阿川佐和子著『強父論』

2017.06.21.Wed.15:32
6/18日曜は「父の日」でした。
私の父は31年前に亡くなっているので、「父の日」のイベントはありません。
その日、たまたま近所の市立図書館に立ち寄った時、
阿川佐和子著『強父論』という本と目が合いました。
「父の日」に『強父論』とは…。
なんとも言えないめぐり合わせと思い、借りてきました。

著者の父親は作家の阿川弘之。
私が学生の頃、彼の著作『山本五十六』『米内光政』『井上成美』といった
海軍提督三部作を読んだことがありました。
私、阿川弘之氏が海軍に従軍していたことは知っていたので、
リベラルでスマートな印象の人かな…と勝手に想像していましたが、
『強父論』を読んで、大きな勘違いをしていたことに驚きました。

まず『強父』というのは、「恐怖」という意味も入っているのでしょう。
娘佐和子は、父弘之をリベラルでスマートどころか、
それとはまったく真逆の封建的で横暴で理不尽な父親として
おもしろおかしく描いていました。
星一徹を思い出します。
平成では絶対に通用しないであろう父親像ですね。
ひと昔の女性の辛抱強さには頭が下がります。

弘之氏は生前、
「もの書きの家族が『父は偉大でした』とか『夫は素晴らしかった』とか、
ああいうたぐいがいちばんみっともない」と語っていたそうですが、
娘はその父の本意通り、父親を讃える本としていませんが、
悪口を言う娘の文章からは、愛情が込められていていました。

目次は父・弘之氏の語録になっていて、
これだけ読んでもおもしろかったです。

「老人ホームに入れたら、自殺してやる!」
「結論から言え、結論から」
「今後いっさい、誕生日会は禁止する!」
「お前は俺にそっくりだ」
「まともな人間になりたければ、本を読め」
「知ったかぶりした文章を書くな」
「バターはケチケチ使うな」
「お前の名前はお墓から取った」
「俺は我慢するのをやめる!」などなど。

これらの語録を読みながら、
教師だった私の亡父も
「結論から言え、結論から」
「まともな人間になりたければ、本を読め」と似たようなことを
子供だった私によく言っていたことを思い出しました。

DSCF5976bk.jpg
スポンサーサイト

『星三百六十五夜』が大晦日に届く

2014.12.31.Wed.20:14
絶版になってしまった本は、意地になって読みたくなるもの。
星好きの私は野尻抱影著の『星三百六十五夜』という本がほしいと
ずっと前から思っていました。

野尻/抱影は天文学の著作が多く、
生涯を通して星空のロマンと魅力を語り続けたひと。
冥王星の命名者としても知られるいます。

この『星三百六十五夜』、
もちろん私は図書館で借りて読んだことがありますが、
できれば所有したい!
なぜなら365日毎夜にわたる星に関しての随筆が
星にちなむ漢詩やギリシア・ローマ古詩などと共に書かれているので
常に手元に置いて、いつでも読めるようにしておきたかったのです。
文庫本では四季ごと分冊されて再販されているのですが、
365日が一冊になっていないと嫌。
(私、わがまま…です。)

中古本を扱うあるサイトに、
もしこの本が入ったらならばお知らせメールが来る~
という設定したのはかなり前のことだったので、
私も忘れていたのですが、
さる日曜に「中古本が入荷しました!」というメールが届き、
あっ!と思ってすぐにポチ(発注)しました。

そして今日、大晦日の夕方に受領。
ちょっと遅めのクリスマス・プレゼント、あるいは
ちょっと早めのお年玉をもらった気分です。

実は私、星好きで
地元のプラネタリウムの年間パスを持っていて
時間がある時、星の話しを聴きにいっています。
大学の建築学科の卒業設計では
プラネタリウムがある複合施設をつくりました。

フランス革命のころの「幻視の建築家」エティエンヌ・ルイ・ブーレは
薄い皮膜に天体を透かしてみられるドームを持つ
「ニュートン記念堂」の構想をしたことでも有名です。

年が開けてからゆっくり読みたいと思います。
ちなみに4月1日は「白羊宮」というタイトルなので
来年の未年をなんとなく感じさせると思い
ページを開けてみたら
英国の詩人チョーサーの詩からとったものでした。

