
近所のスーパー内のベーカリーで
「鬼パン」なるものを発見しました。
そういえば明日は節分でしたね。

断面フェチの私、
この鬼パンの断面がみたくなり、
つい買ってしまいました。

DSCF4371o.jpg

帰宅して、パンナイフで慎重に切ってみたら
中にはクリームが入っていました。
あまりサプライズがなくガッカリ。
普通に美味しくいただきました。
これもひとつの鬼退治だね。

子供のころ、
「鬼のパンツはいいパンツ」と歌いましたが、
今だったら
「鬼の脳みそ、甘かった」と言ってよいでしょうか。

数日前、『クローズアップ現代+』は
“鬼禁止で褒めづかれ、優しさ過剰の人材育成”をみました。

最近、世の中には鬼のようにコワイ人が減っているらしい。
ゆとり世代は怒られることに慣れてないらしく、
キツイことを言われると仕事を辞めてしまうので、
経営者もいろいろ苦慮しているようです。

私の世代は、野球マンガ『巨人の星』の星飛雄馬の父親のように
目上の人や部活の先輩はコワイものだと思って大きくなったので
鬼がいない世の中にはちょっと違和感があります。

鬼パンのように、
外見は少しコワイけど、
中身は少し甘さひかえめぐらいでいこうw

DSCF4378o.jpg