松田華音|ピアノリサイタル @東京オペラシティ

2017.11.07.Tue.11:30
10月30日、所用で上京した日の夜、東京オペラシティで松田華音さんのピアノ・リサイタルを聴いてきました。東京から日立へ帰宅してから、とりあえずファースト・インプレッションとして以下のようにツィートしました。

「松田華音ピアノ・リサイタル@オペラシティ。組曲「展覧会の絵」が幻想曲のように聴こえてきた。随所に現れるプロムナードはライトモチーフ的。ロシアの地平や原野が透けてみえた。彼女の演奏には言葉があった。ピアノの箱を豊かに響かせる強奏、隅々まで行き渡る弱音、まさにロシアピアニズム。」

リサイタルから1週間、ちょっとバタバタしていましたが改めて感想を記します。
ちなみにプログラムは以下のようなものでした。

■松田華音|ピアノ・リサイタル
■2017年10月30日(月)19時
@東京オペラシティ・コンサートホール

♪チャイコフスキー(リスト編):ポロネーズ~「エフゲニー・オネーギン」
♪プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」より10の小品Op.75
【休憩】
♪ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」
【アンコール】
♪ムソルグスキー:古典様式による間奏曲
♪パッヘルベル/藤満健:カノン

私ごとですが、ロシア・ピアニズムへの関心が最近かなり高くなっています。もともと旧ソ連時代の代表的ピアニスト、リヒテルやギレリスは大好きでしたが、ロシア・ピアニズムという大きな括りで考えたことはありませんでした。昨年、mixiでお世話になっている音楽通の方から教えていただいたピアニスト・原田英代が著した『ロシア・ピアニズムの贈り物』(みすず書房)を読んでから、ロシア楽派の独特の響き、語るような音楽にじっくりと耳を傾けるようになりました。その奥深さに惹かれ、ロシア系のピアニストのリサイタルへ足を運ぶことが増えました。ちなみに最近、聴いたのはエリソ・ヴィルサラーゼ、イリーナ・メジューエワ(2回)、前述した本の著者で名教師メルジャーノフに師事した原田英代。そして今回は6歳からロシアへ留学していた松田華音さんとなりました。

最初の演目、エフゲニー・オネーギンのポロネーズの冒頭ファンファーレを聴いた瞬間、ああロシアの音だ…と思いました。濁りのない壮麗で豊饒な強奏は鍵盤を叩くというよりも、ピアノを木の箱として鳴らしているという感じ。と同時に、キレのあるポロネーズのリズムをチラ見してもらうことで、「ショパンのポロネーズも上手に弾けますよ」という彼女からのメッセージが付いていたかのようでしたw。

一方で、プロコの「ロミ・ジュリ」は金属的な強奏と、官能的な弱奏が印象的でした。私は松田さんの背面上部の2階バルコニー席で聴いていましたが、とても軽いタッチなのに大きな音がよく響いていましたし、弱音はホールの隅々まで行きわたっていましたね。左手のバスは沈むような深い音、右手は宙を舞うような伸びやかさ。そして彼女の背中がバックリと開いた青のドレスから見えたのは、引き締まった背中の筋肉。重量奏法を弾いていることは明らか。

「展覧会の絵」の冒頭のプロムナードのところ、ロシアの民謡風の素朴なメロディの抑揚と韻律が心に残りました。最初の3小節は独唱、次の3小節はアンサンブル、次の3小節は合唱へとメロディが引き継がれているような弾き方から祈りに近い「言葉」が聴こえました。まさに音符から意味を見出し、それを言葉に置換して弾かれているかのよう…。この曲が生まれたきっかけは、ムソルグスキーの親友だった建築家の遺作展でみた様々な絵画の印象だったので、“組曲”とされていますが、私は人の心の動きを映し出したような“幻想曲”のように感じられました。曲中、何度も繰り返し出て来るプロムナードのフレーズはワーグナーのオペラに見られるライトモチーフのようでした。ムソルグスキーの魂の幽体離脱?おそらく松田さんなりの文学的なイメージが「展覧会の絵」に重ねられていたのはまちがいないでしょう。私はロシアの凍土とその地平のイメージが通奏低音のように流れていたように感じました。

