サッカー観戦の超早起きで朝顔がビックリしたかも…w

2016.07.11.Mon.17:51
euro20160711fl.jpg

今朝は午前4時からユーロ2016(サッカー欧州選手権)の決勝戦。
私は生でTV観戦がしたくて、昨夜は参院選の特番をちょっとだけみて就寝。
3時半ごろ起きました。

決勝戦はフランスとポルトガルの対戦しました。
90分で決着がつかず、延長線へ突入。
ポルトガルは延長戦の後半4分にエデルがゴール。
虎の子の1点を守りきりポルトガルの初優勝となりました。

この試合、私はフランスが有利と考えていました。
・地元の利
・これまでの盤石の戦いぶり(強国ドイツにも勝利)
・ポルトガルはギリギリでヨレヨレの勝ち上がり。
しかも前半24分にポルトガルの絶対的なエースで主将の
クリスチアーノ・ロナウドが接触プレイで膝を負傷し交代してしまって絶対絶命。

でもポルトガルのサントス監督の采配が冴えましたね。
システムを4-4-2から4-1-4-1気味に変更して中盤を厚くし、
フランスの中盤とミラー気味にすることで、フランスの猛攻をしのぎました。
私の個人的なMVPは守備でがんばっていたDFネネです。
(両国ともにポストやバーをたたいたシュートやFKが何本もありました。)

私、得点シーンに関しては、その前に起きた誤審に不満が残っています。
後半2分ごろ、ペナルティゾーン手前で、
ポルトガルのFWエデルをマークしていたフランスのDFコシェルニーが
エデルと接触した時にハンドを取られてしました。
これはスローでみるどエデルの方の手に当たっていたので結果的には誤審。
コシェルニーはその時の異議でイエローカードまでもらってしまいました。
ハンドで得たゲレイロのFKはバーを叩きクリアされ、
その後のスローインの流れからエデルのゴールがうまれました。
この時も、コデェルニーはエデルについていましたが、
イエローをすでに1枚もらっていたからか、
エデルへハードマークが一歩遅れ、エデルをフリーにしてしまった。
エデルは誤審に対して「ラッキー!」と思っていたはずだし、
コデェルニーは悔いと不満が残っていたでしょう。
微妙な判定と心理戦がゴールの前あったと私は感じています。
欧州CLで主審をしたことがあるような方でも誤審をするのですね。
一連の流れでみると、フランスにとっては不運fだったと思います。

ちなみに今大会のポルトガルは
グループリーグが3引き分けでギリギリ予選通過。
決勝トーナメントもクロアチアやポーランドに延長120分でなんとか勝利。
薄氷の勝利を重ね、見事に決勝まできたポルトガルの戦いぶりをみて
私は1994年アメリカW杯のイタリア代表を思い出しました。
この時のイタリアはブループリーグを1勝1負1分けでギリギリで予選通過。
決勝Tも、1点差でヨロヨロで勝ち続けて決勝でブラジルと対戦。
(結果はPKでブラジル勝利)
イタリアは守備の要のバレージやエースのバッジオの不調で
あの時も本当に苦しんでいましたが、その時のイタリアも守備が固かった。

サッカーではこういうビックリ優勝的な現象はときどき起こりますが、
それが奇跡というよりも、その可能性を示す前ブリのようなものが
なんらかのかたちで起こっていることを見逃さないようにしたいです。
今回のポルトガルの場合、大黒柱のロナウドが退いてからであっても
これまでの苦しい戦いをしのいで戦ったきた選手たちの結束の成果でした。
今回のポルトガル代表の守備は、
前線からプレスをかけてくる攻撃的な守備という印象でした。
決勝戦の番外は、ロナウドはケガでも涙、勝っても涙の「クリ・ロナ劇場」でした。

試合が7時前に終わり、朝刊を取りにいったら、
庭先の紫色の曜日あさがおが一輪だけ咲いていました。
しかも今季、「お初!」
私の超早起きにビックリしたのか?
あるいは、ポルトガルの優勝にビックリしたのか?は不明です。

IMG_2976fl.jpg
スポンサーサイト

感動と笑いのある生活

2013.06.17.Mon.09:38
今朝も早起きして
ブラジルで行われているFIFAコンフェデレーション杯を見てしまった。
スペイン代表2-1ウルグアイ代表。
スペインの0トップ気味のポゼッション率が高いパスサッカーに
私は朝から感動しています。すばらしい。
点差以上に実力のちがいが如実にあらわれた試合でした。
おそらく世界最強…。
スペインに勝てるチームがあるとは思えません。

9時前に試合が終わり、
ツイッターを開いて今度は大笑い。
フォローしているワロスさんのつぶやきが愉快。

ストレスが溜まらない
感動と笑いがある生活がイイね~(^o^)v


■その1

森ガールが草食系男子に食われ、
草食系男子が肉食系女子に食われ、
肉食系女子が腐って腐女子になり、
腐女子が森ガールの肥料になる。
肉食系女子が腐らずに乾燥すれば干物女になり、
森ガールが草食系男子に食われる前に
収穫して加工すればスイーツ(笑)になる。
という「男の草食化」と「女の多様化」。


■その2

椅子が7個あります。
子供が10人います。
どうしますか?

