FC2ブログ

横浜遠征その3「神奈川県立音楽堂」

2020.01.23.Thu.10:40
1/13の横浜遠征記の最後は神奈川県立音楽堂についてです。

桜木町駅から紅葉坂を登っていくと音楽堂が見えてきます。坂を見下ろすと、横浜みなとみらいの高層ビル群が見えます。私が聴いたエリソ・ヴィルサラーゼのピアノ・リサイタルが行われたこの音楽堂は、隣接する県立図書館とともに1954年に開館しました。設計は前川國男。彼はフランスの巨匠ル・コルビュジエに師事し、後に上野の東京文化会館を坂倉準三や吉阪隆正らとともに設計しました。この築65年の音楽堂は、クラシック音楽を主に聴くという点では、わが国でもっとも古いものと言えそうです。
私が横浜市鶴見区に住んでいた25年前は、時々、ここへ音楽を聴きに来ていましたが、今回はそれ以来の訪問となりました。

aDSCF0787.jpg



外観はコンクリートとガラスのシンプルな構成。ひと昔前のモダニズム。全体のバランスがいいのは、ル・コルビュジエのモジュロールの考え方を採用したからかな。スケール感も悪くない。屋根部の手すりに穴開きの化粧コンクリートブロックを採用しているのも古風。コンリートはなかなかキレイに打設されていました。昔の職人さんが丹精こめて作った感があります。柱や梁の寸法が、今よりも1〜2サイズ小さい感があるのは時代差でしょうか。

aDSCF0810.jpg



このホールは風除室を通るとすぐにチケットのもぎりがあります。だからエントランスホールがホワイエを兼ねるかたちになっています。モダニズムは基本的には素材の色を活かすのが通例ですが、ポイントになるところを着彩するのは師匠ル・コルビュジエに通じてますね。ラ・トゥーレットの修道院もそうだった。

aDSCF0809.jpg


ホワイエの吹き抜けは斜めになっているのは、ホールの客席の形状がそのまま表れているからです。ホワイエはガラス張りなので、外部と一体化して開放的になっているのは、今では普通ですが竣工した65年前は画期的だったでしょうw。吹き抜けに設置された階段、今だったら鉄骨で軽快に設計するのが主流ですが、ここではわざわざ手間がかかる鉄筋コンクリートでつくられています。床材はテラゾー。これは、今ではほとんど使われなくなった人造石の研ぎだしです。

aDSCF0800.jpg
aDSCF0802.jpg

ホールは木質系の材料。シンプルで清楚感があります。
ステージ最前列から最後尾まで傾斜になっています。

竣工当時は「東洋一の響き」と評したホールで、リヒテル、ギレリス、ルプー、ニコライエーワ、プレトニョフらロシア楽派のピアニストも多数、出演したそうです。バブル以降、わが国のコンサートホールは「残響2秒(満席時)」「2,000人収容」を目標に設計されてきましたが、必ずしもすべてのホールが成功しているとは言えません。
この神奈川県立音楽堂は、「残響1.4秒(空席時)」「1,100人収容」と、スペック的には前時代的なものはありますが、ピアノを聴くという点では私は非常に満足できました。残響が適当なのでピアノの音がクリアに聴こえるし、観客席はそれなりの傾斜があるため直接音がよく私の席まで届いていました。

老朽化したという理由で取り壊される建物は多いけれど、この音楽堂はわが国の建築史的にも音楽史的にも価値があります。永続的に使われてほしいと思いました。
スポンサーサイト



横浜遠征その2「エリソ・ヴィルサラーゼのピアノ・リサイタル」

2020.01.22.Wed.15:35
1/13神奈川県立音楽堂でエリソ・ヴィルサラーゼのピアノ・リサイタルを聴いてきました。私が「万難排して聴きに行きたい!」と考えるピアニストのひとり。グルジア生まれのエリソはロシア・ピアニズムをネイガウスやザークに学び、リヒテルとも交流してきました。ピアノ教師としてもベレゾフスキーやメルニコフら現役の一流のピアニストを育てています。エリソは弟子に急速な進歩を求めず、じっくりと時間を費やす指導を行っていると聞いています。積極的に来日して演奏活動をしてこなかったためか、一般的には師匠よりも弟子の方が有名かもしれません。しかし2014年ごろから継続的に来日してリサイタルをしてくれるようになり、私も年1回のペースで聴きにいっています。今回も77歳という年齢を感じさせない圧倒的な演奏を聴かせていただきました。

演目は以下の通り。

チャイコフスキー:四季 Op. 37bから「1月」〜「8月」
プロコフィエフ:風刺(サルカズム) Op. 17/トッカータ ニ短調 Op. 11
【休 憩】
シューマン:ノヴェレッテンOp. 21より第8曲嬰ヘ短調
シューマン:幻想曲 Op.17
(アンコール)シューマン:森の情景Op.85から「予言の鳥」

プログラムの構成は、前半がロシアの作曲家の作品、後半はエリソが得意なシューマン。

冒頭のチャイコの「四季」は、プーシキン等がつくった詩と響きあう…というようにというコンセプトでつくられた音楽です。エリソの音色には芯があり太く柔らかい。卓越したフレージングからは「言葉」のようなものが聞こえてきました。楽譜から言葉をひろってきてそれを音楽化するのがロシアピアニズムの特徴のひとつですから、エリソにとってこの曲は格好の演目です。ロシア民謡にも通じる民衆の郷愁の歌。その後に弾かれた初期のプロコの前衛的な2つのピアノ曲。超絶技巧の曲ですが、エリソは難なく弾いていました。腕や指には力が入っているように見えないのに非常に豊かな大きな音が響いています。これは手首の弾力性や背中などの筋肉の重みを使って弾く重量奏法によるのだと思われます。