それとプログラムに意図を感じました。前半の2演目の原曲はオーケストラのためのものです。「エフゲニー・オネーギン」はチャイコフスキーの代表的なオペラだし、「ロミ・ジュリ」も有名なバレエ曲です。漫画「のだめカンタービレ」が映像化された時に指揮者シュトレーゼマンのライトモチーフのように使われていました。一方で後半の「展覧会の絵」はピアノが原曲であるにも関わらず、ラヴェル編のオーケストラ版の方が有名になってしまっています。
これは私の推察ですが、松田さんはオーケストラでお馴染みの曲をピアノで演奏することで、ピアノの可能性や多様性を感じ取ってもらいたいという意図があったのではないかと…。私はそのことは十分に成功していたと思います。ピアノでオーケストラを演じていました。
もうひとつ、3曲通じて感じたことは、通奏低音のように「鐘」のような音がゴーン・ゴーンと響いていたような気がしたこと。楽譜にはない音なので不思議でした。これはちょっと謎ですが、私が想像するにはいわゆる「オーバートーン」のようなものでしょうね。

アンコールの2曲目は、パッヘルベルの有名な「カノン」をリスト風に超絶技巧に編曲したものでした。重たい曲をずっと聴いてきたので、シャーベットのような涼しいな軽めの曲を耳が欲していたのですが、濃厚な生クリームが利いた曲をもってきました。「華音」という音楽をすることを運命づけられたお名前にかけた「カノン」が彼女の名刺代わりなのでしょうか。

もし次に松田さんの演奏を聴く機会があるなら、ハイドンやモーツァルトを聴いてみたいと思いました。ロシア音楽のような感情が詰まった音楽ではなく、それらよりもずっと素形の音楽です。楽譜から何を読み取り、どう言葉にしてくれるのか?

私は松田さんの演奏から、ロシア・ピアニズムを根とした「大樹」が伸びつつある印象を持ちました。彼女はロシアの奏法を十分に体現できる力を持ち合わせていると感じました。次のステージは、さらなる音楽の高みへのアプローチでしょうね。それに必要なのは人生経験とさらなる研鑽でしょうか。まだ二十歳そこそこですからね。期待しています。

DSCF6567ppp.jpg
2017103018540000p.jpg
スポンサーサイト

藤山一郎が歌うクラシック

2017.10.22.Sun.22:40
超大型台風が接近している休日、
不要不急のの用事もないので
自宅でおとなしくしています。
(衆議院選挙の期日前投票へ行っておいてよかった!)

午後、FMラジオで放送されている「きらクラ」という
ゆるいクラシック番組を聴きながら、
パソコンと囲碁対局をしていました。

すると、チャイコフスキーの弦楽四重奏曲第1番の
第2楽章「アンダンテ・カンタービレ」の有名なメロディが
「春の花束」という歌として流れてきました。
歌っているのは藤山一郎。ビックリ!
正確無比な歌い方はあまり面白味を感じませんが、端正で清潔感はありますね。
日本語(野上彰作詞)がメロディに上手に付けられていますが、
このメロディはどちらかというと秋から冬向きではないかと思いました。
藤山さんって、「東京ラプソディ」や「長崎の鐘」など
流行歌謡の歌手と思っていたら、
声楽をキチンと勉強した方だったようです。

you_tubeを検索してみたら動画がありました。
昭和27年の録音です。

https://www.youtube.com/watch?v=nu_IRw1vFT8





「藤山一郎 クラシック」でおもしろ半分で検索してみたら、
シューベルトの未完成交響曲の第1楽章に歌詞をつけて
ジャズ・アレンジで演奏している動画も発見。
題名は「愛のともしび」。
昭和24年の録音なので、
私が生まれる前のものであるにもかかわらず
とても懐かしい昭和サウンドのように感じられます。
数日前の報道で、2019年3月に天皇陛下がご退位になるとのこと。
つまり1年半後には「平成」が終わります。
さらに「昭和」が遠くなりますね。
音で昭和を懐かしむことって、今度、増えそうです。

