最低だった水戸ホーリーホックの最終戦

2016.11.20.Sun.22:00
日曜の午後、ひさびさにJ2水戸ホーリーホックの試合を観戦しました。
今季最終戦のホームゲームです。観衆はおよそ7,400人とまずまず。
試合は2-0でレノファ山口に負けました。
鹿島も水戸もホーム最終戦はともに惨敗だったなぁ(嘆)

2016112014000001hh.jpg

ホーム最終戦だというのに、水戸ーホックの情けない試合ぶりに
私は怒り心頭に発した思いでした。
確かにレノファ山口の出来はよかったです。
パスがよく回っていたし、鋭いカウンターも効いていました。
先制点を獲って、逃げ切るというアウェイの戦い方を体現していました。
水戸は山口のスピードについていけず、ファールで止めるしか方法がない。
しかもボランチがボロボロ。
なんどもカウンターからの中央突破を許していました。
そもそも走り負けたら水戸には勝機がないですよね。

こんな内容で今季を締めるかと思うと来季が心配になってきます。
どーでもよいことですが、来季の水戸のユニフォームが展示してありました。

2016112015010002hh.jpg
スポンサーサイト

復調しつつある水戸ホーリーホック

2016.04.30.Sat.11:25
2016042916560001hh.jpg

昨夕は、3/6以来の水戸ホーリーホックの応援をするために
Ksスタジアムへ行ってきました。
肌寒い中、震えながらの観戦。

3月のホーム開幕戦では
セレッソ大阪に0-1で負けてしまいました。
それ以降、なかなか厳しい試合が続いていましたが、
今日、ジェフ千葉に1-0に勝利し3勝目。
順位も15位まで上がってきました。
水戸はあと3勝でJ2での200勝目を達成らしいです。

水戸は前半5分にコーナーキックからのゴールを
全員がハードハークで守り切ってのねばり勝ちでした。
こういう試合を見せられると、次も応援に行きたいと思いますよね。

大型連休の初日ということもあって6,000人強の入場者がありました。
ジェフ千葉側のアウェイ席は完売だったそうです。
本当に遠路、たくさん水戸まで来てくれてありがたいです。

これは前半終了時の夕暮れの画像。
デジカメを忘れてしまい、ガラケーで撮りました。
バックスタンド側からメインスタジアムを写しましたが
まあまあうまく撮れました。

2016042918060000hh.jpg

水戸ホーリーホックのホーム開幕戦(対C大阪)

2016.03.07.Mon.13:23
先週末はサッカー三昧でした。
花粉対策は万全でお出かけ。
土曜日は鹿島アントラーズ、日曜は水戸ホーリーホックの
ホーム開幕ゲームをスタジアムで観戦してきました。

IMG_1491holly.jpg

3/6はは水戸の試合。
私はキックオフの10分前にギリギリ到着。
コンコースにはなかなか見ることができない
セレッソのバスが停まっていました。

セレッソとはスペイン語で「桜」という意味なので、
チェリー・ピンクが基調のカラーリング。
一方で、今、水戸偕楽園の梅は満開です。
春を告げる「梅対桜」の対決ということになりますね。
ピンク・ダービー?w。
梅の方が先に咲くので、先制ゴールといきたいところでしたが、
試合は、残念ながら0-1で水戸はセレッソ大阪に敗戦。

2週間前、水戸と鹿島のプレシーズンマッチを見た印象では、
前戦からのプレスがなかなか良かったのですが、
今日のセレッソにはそれほど効果的に利いていませんでした。
その理由は、セレッソがかなり守備的だったからです。
セレッソは見た目は4-2-3-1の布陣ですが、
私には前3人が攻撃で、後ろの7人で守備という感じに映りました。
かつてのセレッソは、タレントを揃えた華麗な攻撃サッカーをしていましたが、
今日みたセレッソは非常に質実な守備的サッカーでした。
意表をつかれた水戸の選手は、
プレスの掛けどころが見いだせなく
肩透かしにあった感じでした。

ソレッソの得点は、一瞬の隙をつかれて、
元日本代表の柿谷の個人技を奪われたようなものでした。
水戸は守備を崩されたものではなかったので、
今日は敗戦でしたが、決して悲観する内容ではないと思いました。
次の試合を期待しています。

今日、良かったことは「ホームゲーム1万人プロジェクト」が成功したこと。
10,420人というのは、公式戦最多だそうです。
こんなに入ったケーズスタジアムははじめてでした。
つくづくJ3に落ちなくてよかったと思います。
2015年シーズン、水戸ホーリーホックは降格スレスレでしたから。
格上のセレッソ相手にそこそこ戦えたので、
水戸の方向性はまあまあよいと思われました。

