夢みるホルモン・コロッケ

2017.09.13.Wed.19:55
先日、出張先のいわき市で、「おひとりサマ焼肉」をしてました。
一般的には、カルビやロースやヒレなどが好まれていると思いますが、
私は内臓系のお肉が好きです。
特にホルモンが大好き。
内臓肉ほど個性のひとつは、豚レバーの唐揚げです。
鹿島アントラーズの応援でカシマスタジアムへ行く時は
名物のモツ煮をいつも食べています。
おフランスでも、内臓肉が好まれていると訊いていますが、
内臓肉を積極的に食べさせてくれるフレンチ・レストランは
東京でもそれほど多くないと思います。
私、アンドゥイエットやパテ・ド・カンパニューやトリップが一皿されば
ワイン1本、飲めますよ。

2017090213130001hor.jpg

ホルモンを焼きながら、
このお肉でコロッケかメンチカツを作ったら
美味しいだろうなぁと思っていました。
いつか、自分で作ってみたいと思いながら検索してみたら
すでに作っている人がいた。
すばらしい…と思いながらも先を越された敗北感www。
これは、兵庫県で売られているホルモン・コロッケの断面です。

7886422_2265122142_128large.jpg
スポンサーサイト

料理実験「クレオパトラと利休のグリーンパスタ」

2017.07.27.Thu.23:49
今日のランチはおひとりサマなので、
かねてから構想していた創作パスタをつくってみました。
名付けて「クレオパトラと利休のグリーンパスタ」という
名前だけは革新的なもの(笑)

先週、朝の情報番組の「抹茶」特集で、
水に溶いた抹茶のペーストを和えて
シーフード系のパスタにつくっていたシーンをみて、
私、閃きました。

抹茶で染めたパスタの上に
ラグーソースに見立てたモロヘイアのペーストをのせたら
緑×緑でおもしろいのではないか…と。
抹茶は茶道の祖・千利休、
モロヘイアはそれを好んで食べたクレオパトラに
お名前を借りました。

パスタはウィンナーを入れたペペロンチーノ風とし、抹茶ペーストを入れて混ぜます。
一方で茹でたモロヘイアをフープロでガッーとペースト状にし、
取り出したら納豆のようにネバネバに混ぜ、麺つゆで味付けをします。
超簡単です。
見た目は「緑×緑」になって、まずまず満足です。
自家製のバジルもトッピングしました。
バジル・ペーストで和えた「ジェノバ風パスタ」にも見えるでしょうか。

しかし、お味の方がまだまだ人サマに食べさせる段階ではありません。
抹茶の苦味がやや強すぎました。
少し生クリームを入れ抹茶ミルク系にしたら食べやすくなりそう。
そう考えると「抹茶のカルボナーラ」も作れそうです。
アイデアはいろいろ出てきます。
料理の実験は楽しい。

DSCF6337pst.jpg

パクチーぶっかけ炒飯

2017.07.12.Wed.11:02
おつかれ気味の先週末、
家に引きこもってウダウダしているに限りますw。
外は猛暑なので、一歩も外に出たくない。
食事は冷蔵庫にあるものでなんとかすればよい。

日曜日の昼下がり、
キッチンにあった冷えたご飯とイワシと卵で何かを作ろうと考えました。
庭には食べごろのパクチーもある。

イワシを使ってナンプラー(魚醤)を効かせたエスニック風の炒飯に
パクチーをてんこ盛りにしたらどうか…と着想しました。

イワシは軽く塩を振って、焼いて、身をほぐしておきます。
冷えたご飯をチンして温め、卵とともに炒めてパラパラにします。
それに具を加え、ナンプラーや塩、こしょうで調味します。簡単!
最後に山盛りのパクチーをぶっかるだけ。
左にチャーハン、右にパクチー。
カレーのように食べる。

香りが鮮烈。
ベトナムやカンボジアを思い出す風味と匂い。
チャーハンに清涼感w。
思いつきだけでつくりましたが、
イメージ通りにできて満足しました。

7886422_2259128189_3large.jpg

パクチー入り冷やしサラダ蕎麦

2017.07.03.Mon.11:01
昨日(7/2)は蒸し暑かったですね。さすがの私も、食欲が減退するのは自然です。買い物へ行くのも面倒なので、家にあるものでチャチャッと食事をつくりたい。しかも、こういう暑い日は冷たい蕎麦をすすりたくなります。

乾麺と半端な大根が運良くありました。大根を鬼おろしを使って砕けば、おろし蕎麦がつくれます。やった!

前日(7/1)の土曜日、所用で新潟まで往復600キロを走ってきましたが、新潟ふるさと物産館で買ってきたフルーツトマトを入れたらサラダ蕎麦っぽくすることもできそう!と考えました。

その時、みどりの食材があれば、もっとキレイに盛り付けをすることができる!わが家の庭にはパクチーがあるではないか!それがこれです。パクチー入り冷やしサラダ蕎麦をトリコロール蕎麦と呼ぶことにしましたw。イタリアの国旗みたいです。食材には国境はないですよね。パクチーの香りは食欲を増進させてくれるような気がします。

DSCF6139p.jpg
DSCF6144p.jpg

自家製パクチーのデビュー

2017.06.26.Mon.09:52
DSCF5893pkc.jpg


3週間ほど前にパクチーの種を蒔きましたが
どんどんと大きくなっています。
ある程度の量を収穫して今晩、食べてみました。

作ったのはエスニックスープです。
具はフライパンでサッと表面に焦げ目をつけた肉団子、
たまねぎ、人参、パプリカ、エノキ、大根、小松菜、春雨、卵、
調味料は味覇とナンプラーと黒胡椒。
最後のトッピングがパクチーです。

レモンかライムを絞りたかったのですが、
買い忘れたので、冷蔵庫にあったカボス果汁を振りかけました。

今日のようにちょっと蒸せる夜、
カンボジアやベトナムへ行ったことを思い出しながら、
独特の青くさい香りとともに
具だくさんのスープを食するのは悪くない。

レシピは適当ですが、味覇とナンプラーの量を調整して
ベトナムで食べてきた鶏のフォーに似た感じにしようと考えました。
見た目はイマイチになってしまいましたが、味はまあまあだと思います。
この夏の猛暑をパクチーで乗り切れるかなw。

7886422_2257611475_111large.jpg