私のひと世代上の方々が
9月末までに放送されていた
昭和40年前後の様子を描いた朝ドラ「ひよっこ」を
とても懐かしがっていた気持ちが理解できます。

https://www.youtube.com/watch?v=uq9eV-LvDQY

ベートーヴェンとアイスクリーム

2017.10.20.Fri.14:53
今日は終日、事務所…というか自宅でゆっくりしています。
お昼どき、冷蔵庫の中にあった半端に残った食材を消費するために
チャーハンをつくっていた時のことです。
ちょうどTVをかけていました。

ちなみに中華系の料理は「味覇」という調味料をつかうと失敗しません。
この「味覇」のCMに“ドクターX”を演じている女優さんを起用して
「私、料理には失敗しないんで…」と言わせてみたい。

話を戻します。
フライパンを振るいながらチャーハンをつくっていると
テレビからピアノであるメロディが流れてきました。
ドシラソファファミ〜、ソミドドドレミ〜

アレッ?
昼どきにクラシック音楽の番組やっていたかな?と思ってしまった。
それはベートーヴェンのピアノソナタ第31番変イ長調作品110の第2楽章の冒頭。
こんな曲、ひる時にTVで流れるなんて、
ちょっと考えられませんからねw。

ベートーヴェンの激しいメロディをBGMにして
AKBとか乃木坂なんちゃらとか言うアイドルグループの可愛らしい女の子が
アイスを食べているCMって、なかなかにミスマッチ。
アイドルのことは全然分からないけれど、
ベートーヴェンのことは、とりあえず知ってる。

でも、いいように考え直すと、
このメロディの熱っぽさで、
アイスが口の中で溶け広がるイメージとしたら
まあまあ納得できます。

実は32曲あるベートーヴェンのピアノ・ソナタで、
私は一番好きなのがこの第31番なので間違えるはずないのです。
8月に上野で、イリーナ・メジューエワのリサイタルで聴いたばかりです。

検索してみたら、you_tubeで、そのCMを発見しました。
アイドルたちに

「ケーキなの?アイスなの?」と問われたら、
「ベートーヴェンじゃん!」と言ってやりたいです。

https://www.youtube.com/watch?v=nL_ENpdcZY4

リスト編のピアノで聴くベートーヴェン交響曲

2017.09.13.Wed.19:52
私が運転中によく聴くCDのなかに、ロシアの技巧派ピアニスト、コンスタンティン・シチェルバコフが弾くヨハン・シュトラウスのウィンナー・ワルツのピアノ編曲集があります。シュトラウスの流麗なメロディをマックス・レーガーやアルフレート・グリュンフェルト、エドゥアルド・シュットら20世紀の作曲家が超絶技巧と新感覚を駆使して編曲したものが入っています。そのコンスタンティン・シチェルバコフが弾いたリストがピアノ独奏のために編曲したベートーヴェンの交響曲全集を最近、買いました。原曲の交響曲全集は数セット(本当はいっぱいある)持っていますが、まだピアノ編曲版は持ってなく、いつか買いたいと思っていました。

ざっと聴いてみて思ったのは、初期の1~2番と4番の交響曲のピアノ編曲版がオリジナルのピアノ・ソナタように感じられたことがおもしろかったですね。特に交響曲第2番の2楽章。美しいメロディを持った楽章で、最後がフーガになっています。ピアノ版で聴くとベートーヴェンの中期のピアノ・ソナタの香りが感じられました。3番以降の交響曲にくらべて、シンプルなつくりだからでしょうかね?第6番「田園」もピアノにハマっていたと言えるでしょう。私が「音の風景画家」と考えているメンデルスゾーンの無言歌的な響きが聴こえてきました。9つの交響曲を通して聴いてみると、緩徐楽章やスケルツォがいちばんピアノの収まりがよいかもしれませね。
ちょっとおかしかったのは、3番「英雄」の第4楽章。私、リストのロ短調ソナタに聴こえてきた一瞬がありました。リストは自分の音楽をベートーヴェンに重ねたのでしょうか。

