真央ちゃん展@茨城県庁

2018.06.19.Tue.11:30
先週6/14、所用があり茨城県庁へ行った時のことです。通常なら来庁者駐車場にすんなり停められるのに、その日に限って警備員の指示があり、ちょっと遠めの駐車場に停めさせれました。「なぜ、こんなに混んでるのか?」訊いたら、「浅田真央選手の展覧会をやっているからのようです。」という返答。そういえば数週間前、県内ニュースでそんな報道があったことを思いだしました。県庁に入ると一目で、仕事で来た人ではないことが分かる雰囲気の方々が多数。せっかくなので、仕事が済んだら私もちょっと覗いてみようと思いました。

私、フィギュアスケートは門外漢です。しかし、私の知り合いには熱烈な羽生結弦選手、宇野昌磨選手のファンがいて、試合観戦のために遠征されている方が数多。彼女たちの日記で、私もフィギュアスケートの知識をそれなりに得ることができました。ルッツとかフリップとか細かいジャンプのちがいはよく分かりません。けれどクラシック音楽好きなので、音楽と演技の調和という視点で演技をみています。真央ちゃんが「仮面舞踏会」「鐘」のようなややマニアックな曲で演技した時はビックリしました。

さて、この展覧会は「浅田真央サンクスツアー」という浅田姉妹を中心としたアイスショーが8月に茨城・笠松運動公園のリンクと行われることを記念したものということです。ニュースでは初日に真央ちゃん本人が来場した様子も映っていました。
25階展望ロビーは人でいっぱい。人混みが嫌いな私は、この瞬間、帰りたくなりましたが、真央ちゃんとのちょっとしたサイドストーリーがあるので、我慢することのしました。展覧会には、真央ちゃんが試合でつかった衣装や靴のほかパネルやメダルなどが多数展示してありました。デビューしたころのピンクの衣装や、ソチ五輪のフリーのラフ2の演技でつかった青い衣装、最後のシーズンの「蝶々夫人」で着た和装っぽいうす紫色の衣装は、私でさえ覚えています。

まわりのご婦人たちは、
「きゃわいい~」
「ウエストがほっそーい」
「結弦くんの展覧会では写真ダメだったけど、ここは撮り放題でイイな」
などの声が聞えてきます。やはり人混みは苦手。
私は、さっと10分ぐらい見て退散しました。

真央ちゃんと私のサイドストーリーというのは名古屋のコンビニのニアミス事件。
私は1998~2002年、名古屋に勤務していました。住んでいたのは「名古屋の浅草」と言ってもいい大須というところ。私のマンションの側に大須スケートリンクがありました。ここは、伊藤みどり選手を筆頭に多くの名選手を輩出したクラブがあります。真央ちゃんもそのひとり。私は毎日のようにこの前を通って事務所へ通勤していました。このリンクの側のコンビニには、ひと目でフィギュアの選手と分かる女の子たちが、練習の合間に軽食やお菓子を買いにきていました。私、彼女たちと何度も会ったことがあります。おそらくあの中に、当時、小学生だった真央ちゃんがいたにちがいない。高い確率でニアミスをしていたのではないかと思われます。彼女たち、みんな同じに見えたので、はっきりしたことは言えませんが…w。もし真央ちゃんと話ができたなら、「スケートリンクの下のローソンでおにぎりやお菓子、買ってたでしょ?」と訊いてみたいですw。

aDSCF8037.jpg
aDSCF8041.jpg
aDSCF8052.jpg
aDSCF8043.jpg
aDSCF8035.jpg
aDSCF8031.jpg
スポンサーサイト

エビネ展@茨城県植物園

2018.05.05.Sat.08:41
大型連休後半初日の5/3、特に外出の予定はなかったのですが、県の植物園(那珂市)で「エビネ展」がはじまるという記事を朝刊で発見。エビネ(海老根)は可憐で地味な和蘭です。私は園芸のことは詳しくないのですが、エビネの名前の由来は地下に連なっている茎とそこから生えている根がエビに似ているからのようです。私の姓と同じ名前なので、関心があることは言うまでもありません。雨っぷりでしたが、車を飛ばして行ってきました。

十年ぐらい前、私はたまたまホームセンターで見つけたエビネの苗を鉢植えして育ててみたことがあります。開花した時は感動しました。しかしデリケートな植物らしく、数年で枯らしてしまいました。

茨城県植物園に展示されていた愛好家が育てたエビネは立派な作品(!)でした。しかし展示方法はあまりにも残念です。センスなし。ひな段に雑然と鉢が置かれただけです。いつくかの作品には県知事賞、茨城新聞賞などのプレートが掲示されていましたが、できれば愛好者じゃなくても楽しく観賞できるように、品種のことなど表示されていると親切なんですけどね。

写真は自由に撮ってよいことを確認して、デジカメで私が気に入ったエビネを撮影してきました。背景が残念だったので、接写が多くなりました。私が好きな写真家ロバート・メープルソープのように撮りたかったのですが、私のデジカメではこれが限界です。ミラーレスが欲しくなってきたw。

DSCF7833e.jpg

DSCF7839ee.jpg

DSCF7816ee (2)

DSCF7816ee (1)

DSCF7816ee (3)

DSCF7816ee (6)

