サッカーの名言 @FOOT×BRAIN

2013.03.29.Fri.10:09
フットボールを考察する番組“FOOT×BRAIN”(テレ東京)を
いつも録画してみています。
2週間前の3/16に放送された
「サッカー×名言?あなたの明日に役立つ言葉のチカラ」を
昨夜、やっと見てみましたがなかなか面白かったです。

元日本代表監督のイビチャ・オシム氏の
哲学的な言葉を集めた「オシム語録」が
数年前にベストセラーになったことがありますが
サッカー関係者の言葉って、
なかなか含蓄のあるものが多いと思います。
「ライオンに追われたウサギが逃げ出す時に、肉離れをしますか?」
という言葉が有名でしょうか(笑)

番組でも
アスリートは、願望を言葉にすることで
可能性を大きくする人が多いのではないかと
議論されていました。
柔道家の谷亮子の
「田村でも金 谷でも金」がいい例です。

番組では以下のような言葉が
エピソード付きで紹介されました。


日本代表としての誇り
魂は向こうに置いてきた
三浦知良(1998年フランスW杯落選時)


神に感謝します
私のためにこんな楽しいスポーツを
作ってくれたのだから…
ペレ


サッカーについては
隅から隅まで知っている…
ヨハン・クライフ


パスより速いドリブルはない
ジョゼップ・グアルディオラ(元バルセロナ監督)


監督にはニ通りしかない
クビになった監督と
これから首になる監督だ
ハワード・ウィルキンソン(元リーズ監督)


代表監督は
マゾヒストでなければ務まらない
アーセン・ベンゲル(アーセナル監督)


私の戦術はロナウドだ!
ボビー・ロブソン(元バルセロナ監督)


トッティを本物の王子にする!
それが私の仕事だ!
ファビオ・カペッロ(元ローマ監督)


私は彼らのサイズに合った服を紡ぐ
アルベルト・ザッケローニ(2010年日本代表監督就任時)


殴られたら殴り返すスタンスではなく
一方的に殴り続けたい
奇麗な顔で終わりたい
西野朗(元ガンバ大阪監督)


自分の実力に見合う金を
出してくれる所へ行っただけだ
ルイス・フィーゴ(バルセロナからレアル・マドリッド移籍時)


ダッシュしないこと
遠藤保仁(ガンバ大阪)


足の間にボールを置いたら
後は自分でも何をするかわからない
ジネディーヌ・ジダン(元フランス代表)


トラップしようか迷ったけど
めんどくさいからシュートした
久保竜彦


ノーマークなら俺にパスしろ
1人マークがいても俺にパスしろ
2人いたら…やっぱり俺やな
釜本邦茂


今を戦えないものに
次とか来年とか語る資格は無い
ロベルト・バッジョ(元イタリア代表)

■番外
言葉とは「何を言うか」ではなく
「誰が言うか」に尽きる
その「誰が」に値する生き方をしたい
イチロー

遠藤保仁が言っている
「ダッシュしないこと」というのは含みがある言葉です。
トップスピードで走るほど視野が狭くなります。
廻りをよく見ながら
ほどほどのスピードで走り続けることが
ボランチというポジションの真骨頂があります。
「鷹のような目」を持ちたいとかたっていた
鹿島の柴崎岳選手とよく重なるな。

ロベルト・バッジョは
私が尊敬するフットボーラーのひとり。
「今を戦えないものに
次とか来年とか語る資格は無い」
という言葉は、
満身創痍の中で戦った
94年アメリカW杯の彼の姿を思い出させます。
これはジーコ・スピリッツにも通じます。
1997年の最終節の大逆転のリーグ優勝や
311大震災で被災したにも関わらずナビスコ杯優勝できたことは
気持ちの強さがもたらしたタイトルでした。
逆境であっても、
サッカーでは
戦うのは、“今”でしょ~!


スポンサーサイト

思い出のカンプ・ノウ

2011.12.15.Thu.17:40



今晩は、FIFAクラブワールドカップの準決勝、
アルサド(カタール)×FCバルセロナ(スペイン)の試合を
楽しみにしています。

2003年春にモロッコとスペインを2ヶ月ほど外遊しました。
その時、バルセロナには10日ほど滞在しましたが、
ホームのカンプ・ノウで運よく2試合ほど生観戦できました。

9万人を収容するスタジアムは圧巻でした。
ちょうど、カシマスタジアムが二つ分、
タテに重なったイメージです。
座席は、クラブカラーの
赤と青になっています。

上の画像は、
FCバルセロナのフットボール・ミュージアムを
見学している時に撮ったものです。

2004年の夏、国立競技場で、
鹿島アントラーズはバルセロナと親善試合をしました。
ロナウジーニョが絶頂期だったバルセロナは
本当に強かったです。
この試合で、あのメッシが
途中出場してゴールを決めていました。

