「稀勢」の奇跡と笠間の音楽アカデミー

2017.03.27.Mon.10:40
昨日(3/26)は、今、開催されている「茨城国際音楽アカデミーinかさま」に行っていました。午前中は桐朋音大学長の梅津時比古氏の講演会、午後は講師としてアカデミーに参加しているジャン=クロード・ペヌティエのピアノ・リサイタル。そしてちょっとだけヴァイオリンの公開レッスンも聴いてきました。

梅津時比古氏の講演会は、音楽を演奏するにあたって①文化の文脈、②歴史意識をふまえた上で、自分なりの註釈や読み直しを演奏に重ねることで、演奏が深まっていくという内容。そういう意識が芽生えてくると、ショスタコーヴィチの遺作とも言えるヴィオラ・ソナタを演奏する時に、「ベートーヴェンはショスタコーヴィチから影響を受けている」という逆説的な註釈も!付けられるようになる。そうすると確実に、自分の音楽は変わっていく。(このヴィオラソナラには月光ソナタの引用があります。)講演会には、服部百音さんら将来を嘱望されている音楽家の卵たちも聴いていました。

ジャン=クロード・ペヌティエのピアノ・リサイタルは、モーツァルト、シューベルト、ドビュッシー、ラベルなど、ピアノを学習する学生さんのために、お手本を提示するような演奏でしたが、それなりに楽しめました。モーツァルトのK311は玉を転がすようなタッチ、シューベルトの即興曲変ト長調D899-3はきわめて遅いテンポで、細かい刺繍模様が見えてくるような演奏、ドビュッシーのベルガマスク組曲はセザンヌの水彩画のようで、音のにじみと余白にみえる透明感が印象的な演奏でした。アンコールのフォーレの夜想曲第3番はなんとも言えぬ浮遊感。最近、私が関心が高いロシア・ピアニズムとは違った響きを楽しみました。

ちょうど笠間を出たのは17時すぎ。
ラジオをつけました。

大相撲の春場所の千秋楽。横綱に昇進したばかりの稀勢の里のことが気になっていました。稀勢の里は場所中、思わぬ怪我をしてしまい、休場しないのが不思議なくらいの状況でした。誰もが「優勝は無理」と思っていたはず。1敗の大関照ノ富士と2敗の横綱稀勢の里の本割の取り組みを、カーラジオを聴いていましたが、音声だけでは状況が全然、理解できませんでした。稀勢の里が勝ったことだけわかりました。スゴイ。
そして2敗で並んだ稀勢の里と照ノ富士による優勝決定戦。この取り組みも、音声だけでは内容は分かりませんでしたが、スピーカーから溢れ出る歓声のすごさで、稀勢の里が勝ったらしいことが推測できました。実況のアナウンサーも興奮気味。私も感激したっ。手負いの横綱の意地でしょうか。地元茨城県出身の力士の頑張りに、私もすこし目頭が熱くなった。鬼の目にも涙w。帰宅してjから7時のニュースで、やっと映像で取り組み内容を確認しました。勝ちにこだわった大逆転優勝でした。先週は、WBC準決勝で、日本代表は失策がらみでアメリカに負けたり、「森友問題」など嬉しくない報道が多かっただけに、稀勢の里の感無量の涙は、日本のモヤモヤ感を洗い流してくれたような気がしました。
スポンサーサイト

稀勢の里のカップ麺

2017.02.16.Thu.19:37
3週間ほど前、稀勢の里が初場所で優勝し、横綱昇進。
彼の出身地である茨城県牛久市の盛り上がりも報道されました。
先週末、県民栄誉賞の受賞式やトークショーのために
稀勢の里が水戸へ来ていた様子が県内ニュースで流れていました。
私の地元の力士なので、19年ぶりの日本人横綱が茨城県人なのはちょっと誇らしい。

先日、近所のスーパーで、「稀勢の里カップ麺」が売られているのを発見。
県南の方では買えたようですが、日立にこの商品が並ぶまで3週間もかかりましたw。
私、カップ麺は滅多に食べませんが「いつか食べるだろう…」と、2個買って帰りました。
ちなみに、醤油ちゃんこ味と塩ちゃんこ味の2種類。

