「鈴降稲荷」をたずねて…“ひよっこ”回想2

2018.02.17.Sat.12:39
2/12に上京した時、竹橋の近代美術館で熊谷守一の回顧展、新浦安で河村尚子のピアノリサイタル、青山のギャラリーで会田誠展とめまぐるしく移動。時間は夕方6時半。時間があったらもうひとつたずねてみたい場所が赤坂にありました。それは昨年放送された朝ドラ「ひよっこ」の舞台となった赤坂・あかね坂商店街の洋食店「すずふり亭」の名前の由来となったと思われる鈴降稲荷です。

ここ鈴降稲荷の縁起は「ひよっこ」のドラマでもアニメーションで少し紹介されました。祠の前の説明では、戦国時代、本能寺の変が起き、たまたま大阪に滞在していた徳川家康が伊賀超えをして難から逃れようとしました。家康は逃亡を手助けしてくれた伊賀の人々を江戸に呼びよせ、最初は四谷に土地を与えて住まわせ、後に赤坂に移り、ここに祠を建てたとあります。

私は「すずふり亭」の女主人・牧野すず子(演:宮本信子)の名前に由来するのかなと思っていましたが、今思えば、ダブルミーニングだったようですね。原作者はいろいろ考えていたようです。「ひよっこ」の主人公みね子は、高校を卒業後、「金の卵」として上京、しかし最初に就職したトランジスター工場が倒産すると、縁があったすずふり亭でウエイトレスとして働きはじめます。すずふり亭の勝手口側とみね子が住むアパート・あかね荘の間に裏庭があり、そこはすずふり亭の従業員の憩いの場になっていました。まさにそこに小さな祠(ほこら)がありました。それが鈴降稲荷。今回、私が訪ねた場所にすずふり亭を想定していたと考えられます。

この鈴降稲荷は、ネットでも話題になっていて、情報も手軽に入手できました。場所はだいたい見当をつけていました。賑やかな一ツ木通りからTBSの北側のちょっとさびしい通りを歩いてゆくと、すぐに見つかります。真っ暗だったので、よく観察は出来ませんでしたが、マンションの敷地内の2坪弱のスペースにひっそりと祠がありました。赤坂という地にありながら、この一帯はどことなく昭和の下町の雰囲気がまだ残っているような気がします。ドラマとはかたちが異なりますが、昭和30~40年代の赤坂の雰囲気は十分に感じられます。先日、みね子の実家となったロケ地を茨城県高萩市でみてきましたが、架空のお店であっても、鈴降稲荷でドラマの雰囲気を感じることができました。訪ねてみてよかったです。(写真はストロボを使いました。)

かつてウィーンへ行った時、私が敬愛する作曲家モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトらが住んだ家を訪ねたりしましたが、まさかお気に入りにのドラマに関わる場所へ行ってみたいと思うとは自分でもビックリですw。

DSCF7253ss.jpg
DSCF7259ss.jpg
DSCF7255ss.jpg
DSCF7256ss.jpg
スポンサーサイト

福井県の豪雪と偏西風の蛇行

2018.02.07.Wed.11:04
豪雪と偏西風の蛇行
今、北陸(特に福井県、石川県)がたいへんな豪雪になっているようです。先月1月22日の関東の大雪の比ではありません。この豪雪の遠因は偏西風の蛇行と言われています。たしか4年前の甲府豪雪も偏西風の蛇行が遠因だったはず。偏西風の蛇行の原因を遡及すると、地球温暖化へたどり着きます。私がいる建築業界でも地球温暖化を憂慮して国交省が主導して建築の低炭素化に取り組んでいます。20年ぐらい前、「グリーン庁舎」というコンセプトの合同庁舎を設計したことがあります。LCCO2を極力削減できる工法をいろいろ探りながらの設計でした。地球全体からみたら、ひとつの建築のLCCO2の削減量は微々たるものなので、地球全体の中でこれがどこまで効果があがっているのかちょっと疑問ですが、やらないよりはやったほうがよい。地球温暖化による異常気象が続いているので、地球が壊れてきた実感を感じています。

冬季五輪ごとにやってくる豪雪がやってくるのも不思議。4年前の甲府豪雪の時、関西へ出張中でした。神戸空港から茨城空港へ戻る機内からは、富士山キレイ!と思った後に、甲府盆地が雪ですっぽりと埋まっている姿を確認しました。今の北陸もこんな状態と想像します。雪害などが起こりませんように。