日本:みんな我慢しましょう
アメリカ:あと3つ持ってこよう
ドイツ:優秀な7人が座ればいい
イギリス:紅茶うめえ
ロシア:3人殺せばいい
ニュージーランド:先に羊が座った
スペイン:そんなことより踊ろうぜ!

欧州CLの決勝T組合せの強豪対決

2012.12.21.Fri.14:16
世界のサッカー好きがもっとも注目するのが
欧州のチャンピオンズリーグでしょう。
今日の朝刊に決勝トーナメント1回戦の
組合せ抽選の結果が出ていました。

バルセロナ(スペイン) × ミラン(イタリア)
マンチェスター・U(イングランド) × レアル・マドリード(スペイン)
バイエルン(ドイツ) ×アーセナル(イングランド)
シャルケ(ドイツ) × ガラタサライ(トルコ)
ユヴェントス(イタリア) × セルティック(スコットランド)
パリSG(フランス) × バレンシア(スペイン)
マラガ(スペイン) × ポルト(ポルトガル)
ドルトムント(ドイツ) × シャフタール・ドネツク(ウクライナ)

1回戦からいきなり、
バルセロナとミラン、
マンUとレアル
が対決というのはビックリ。

決勝戦と言っても
おかしくないぐらい
好カードです。

H&Aのトーナメント戦なので、
敗退したら終わりです。
強豪がまさかの敗退をする前に
1回戦から激突してくれるなんて~w

私は「サッカーの神様」からの
クリスマス・プレゼントと考えたいです。

マンUの日本代表MF香川選手、
はやくケガを治して
レアル戦に出場してほしいです。

元鹿島アントラーズ、日本代表DFの
内田選手がるシャルケもがんばってほしいです。

それと注目しているのが
スペインのマラガ。
ピカソが生まれた小さな港町のマラガへ
2004年、私、訪れたことがあります。
その時、私、マラガの試合を現地で観戦。
試合の相手はレアル・ソシエダ。
中心選手がカルピンで、
マラガ・サポは大ブーイングでした。
カルピンは元ロシア代表で、2002年日韓W杯で
日本代表とも対戦しています。

マラガの小さなスタジアムで
熱心に応援している人々をみて
なかなか感激しました。
バルサの試合をみたカンプ・ノウとは
一味ちがったサッカー好きの街でした。


アズーリに捧げる朝食(EURO2012決勝スペイン×イタリア)

2012.07.01.Sun.13:02
未明に行われるEURO2012の決勝戦
スペイン代表×イタリア代表
の試合が楽しみです。

今大会のイタリア代表はひと味ちがいます。
南アフリカW杯の惨敗後、チームを立て直してきた感じがします。
チームとしての完成度が高いと思います。
従来の守備一辺倒のカテナチオではなく、
ポゼッション型の
新しい戦い方をしている印象があります。

ドン引きではなく
ディフェンスラインが高く保ち
選手間の距離感が安定し
なかなか相手に攻め入れる隙を与えない
という感じでしょうか。
決勝戦のキー・プレイヤーはピルロでしょうか。

個人的には
私はイタリアを応援したい気分です。
今朝、私がつくった朝食は
イタリア応援仕様です。

イタリアの国旗をあしらった
赤・緑・白を基調にしたもの。
アズーリに捧げるワンプレート朝食です~w。

・トマトとキュウリのサラダ
・佐藤錦(さくらんぼ)とメロン
・できるだけ焦がさないように焼いたパンケーキとカリンの蜂蜜



バルサ賛歌

2011.12.18.Sun.23:02
クラブW杯決勝は、
バルセロナが4-0でサントスに圧勝。

フットボールというよりも
「極上のショー」を見ているようだった。
楽しかったですよ、ホント。
あのようなサッカーは、
まさにフットボール・ドリームです。

ああ、またバルセロナへ
行きたくなった~。
カンプ・ノウで実際に聴いた「バルサ賛歌」は、
まだ脳裏に焼きついています。



FCバルセロナの世界一を記念して
「バルサ賛歌」の動画を貼ります。
歌の大意は、以下のような感じです。

スタジアムは興奮の渦、
我らは「ブラウグラナ」。
南だろうが、北だろうが
どこから来たかは問題じゃない。
そうだ、団結するんだ
同志たちよ、一つの旗のもとに!

我ら「ブラウグラナ」は
風を味方にして
勇猛なる雄叫びをあげる。
我らの名前は世界に響く
バルサ!バルサ!バルサ!

闘志たちよ、同士たちよ。
全てがひとつになった時、
力は生まれるのだ。
試練に満ちた年月に
我々は幾度も歓喜されたゴールの数々。
その力は証明された
我らを屈服させることはできないと~。

我ら「ブラウグラナ」は風を味方に
勇猛なる雄叫びをあげる
我らの名前は世界に響く
バルサ!バルサ!バルサ!

※ブラウグラナとは
バルセロナのクラブカラーの
青と臙脂色のこと

http://www.youtube.com/watch?v=8b8cGhxhAsY&feature=related
↓↓↓↓↓↓