そんな時、また風邪を引きました。
今回もノドからきました。
体調が悪いと何もする気が起きません。
食事もカップ麺で済ませたいと思うのもやむ無し。
今日のお昼は、「いつか食べよう」と思っていた稀勢の里のカップ麺を
まさか3日後に食べることになるとは思わなかったw。

醤油と塩、どっち?と問われるなら
躊躇なく塩を選びます。

お湯を沸かす時、鍋にネギとキャベツを入れて温野菜を追加。
そして生姜を少しすりおろしてみました。そしてゆで卵も。
食べる直前には、ちょっと質のよいラー油をたらしました。
カップ麺を少しカスタマイズです。

お味はまあまあかな。
メーカーの担当者が田子ノ浦部屋に通い、
相撲部屋風の味付けを研究してつくった商品らしいです。
たしかに出汁に、鶏と野菜の旨味が利いていましたが、
全体的には普通の塩ラーメンとそれほどちがっていませんでした。

しかし風邪の時など、こういうカップ麺は
手間がかからないのでありがたいです。
稀勢の里効果でパワーアップできればなお良しw。

DSCF4459k.jpg
DSCF4465k.jpg

72代横綱 稀勢の里

2017.01.25.Wed.09:56
「横綱の名に恥じぬよう精進いたします」

というのが、横綱になった稀勢の里の伝達式の口上でした。
シンプルですが素直なものだったと思います。

元日の鹿島アントラーズの天皇杯優勝につづき、
初場所で優勝した地元(牛久市出身)の力士の横綱昇進、
茨城を元気にしてくれる吉報がつづくよい新春です。

現代美術と紅葉をもとめて…(大子町へ#1)

2016.11.19.Sat.23:28
DSCF3533fb.jpg

9/17から明日11/20まで、「茨城県北芸術祭」が開催されています。
これは日立市・高萩市・北茨城市・常陸太田市・日田市大宮市・大子町を中心に
広域で繰り広げられている現代美術のイベントです。

私はようやく10月下旬あたりから各地を廻りはじめました。
最後に残されたエリアはわが家から最も遠い大子町です。
紅葉でも有名な大子町は週末になると
紅葉狩りの行楽客が押し寄せ、ひどい渋滞が起きることは有名。
私はなんとか平日行ける日を模索していましたが、
昨日、1日かけて大子町へ行って展示をみてきました。

大子の紅葉はもう「名残…」といった感じです。
ピークを過ぎていましたが、まあまあキレイでした。

大子町の顔とも言える日本三大名瀑の袋田の滝も紅葉で有名です。
袋田の滝へのアプローチとなっているトンネル内には
韓国の現代美術家ジョン・ヘリョン作の
「連鎖的可能性ー袋田の滝」が展示されていました。
色が幻想的に変化すし、
うねるような形のアクリルの構造物が来場者を導いていました。

DSCF3568taki.jpg

袋田の滝へ行ったのは久しぶりです。
この滝は4段の階段状になっていて
見る位置によってかなり違ってみえてきます。
水量は普通でした。
大雨や台風が過ぎ去った翌日が
もっともダイナミックな密の落ちる様子が見えるそうです。
下の動画は私が撮ってきたものです。

https://www.youtube.com/watch?v=MAXJ9DgsYl4



https://www.youtube.com/watch?v=S8tedVkIBSw


怖かったけれど蜂を撮ってみた

2016.10.27.Thu.23:28
今日、外出先に
ハマギクとキハマギクがキレイに咲いていました。
その時、花にとまって蜂が蜜を吸っていました。
刺されたら嫌だなぁと思いながらも、
蜂を撮りたい願望を抑えきれず、
買ったばかりのデジカメのファイダーを覗きながら
ギリギリまで近づいてみました。

そぉっと近づいて、
シャッターを押す時は、
ゴルゴ13のように「ギルティ」とつぶやいて
蜂を撃ち抜きましたw。
バキューン♪

DSCF2753bee.jpg
DSCF2804bee.jpg