PS
昨年まで鹿島にいた山村選手は、
今季からセレッソ大阪へ移籍しましたが、
とりあえずボランチとしてフル出場。
鳴り物入りで鹿島に入りましたが、
実力を発揮できないで終わってしまったので
セレッソでがんばってほしいです。

IMG_1497holly.jpg
IMG_1504holly.jpg

水戸ホーリーホックのJ2残留

2015.11.14.Sat.23:40
仕事や所用でなかなか行けなかった
J2水戸ホーリーホックの応援に4ヶ月ぶりに行ってきました。
今日はコンサドーレ札幌と対戦。

今季の水戸は、
拙速なクラブの若返りと主力選手の怪我で
開幕当初からずっと低迷していました。
その間、柱谷前監督が解任。
J3降格圏内の順位に沈みつづける危機状況の中、
なんとか秋になってから復調の兆しが見えはじめました。

水戸は今日、勝てば残留が決定、
一方、札幌も今日勝てば
J1昇格プレイオフ進出の可能性があるという状況なので、
両クラブとも負けられない試合となりました。

15時キックオフでしたが、
私はいろいろあって大遅刻をしてしまい
前半40分ぐらいにKsスタに入場。
0-1で水戸が負けている状況。
天候は雨。
屋根があるにもかかわらず、
上空から雨が吹き込んできます。
最悪です。

2015111416020000mtsp.jpg

前半の最後の5分をみるかぎりでは
水戸の選手は全然、動けていませんでした。

後半になると札幌は
ベテランの元日本代表の小野や稲本らの足が止まりはじめ
一方で水戸はセカンドボールが取れるようのなり、
またカウンター攻撃がはまりはじめ勢いを取り戻しました。
サイド攻撃やカウンター攻撃で好機を再三つくり
同点に追いついてからは、札幌は焦りはじめました。
後半45分に三島のヘッドで逆転。
今日の三島は1アシスト、1ゴールの大活躍。
後半の水戸は札幌を圧倒していましたね。
結局、2-1で勝利。
なお、今季のホームゲーム観客総数10万人も達成。
自力でJ2残留を決めてよかったです。

2012年は鹿島がJ2降格の危機を味わいハラハラしましたが、
今年は水戸がJ3降格の危機を味わいました。
降格危機のハラハラどきどきは体によくないですね。

2015111416110001mtsp.jpg

サッカー日和

2015.04.30.Thu.22:36
200140429fba.jpg

20150428fab.jpg


混雑が嫌いな私の大型連休の過ごし方は、
例年、遠出は控えるようにしています。
今年は1日だけ、東京へ音楽を聴きに行くだけで、
残りは地元のスタジアムでJ1鹿島とJ2水戸の計4試合を見ます。

その第1試合目が、昨日の水戸✕岡山の試合。
すばらしい好天で気分良く観戦できました。
結果は1-0で水戸が競り勝ち。
怪我から復帰した主将・船谷の見事なロングシュートが決勝点。
そして守護神・本間のPKセーブもありました。
岡山には元鹿島の2選手も先発出場していました。

今季、J2では水戸・岡山・金沢のクラブの対戦が
「日本三名園ダービー」と位置づけられています。
偕楽園・後楽園・兼六園つながりということでしょうか。

本来のホームスタジマムが改修中なので、
わが家に近い笠松陸上公園で開催されています。
車で20分程度です。
試合後、私はダッシュで帰宅。

スカパーでライブ放送されている
「仙台✕鹿島」が見たかったからです。
テレビをONにしたのは後半20分すぎでした。
その瞬間、仙台の軽率なバックパスを鹿島のカイオが奪取して
そのままドリブルで切り込んで見事なゴール。
なんとか1-2で勝利できました。

あまり選手批判はしたくないのですが、
鹿島のボランチのU選手の起用については微妙な感情を持っています。
彼は終盤に守備固めという目的で途中から交代出場をしました。
彼の危険なエリアでの軽率や横パスや、ペナルティエリアのクリアミスなど
決定機をつくられらり、失点のきっかけをつくったシーンが何度もありました。
こういうミスは今までの試合でも見られてきました。
若手にチャンスを与えることも大事ですが、柴崎や昌子のように
ミスを次につなげるという学習効果がないように思います。、

鹿島は悲願のACL制覇に向けて
5/5のACL1次リーグの最終節(✕FCソウル)が大一番になります。
この試合に勝てば、次のステージへ進めるからです。
夜8時という遅いキックオフですが、
満員のスタジアムで応援したいものです。