チョーサーのこの詩を読む時、抱影は
江戸時代の俳人・山本荷兮(かけい)の句、

春めくや
人さまざまの
伊勢参り

を思い出し、うららかな春日の気分になるそうです。
新春とちょっと似た感覚だと思いました。

IMG_0953.jpg
IMG_0955.jpg

外国人からみた日本食

2014.08.18.Mon.23:57
神戸の知人がブログで紹介していた
2冊の本がずっと気になっていましたが、
やっと私の手元にきました。
どちらも、異国人食紀行です。

book0818.jpg

40年ぶりの「名画を見る眼」

2010.10.24.Sun.01:10


先週のM紙の書評に、
高階秀爾著の
『誰も知らない「名画の見方」』
という新書の記事がありました。
読みたくなって、速攻で買ってきてしまった(笑)

私にとって絵画を分析的に見ることを
美術史家の高階秀爾氏や故若桑みどり氏らの著作から
おぼえたと言ってよいと考えています。

絵画をパッと見た時の第一印象や感動とは別に、
構図、色の使い方、図象的なことがら、絵に隠したメッセージなど、
絵から読み取れる情報をいろいろと自分なりに解釈して
絵画鑑賞をより楽しく見ることができるようになったと思います。

学生だったころ、高円寺の古本屋で買った
岩波新書「名画を見る眼」「続・名画を見る眼」は
今でも大事に書棚に置いています。

少し読んでみましたが、
この『誰も知らない「名画の見方」』は、
40年前に書かれた名著の続編的なもの
と考えてよいと思います。
しかし、高階氏自信の「名画を見る眼」も
微妙に変わってきていることが
感じ取れるのがおもしろいです。

これは新著だけでなく、
旧著と一緒に読むほうが
自分にとっては勉強になりそうです。
先週まで読んでいた「シューマンの指」は
ちょっと中断です(笑)

西洋美術史を専攻した友人のK氏から
高階氏のエピソードをきいたことがあります。

元国立西洋美術館の館長だった高階氏は
退任後、西洋美術館の展覧会を見る時であっても
一般入場者と一緒にチケット売り場に並んで
ポケット・マネーできちんとチケットを買って
入場されていたそうです。

高階氏ぐらいの方だったら、
どこでも顔パス、あるいは招待券で
入ってしまうように思えましたので、
結構、驚きでした。

誠実で厳格な美術史家の姿が思い浮かびます。
このような方の著作だったら、
信頼して読めますね(^o^)v


私のブログを読んでくれた方、
ここをクリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

 ┏┓     
 ┃┃
 ┃┣┳┳┓   
┏━┓┃┃┃   
┃━┛┻┻┛  
┗┓  ┏┛

女が嫌いな女

2010.10.08.Fri.02:08
先週、近所のブックオフで
「女が嫌いな女」(文藝春秋)という
攻撃的なタイトルの新書が目に留まりました。
序文のこの言葉を読んで
おもしろそうなので
買う気になりました。


男同士は本来
お互いに無関心なものだが、
女は生まれつきの
敵同士である
(ショーペンハウエル)


女性が書くブログを読むと
おんな同士の姑嫁問題、職場問題などが
赤裸々に書かれていて
他人事のように楽しく読ませていただいています。
私は舌鋒鋭い彼女たちの表現力に
いつも圧倒されています。
そして下手にコメントして
彼女たちの怒りに触れないようにしています。
さわらぬ神に祟りなし~♪ですから。

「女が嫌いな女」の中で
やり玉にあがっている有名人に対する
一般女性のコメントも
なかなか鋭くて的確。

芸能人の顔と名前が
なかなか一致しない私でも
コメントを読むと、
誰だか分かってしまう。
具体例をいくつか記します。

歌手AHさん評
「あの般若のような顔を恐ろしくて忘れられない。
なによりも一番エコロジーから遠い所へいる女って感じ。
そばによるとプラスティックの匂いがしそう」

女優PIさん評
「シャネラーだが、
まったく似合っていない。
シャネルに申し訳ない気がする」

タレントMYさん評
「同じ間違い(不倫)ばかり繰り返す、
学習できない女の代表!
IQは高くても、
EQは限りなくゼロに近い
バカ女だと思います」

私は評の内容よりも
その表現力に感動しました。
なんの利害関係もないのに
ここまで言えてしまうとは恐れいります。
私が尊敬する
小林秀雄氏や吉田秀和氏のように
真理を言い当てているような気がします。
私はサッカーやクラシックや料理の感想など
ブログにいろいろ書きますが、
このような表現力を見習いたいです。

私のブログを読んでくれた方、
ここをクリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

 ┏┓     
 ┃┃
 ┃┣┳┳┓   
┏━┓┃┃┃   
┃━┛┻┻┛  
┗┓  ┏┛

続きを読む "女が嫌いな女"