朝ドラ「ひよっこ」の谷田部家を訪ねて

2018.02.05.Mon.19:54
私はあまりTVドラマを見ませんが、昨春から半年間、放送された朝ドラ「ひよっこ」は例外的に見ていました。なぜならドラマの舞台が私の地元の茨城県の県北地域だからです。ドラマのヒロインの谷田部みね子(演:有村架純)は奥茨城村出身という設定。ドラマの内容もなかなかおもしろかったです。波乱万丈の人生を歩んだ人物を描くのではなく、地に足がついた普通の人々。登場人物が丁寧に個性的かつ魅力的に描かれ、共感できることも多かった。朝ドラの歴史の中でも、異色作だと思います。

初回放送で出てきたみね子を家は、茨城県の農村によく見られる南面に半間ほどの広縁がある赤い屋根の民家。私は、どんな場所でロケしたのか気になっていました。機会があれば訪ねてみたかった。そしてその日がやってきました。2/4は読売日本交響楽団のいわき公演を聴きにいくことになっていました。ロケ地がある高萩市を通ります。国道から30分ぐらい山間部へ入ると谷田部家があることは事前調査で分かっていました。冬タイヤは履いた安心感があったので、近くまで行ってみようと思っていました。県道から細い道へ入っていきましたが、最終的なアプローチとなる道は、車1台がギリギリ通れるという狭さ。対向車がきたらどうしよう…と思いながら運転しました。するとTVでみた赤い屋根が見えてきた。雪が積もっている田んぼは、ドラマで田植えをしていましたね。TVでみたまんまの環境でした。しかし、よくぞこんなところでロケをしたものです。隣の市に住んでいても、ロケ地でなければ、絶対に行くことはないと断言できるような場所。NHKのロケ隊、頑張りましたねぇ。
雪がまだ残っていました。雪の中のみね子の家の画像、貴重かもw。

DSCF7109hh.jpg
DSCF7110hh.jpg

お住いの方がいるようでしたので、遠くから見るだけにしました。近くには小川。まったくの無音の世界で、耳を澄ますとせせらぎのサラサラした音だけが聴こえてきます。そして私が踏みしめる雪のギュッギュッと締まる音。15センチぐらい積もっていました。こういう場所にたたずんでいるだけで、癒やさそう…。空気も澄んでいる!この周辺には私だけしかいませんでした。

DSCF7115hh.jpg
DSCF7122hh.jpg

時間はお昼を過ぎていました。私もお腹がすいてきた。ここから40分ほど車を走らせて、北茨城市の花園渓谷にある川魚と山菜が食べられるお店に立ち寄りました。これも「奥茨城の味」と言えます。この日は、ニジマスの塩焼きをいただきました。美味しかった!

DSCF7134oib.jpg

「氷瀑」 袋田の滝 2017.1.30

2018.02.02.Fri.13:10
1/30火曜の「袋田の滝」です。
これは第2展望台から見たものです。
高さ120m、巾73m、4つの段になっています。
最上段に人が立っています。
これでスケール感が分かるでしょうか。


DSCF6967fukuroda.jpg

凍結した袋田の滝

2018.01.31.Wed.10:16
トンネルを抜けると
そこは氷の世界だった…。



iceDSCF6973.jpg

1/30午前、大子町の袋田の滝をみてきました。前日の県内ニュースによると、先週末の大寒波で滝が80%程度凍結しているらしい。子供のころから、何度もこの滝を訪れていますが、私はまだ凍結している姿を見たことがありません。これは千載一遇のチャンス。午前中にやろうとしていた仕事は、夜に回せばよい。冬タイヤに履き替えたという安心感もあり、車を飛ばして行ってきました。大子町は福島県や栃木県と接する県の北西部です。日立に比べるとやはり寒い。
チケットを買ってゲートに入り、滝と対面するまでしばらくトンネルのような地下通路を歩いていきます。すると右手に、いきなり氷の壁が現れました。川端康成の「雪国」の“トンネルを抜けると…”という有名な冒頭の言葉が出てくるのは自然でしょうw。見事に袋田の滝が凍結しています。私、この時、映画「シンゴジラ」の終盤、東京駅近くで街を破壊していたゴジラに血液凝固剤が投与されて、凍りついたシーンを思い出しました。極地に行った時に見える景色って、こんな感じなのでしょうか?

iceDSCF6975.jpg
iceDSCF6964.jpg

袋田の滝は「4度の滝」と言われていて、4段の階段状になっていること、四季ごとに見え方が違うので4度行く価値があるなど、いろいろ理由付けがされています。

西行法師はここを訪れた時、以下のように詠みました。

花もみち
経緯(よこたて)にして
山姫の
錦織り出す
袋田の瀧

もし凍結した滝をみたら、どう詠んだでしょうね。荒々しい氷のテクスチュアは、人間の介入を拒否しているかのように見えます。しかし、第2展望テラスへ行くと、最上の氷の段へ登ろうとしている人が見えました。高さ120mの高さから落ちたら、たいへんなことになります(苦笑)そこに壁があるから登るのでしょうか?

iceDSCF6968.jpg

もし次回、ここへ来ることがあるなら、
台風が去った直後の水量が増した時の姿を見たいですね。
おそらく滝が荒れ狂う龍のように見えるはず。

これは、昨日、私が投稿した氷結した袋田の滝の動画。
https://www.youtube.com/watch?v=BTE9GBDrYWQ


これは、2016年秋に私が投稿した穏やかな袋田の滝の動画。
https://www.youtube.com/watch?v=S8tedVkIBSw