そのメッシが、今夜、
クラブワールドカップで
どのようなプレイを見せてくれるのか
実に楽しみです。

古豪ジュビロのナビスコ杯優勝

2010.11.03.Wed.17:58
Jリーグ・ナビスコ杯の決勝を
テレビでみました。
延長の末、ジュビロ磐田が優勝。

ジュビロ磐田5-3サンフレッチェ広島(@国立)

両チームとも勝ちたい気持ちが
よくでていた試合でした。
しかし好ゲームとは言えないですね。
試合内容がちょっと大味でした。
点が入りすぎると、
緊張感がやや薄れてしまう(苦笑)

しかし、
私は鹿島アントラーズを
熱心に応援していますが、
かつての二強時代のライバル磐田の優勝に
「おめでとう」とは言いたいです。

「最強」といわれる時代をつくったクラブほど、
世代交代はむずかしいといわれています。
鹿島もしばらくタイトルを
とれない時期がありました。

さらに磐田は
J2との入替戦をするまで
戦力ダウンしてしまったことがありました。
そこからよく這い上がってきて
タイトルをとったと思いますよ、ホント。
応援していたサポーターにとって
格別の優勝の美酒でしょう。

しかし、「古豪の優勝」とは言えますが、
「古豪の復活」とは言えないのが
ジュビロの辛いところでしょう。

自分たちが応援するクラブは
強かろうと弱かろうと、それぞれに
楽しみ方があると言われていますね。

①常にリーグ戦で上位にいて
 優勝争いをするクラブを応援する楽しみ方。
②常に中位を維持する力はあるけれど、
 リーグ戦優勝にはなかなかからめない。
 しかし一発勝負のカップ戦(天皇杯・ナビスコ杯)では
 優勝できる可能性あり。それに期待する楽しみ方。
③常に下位で、J1リーグの残留争いをしているけれど、
 ハラハラドキドキの綱渡り的な楽しみ方。
 残留しても、降格しても涙ありき。

今回のジュビロ磐田の優勝は
典型的な②ですね。
私の鹿島、常に①でいられるように
一生懸命に応援するぞ。

まずは日曜の名古屋戦は
絶対に勝ちたい(^o^)v

私のブログを読んでくれた方、
ここをクリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

 ┏┓     
 ┃┃
 ┃┣┳┳┓   
┏━┓┃┃┃   
┃━┛┻┻┛  
┗┓  ┏┛

サッカーの切手を買った~♪

2010.06.09.Wed.16:51
今日、ウチから徒歩3分の郵便局へ
切手を買いに行きました。
領収書や請求書を郵送するのに、
意外に切手を使います。

窓口を見ると、
なんとサッカーの記念切手が
売られていました。
南アフリカW杯の記念切手シートが2種。
買ってしまいました。

このような切手が貼られている封書をもらったら、
サッカーファンはうれしいでしょうね。
私は切手収集はしていないので、
そのうち使ってしまうでしょうね(笑)

シートのひとつは
南アフリカW杯を記念したもの。
↓↓↓↓↓↓


もうひとつは
歴代の大会のポスターと
W杯のトロフィーの図柄です。
↓↓↓↓↓↓


歴代ポスターの中で
デザインが秀逸なのは
90年のイタリア大会だと思いました。
コロッセオの中で
サッカーが行われているデザインです。
この大会で優勝したのは、
マラドーナ率いるアルゼンチンを破った西ドイツでした。
↓↓↓↓↓↓


私のブログを読んでくれた方、
ここをクリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓
人気ホームページランキングへ

世界ベストイレブン2009

2009.12.23.Wed.13:44
今朝のM紙に
国際サッカー連盟(FIFA)と国際プロサッカー選手協会が合同で選ぶ
2009年世界ベストイレブンが発表されていました。

■GK
カシージャス(レアル・マドリード)西
■DF
ダニエウ・アウベス(バルセロナ)伯
テリー(チェルシー)英
ビディッチ(マンチェスター・ユナイテッド)セルビア
エブラ(マンチェスター・ユナイテッド)仏
■MF
シャビ(バルセロナ)西
イニエスタ(バルセロナ)西
ジェラード(リヴァプール)英
■FW
メッシ(バルセロナ)アルゼンチン
C・ロナウド(レアル・マドリード)葡
F・トーレス(リヴァプール) 西

★MVP
メッシ(バルセロナ)

メンバーには
それほど異論はありません。
南米の選手が2人だけというのは
意外な感じです。

11人中、スペインとイングランドのリーグで
プレイしている選手ばかりというのはビックリです。
セリエAやブンデスリーグからは
誰も選出されていません

スペインとイングランド
世界のサッカー界の「両輪」と
なっていることがよく分かります。

スペインはFIFAの世界ランキングも
ブラジルをおさえて第1位です。
世界のサッカーの覇権は
スペインにあるといってよいでしょう。
スペインのサッカー・ファンにとっては
「わが世の春」でしょうね~(笑)



私のブログを読んでくれた方、
ここをクリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓
人気ホームページランキングへ