昔、ベートーヴェンの生涯を描いた映画では、難聴だったベートーヴェンが片方の耳をピアノに当てながら、音を確かめるようにピアノを弾いていたシーンがありました。またウィーンを外遊した時、エロイカ・ハウスでベートーヴェンが弾いたとされるピアノも見てきました。しかし、リスト編のような音は直接、聴こえていなかったはずです。でも彼の脳裏では、これと同等の音が響いていたのかなぁ…と想像してみました。

そう言えばリストは、「ボン・ベートーヴェン記念碑除幕式のための祝祭カンタータ」という曲も作っていました。リストはベートーヴェンを尊敬していたのでしょうね。そうでなければ、交響曲を全部、編曲するようなことはしないでしょう。

DSCF6470zzz.jpg

イリーナ・メジューエワが弾くオール・ベートーヴェン・ピアノリサイタル

2017.08.29.Tue.20:24
私、6~8月はちょっと忙し気味で、せっかく聴いた音楽会の感想も書けないままでいました。たとえば原田幸一郎氏らの室内楽@紀尾井ホールやゲルギエフ指揮によるPMFオーケストラ@ミューザ川崎など。数週間経ってしまうと、記憶が薄れていってしまうのですが、何かに関連付けてその時の感想も付記したいと思っています。

先週の土曜日(8/26)は、イリーナ・メジューエワの日本デビュー20年記念リサイタルを聴くためだけに上京しました。これだけは、何か書いておかなければいけません。

■イリーナ・メジューエワ
 日本デビュー20周年記念リサイタル Vol.1  
■2017年8月26日(土)@ 東京文化会館小ホール
■オール・ベートーヴェン・プログラム
ベートーヴェン|ピアノ・ソナタ第27番 ホ短調 Op.90
ベートーヴェン|ピアノ・ソナタ第30番 ホ長調 Op.109
【休 憩】
ベートーヴェン|ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 Op.110
ベートーヴェン|ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 Op.111
【アンコール】
ベートーヴェン|6つのバガテル~第5曲 Op.126-5

3月にメジューエワのオール・シューベルト・プログラムのリサイタルを銀座のヤマハ・ホールで聴きましたが、たいへんによかったので、入場時に配られたチラシの中にあった8月のオール・ベートーヴェン・プログラムも聴きたくなりました。まずプログラムがいい。27番はベートーヴェンの中期を締めくくる曲。そして30~32番は最晩年の大傑作。ピアニストとしてある領域へ達していないと人前では弾けないようなプログラムです。

今回の演奏会でも、メジューエワはロシア・ピアニズムの真髄を聴かせてくれました。重量奏法による力強い響き、ホールの隅々まで響きわたる極めて弱い音、そして「語る」かのような歌いまわし。私はこういう演奏が好きです。メジューエワはパッと見は可憐で少女の面影を残す印象ですが、それとは真逆の骨太なフォルテッシモを響かせる度に意表を突かれた感じがしますw。

私は3月のリサイタルでメジューエワのピアノは遠めの方がよいと感じたので、この日はセンターの後方の席を取りました。演奏会の冒頭、まず「オッ!」と思ったのは、第27番の強い打鍵ではじまる短い序奏のところ。ピアノの音がまったく割れず伸びやかに美しく響きわたりました。そういえばプログラムにこの日は特別のピアノで弾かれる旨の記述がありました。1925年製のスタインウェイのCD135という銘器。メジューエワは、この序奏のところ、過去の思い出を振り切るような屹然とした弾き方でした。第2楽章は優美なメロディが印象的に弾かれました。やはり最弱音もとてもよく響きわたっています。私は彼女が紡ぐ弱音が好きです。楽譜から言葉を紡いでいるような弾き方が好きだからです。と同時に、3月に聴いた彼女のシューベルト・プロのリサイタルの時のことを思い出しました。なぜなら2楽章がシューベルトを思わせる切なく流れるような歌い方だからです。というか、後輩シューベルトがベートーヴェン先輩の27番を聴いていたということでしょう。この楽章を聴いた後に続く30番の冒頭もとても軽やかです。音楽の流れをよく考えた構成でしょうか?メジューエワの弾く30番も第2楽章の澄み切った単純なメロディを、「祈る」ように弾いていました。こういうところって、ピアニストの真骨頂だと思っています。

