サツキ・ピン子

2017.06.21.Wed.15:33
所用で雨天の中、外出していました。
ちょうど雨が小降りになった時、
わが家の墓地がある霊園近くを通りかかりました。
気が向いて、父が眠るお墓へ寄ってみる気になりました。
阿川佐和子著『強父論』を読んで、
その感想を書いたばかりだったからかもしれません。

わが家から霊園までは車で15分ぐらいの距離ですが、
私は年4回(盆・正月・春秋のお彼岸)しかお墓参りへ行きません。
6月に行くことは異例中の異例。
行ってビックリ、
わが家の墓地内のサツキが
ピンク色に染まっていてとてもキレイでした。
このお墓は30年ほど前、私が学生の時に設計したものですが、
サツキが好きだった父のために、植えるスペースを設けました。
しかし実際にサツキが咲いている様子を初めて見ました。
手入れなどしていないのに、
このように毎年、花が咲いているのかと思うと
なんとも申し訳ない気持ちになってきました。

あっ、タイトルを「サツキ・ピン子」としたのは
「五月みどり」を下敷きにしています。
サツキ・ピンクではひねりがないからですw。

読んだばかりの『強父論』には、
著者の父で作家の阿川弘之氏は
自分の息子や娘の名前は、他人様のお墓から拝借したそうです。
産院へ自転車で行く途中、通りかかった青山墓地で見かけて決めたと書かれていました。
しかし佐和子ではなく、麻子という案もあったらしい。
著者・佐和子氏が生まれた時、父親は麻雀をしていたからだそうです。

そういえば私が小学生の時
自分の名前の由来を作文にするという宿題がでたことがあります。
私は父に訊いても、「自分で想像して書きなさい」と教えてくれませんでした。
漢和辞典で「聡」という字の意味を調べながら、なんとか宿題を出しました。
今、思うと悔しいので「父がお墓から拝借してきた」ぐらい書いてやってもよかったかなw。
聡明になれたかどうかは分かりませんが、
「耳」を持つ字なので、おかげさまで音楽は好きになりました。

DSCF5985aaa.jpg
スポンサーサイト

「母の日」なのでカーネーションと撮ってみる

2017.05.14.Sun.11:10
今日は「母の日」です。
母が通っているデイ・サービスから
カーネーションをいただきました。

よい機会なのでワタシは写真撮影の練習です。
「花」の撮影って、意外にむずかしい。
液晶テレビの黒いスクリーンの前に牛乳瓶に刺したカーネーション…
というシンプルな撮影環境ですw。

これは、フジのポジ・フィルム独特の色合いの「クラシック・クローム」
私はこっちの方が好きです。
DSCF5558pp1.jpg


これは、発色が鮮やかで階調がある「ヴィヴィッド」
DSCF5560pp2.jpg

手間いらずの花々…フリージアとローズマリー

2017.04.30.Sun.10:53
数日前の夜、わが家に来た宅配の配達員の方が、
「とても甘い花の匂いがしますね…」と言ってきました。
「暗くて見えなかったと思うけど、それフリージアの香りです。」と返答。

毎年、この時期になると
わが家の庭の黄色いフリージアが咲きますが、
いつも強く甘い芳香を放っています。
まるで南国のようです。
でも誰も世話をしていません。
世話いらずのフリージアw。
フリージアのフリーは、
メンテナンス・フリーという意味ではないようですが…w。

DSCF5413ff.jpg

フリージアの近くのローズマリーも
うす紫の花が咲いていました。
ホームセンターで買ってきた10センチぐらいの苗だったのが
1mを超えるぐらい巨大化しています。
植えっぱなしで、手入れをしたことがありません。
薄情な私…。
ローズマリーは花というよりもハーブです。
肉や魚を焼くときに、生のローズマリーで臭みを消しています。
「花より団子」としてみている可哀想なローズマリー。
縦に長い花は撮影が難しいですねw。

DSCF5416ff.jpg

ピンク・イエロー・ブルー

2017.04.17.Mon.16:56
ピンク・イエロー・ブルー
春って、ほんとうに色彩的ですね。


上野公園の夜桜
DSCF5033fb.jpg

久慈川河川敷の菜の花畑
DSCF5300fb.jpg

ひたち海浜公園のネモフェイラ(2016年撮影)
昨年、ここへ行った日に熊本地震が起きました。
7886422_2208575971_158large.jpg

真央ちゃんと大須つながりの私

2017.04.13.Thu.18:09
昨日(4/12)、フィギュアスケートの浅田真央選手の引退会見をTVで見ました。
彼女の受け答えの様子をみながら、品格のようなものを感じました。
アスリートとしても、人としても立派な会見でした。
フィギュアスケートにそれほど関心が高くない私であっても、
可愛らしい少女が大人の女性に成長していく姿を感じながら、
トリプルアクセルに果敢に挑戦する時はドキドキしながら応援していました。

昨夜の特集番組で、
名古屋出身の浅田選手の所縁のある場所も映りました。
試合前に必ずお参りに行くという大須観音。
そして練習をしていた大須スケートリンク。
ここは伊藤みどり選手や安藤美姫選手らも通ったところです。

私、1998-2002年に名古屋に勤務していた時、
その大須の賃貸マンションに住んでいました。
栄にある事務所まで自転車通勤をしていました。
毎日のように大須スケートリンクと大須観音の前を通っていました。
ひと目でフィギュアスケートをやっていると思われる小学生たちが、
大須のコンビニでおやつや飲み物を買っている様子をよく見かけました。
練習着でコンビニまで来ている子もいました。
あの少女たちの中に、当時小学5~6年生だった真央ちゃんもいたでしょうね。
大須で真央ちゃんとニアミスを何度もしていたと思いますw。
真央ちゃんがトップアスリートになったのは私が名古屋を離れてからです。
そういうこともあって、真央ちゃんには親近感がある私です。
昨晩、名古屋をとても懐かしく感じました。

競技者としては引退してしまいましたが、
いつかアイスショーで彼女の演技を見てみたいと思いました。

世界中には真央ちゃんファンが多いようですが、
鉄拳さんという方がつくったパラパラ動画が
今、話題になっているようです。
真央ちゃんを応援する気持ちが感じられます。

https://www.youtube.com/watch?v=BaEh2IjHCJg