7886422_2049996909_34large.jpg

母83歳の誕生会

2018.01.23.Tue.16:03
1月11日は私の母の83歳の誕生日。昨日1/20に妹家族と一緒にささやかの誕生会をしました。昨年、発表された日本人女性の平均寿命は87.14歳。「少なくとも平均寿命以上の米寿まで頑張るように…」と私が目標設定をしましたw。
誕生会などのパーティでは、私はケーキ係、妹は食事係です。
鮮度がよく美味しい刺し身を食べたい時、私たちが利用する魚屋は、住宅地の中でひっそりと営業している知る人ぞ知るお店です。パッと見では、魚屋であることが分かりません。昨日の刺し身は、サバ、コハダ、サヨリなど“ひかりもの”がきわめて美味しかったです。

yDSCF6998.jpg

バースティケーキは、“フルーツケーキ”というリクエストがあり、私が水戸で評判のお店にオーダーしました。プレートに書く母の名前を漢字で説明すること、ちょっと厄介なので、今年も英語表記にしてしました。ケーキを受け取った時、手違いがあって間違っていたら嫌だからです。FAXで教えるのも面倒。
母の名は、「糸」へんに妥協の「妥」と書いて「綏子」と言います。この名前をズバッと読める人ってほとんどいません。母の学生時代、教員時代、これまでまともに読まれたことがない!といつもブツブツ言っていました。「綏」という字を使った名前を持つ方、私が知る限りでは、これまで2人しか知りません。2代天皇の綏靖天皇(すいぜいてんのう)と、故羽田元総理大臣の奥様が「綏子」さん。祖父が、どこかの神社の神主さんからもらってきた名前だそうです。

yDSCF6992.jpg
yDSCF6997.jpg


私の興味は、ご存知の通りケーキの断面です。予想通りイチゴでした。
yDSCF7004.jpg

夕暮れと富士山

2018.01.10.Wed.01:10
1月9日火曜は所用で上京していました。
夕方5時ごろ、ある高層オフィスビルにいました。
ちょうど富士山の裾野に夕陽が沈もうとしているところです。
残念ながらカメラを持参していなかったので
ガラケーで渾身の撮影。
それなりに雰囲気だけは出たかなw。
右手の方に富士山の輪郭を確認できますか?

2018010916420000fj.jpg

うれしい「お年玉」感覚

2018.01.07.Sun.00:44
いい歳なので、お年玉はあげることはあっても、もらうことはありません。でも新年早々に喜ばしいことがあると、お年玉をもらって嬉しい子供のような感覚を持つことも少なくないと思います。2018年の正月、思いかけず嬉しいことが2つありました。

■若冲の「お猿の風呂敷」ゲット
年頭、時々買う美術の雑誌を買ったら、付録が付いてきました。それは伊藤若冲が描いた「猿猴捕月図」をモチーフにした風呂敷が入っていて、昨年から風呂敷のおもしろさを再発見した私は萌えました。「若中サルグラム風呂敷」と言うそうです。ピーコックグリーンが鮮やかで大きさが70センチ角で使いやすそう。箱を包んでみたり、レジ袋代わりのバッグにしてみたり遊んでみました。ちなみに「猿猴捕月図」は、水面に映る月影に手を伸ばす手長猿の親子が描かれています。力に余る大望の愚かさを風刺した禅の概念だそうです。

DSCF7002jk.jpg
DSCF7003jk.jpg
DSCF7009jk.jpg

■■内田篤人選手が鹿島アントラーズに復帰
私が熱心に応援している地元のサッカークラブ、鹿島アントラーズへドイツ・リーグで活躍していた内田篤人選手が完全移籍というのも嬉しい知らせでした。彼は鹿島がリーグ3連覇した時、不動の右サイドバックで、かつ元日本代表。甘いマスクで女性に人気があった選手です。ドイツでは膝の怪我で出場機会が減っていたようですが、アントラーズ・レジェンドの復帰は戦力以上に、若い選手に与える影響が大であることは間違いないです。鹿島から欧州へ移籍した選手は、なぜか鹿島へからなず帰ってきます。これはクラブへの帰属意識が高いことを示しています。
インスタには新ユニを着た内田選手の画像がアップされていました。来年は背番号2のユニを買おうかなw。

uchida02.jpg