休憩時間にトイレに行った時に気づいたのですが、男性トイレに長い列が出来ていました。しかも初老の方が多い。マーラーやブルックナーの長大な交響曲の演奏会は男性の割合が高いので異例にトイレが混みます。たしかに3月も男性率が高かった。メジューエワはなぜか男性に人気があるようです。ホールを見渡すと6割ぐらい男性客。メジューエワは確かにロシアの妖精のような色白で可憐な女性ですが、彼女の音楽に対する姿勢は、たいへんにストイックです。トイレの列では、mixiでお世話になっているGRFさんに会いました。やっぱり来ていらっしゃった。約束した訳ではないのに、GRFさんとはコンサートでよくお会いします。
 
後半は私が大好きな31番変イ長調からです。序奏が讃美歌のように弾かれた後、清らかで澄んだメロディが続きます。どことなくメジューエワは何かを追想しているかのよう。それは第1楽章や3楽章のフーガが、ただ互いに追いかけあっているだけでないように聴こえたからです。私、この曲はベートーヴェンが自分自身のために書いた曲じゃないかと思わせるようなメジューエワの演奏でした。それと印象的だったのは、右手だけで単純な二声のフーガ風に弾いている時など、片方の休んでいるはずの左手は何かを演じているかのように宙を漂っていました。休符であっても、楽譜の休符の中に何か「言葉」のようなものを読み取っていたのでしょうか?実はこの日ものメジューエワは楽譜を見ながら演奏していました。彼女ほどのピアニストなら暗譜でも弾けるのに、なぜ楽譜を置いているのか?終演後、その件についてGRFさんの意見は、「記憶して弾く時に起こりうる曖昧さや、記憶に頼るとどうしても出てしまう主観を嫌ってメジューエワは楽譜を見るのではないか…」ということでした。私も、楽譜に忠実に弾くという態度には、音楽家としての「良心」を感じます。あの大巨匠スヴァトラフ・リヒテルでさえ、晩年は楽譜を置いてピアノを弾いている姿を30年ぐらい前に私は目撃しました。抜群の記憶力を持つというリヒテルが楽譜を置く理由は、楽譜で求められている音と老化によって実際に聴こえる音が違ってきたためだと青柳いずみ子氏の著作で読んだことがあります。

そして最後は32番ハ短調。私、この曲をいろいろな演奏家で聴いてきましたが、メジューエワの演奏を聴きながら、なぜかリストのロ短調ソナタが聴こえてくるかのような不思議な経験をしました。音と音の間合い、ポツッ、ポツッと叩く間合い、響きの厚さがリストのソナタと似てた。これって、リストもこのベートーヴェンの32番を聴いていた…と私は考えました。この日のメジューエワのベートーヴェンのソナタを振り返ると、ベートーヴェンの音楽からバッハやシューベルトやリストが聴こえてくるというのは、彼女は音楽の時空をタテ糸とヨコ糸でしっかり紡いでいたと言えるのではないでしょうか。

帰路、気づいたのですが、今回のプログラムの4曲は、順に2楽章→3楽章→(休憩)→3楽章→2楽章になっています。休憩を(鏡)とすると前後半が対称形です。これは偶然なのか、メジューエワが意図した構成なのかは分かりませんが、美学のようなものが感じられて嫌いじゃないですw。

この日は蒸し暑かったのですが、はるばる日立からこのリサイタルを聴きに行ってよかったです。私が演奏会をすばらしくするための3要素(①演奏内容、②主催者のホスピタリティ、③聴衆の聴く態度)がそろっていたからです。メジューエワの演奏は言うまでもありません。よく調整されたヴィンテージ・スタインウェイを用意してくれた主催者。またタテ書きによる和風のプログラムも斬新な感じがしました。それと高い集中力で演奏を聴き入っていた聴衆。今年聴いた演奏会ではもっとも感銘を受けました。