前半の演奏が終わった時、会場では「ただならぬピアノを聴いてしまった感」が漂っていました。私は席に座ったまま、前半のチャイコとプロコの演奏について、ボーッと考えていました。そして気づいたのは、この2曲は「シューマンつながり」と言ってもよさそうな内容でもあったことです。

チャイコの「四季」には「1月・炉端にて」、「2月・謝肉祭」というような副題があります。シューマンの作品に詳しい方から、炉端・謝肉祭・ひばり・待雪草・草刈り・収穫というワードをみた瞬間、「謝肉祭」「子供の情景」「子供のためのアルバム」などに含まれる同一名称であることに気づくと思います。特に「2月・謝肉祭」が弾かれた時、その躍動感や人が対話しているようなニュアンスが、シューマンの「謝肉祭op9」と似てる…と感じました。
またプロコのトッカータも、シューマンの「トッカータop7」に触発されて作曲されたと冊子に記されていました。エリソの演奏はロックのライブにいるかのような激しいリズムと鋼鉄のような打鍵、強弱の波で溢れ、若きプロコの先鋭性と狂気を感じました。精神的な病を持っていたシューマンと重なる部分もある。
エリソは、チャイコやプロコの音楽的パラメータの中に、シューマンが潜んでいることを暗示していたのかも…と私は邪推してましたw。

後半は、シューマンのノベレッテンOp. 21-8と幻想曲Op.17。
これら2曲を続けて聴いた時、なぜかこれら2曲のもつメロディが描く放物線、符点リズム、音の跳躍、曲想などが“双子”のように似ていると感じました。幻想曲Op.17はよく弾かれる人気曲ですが、エリソほど音符を言葉に替え、鍵盤を弾くというより“木の箱”を鳴らすように弾ける人は多くありません。
最近、サーカス芸人にような超絶技巧系のピアニストに人気が集まっているようですが、私は彼らが陥りがちな無機的で音楽を好みません。昔みた第三舞台の演劇「朝日のような夕日をつれて」のような言い方を真似るなら、朝日のような希望と、夕日にような切なさ、その両方から人間愛や温もりが感じられる…というのがエリソの演奏でした。そんなことを思いながら、シューマンの濃厚なロマン的なものにどっぷりと浸かってきました。(エリソをはじめ、近年、いいネ!と思ったピアニストはレオンスカヤ・メジューエワ、松田華音など、みなロシア・ピアニズムの方々です。)

今回、最も感動的だったのは幻想曲Op.17の最終楽章が終わる瞬間でしょうか。ゆっくりとアラベスクの音型が消えていくかのような終わる時、その超弱音がホールに隅々まで行き渡り、まさにホール内は時間が止まったかのような静寂に包まれました。エリソと聴衆がつくったこの余韻が音楽会のすばらしさを表しています。その後、沸き立つような万雷の拍手。この日のリサイタルの客層も良かった。(私はいつも無神経なブラボーマンに迷惑しています。)アンコールは、シューマンの「予言の鳥op82-7」。またいつかエリソのピアノを聴けることを予言してくれたような…w。

演奏会後、場内放送でサイン会がある旨、告知がありました。私、滅多にサインを音楽家に求めることはいたしません。しかしエリソのサインは欲しい。CDを持ってくればよかった。仕方がないのでプログラムにサインをいただき、“I was deeply moved.”と言いました。(私がサインをもらったのは、最後の記憶はエディタ・グルヴェローヴァのソプラノ・リサイタルの時でしょうか。)

握手をしてもらった時、エリソの手の大きさは私よりもちょっと小さいぐらい。ビックリしたのはその柔らかさ。このような手からあの音楽は生み出されるのか…。原田英代著『ロシア・ピアニズムの贈り物』(みすず書房)には、手首の柔軟性を利用して弾くことが大事だと記されていたことを思い出しましたが、その件、合点しました。
一方でこの著作には、あるエピソードとして、ハンガリーの名ピアニスト、アニー・フィッシャーはロシア楽派のリヒテルの演奏を聴いて「これは音楽の領域から生まれた演奏ではなく、哲学から生まれた音楽だ」と評したそうです。そのリヒテルがエリソを「世界最高のシューマン弾き」と評価していたことも思い出しました。
私、太い根のようなものが大地の深いところまでしっかりと張っていて、その根から吸い上げられる知性や教養が音楽に結実がしていることを実感できるロシア・ピアニズムが、ここ最近のマイブームです。

2020年最初に聴いた音楽会でしたが非常に満足しました。この後、エリソ以上に満足できるピアノが聴けるかどうか怪しいところです。
4月にエリソの弟子のアレクサンドル・メルニコフのピアノリサイタルを水戸で聴きます。この演奏会は全曲が「幻想曲」で統一されています。私、彼の師のエリソが5年前に「変奏曲」で統一したリサイタルを2014年に聴きました。師も弟子も、プログラムにはこだわりがありそうですね。魔法使いの弟子にも期待しています。

vDSCF0769.jpg
vDSCF0803.jpg

横浜遠征その1「ゴローごっこは1勝1分」

2020.01.15.Wed.11:24
1/13ひさびさに横浜へ日帰りで行ってきました。私にとって東京は仕事でよく出かけることもあり心理的に近い場所ですが、一方で多摩川を超えた横浜はちょっと遠く感じる街です。久々の横浜訪問の主目的は神奈川県立音楽堂で行われるエリソ・ヴィルサラーゼのピアノリサイタルを聴くこと。そして第ニの目的が夜食テロ番組『孤独のグルメ』で登場した横浜のB級グルメ店をアタックすることです。

まず最初に向かったのが横浜駅から東横線で3つめの白楽。昭和の匂いが残る小さな商店街の中にひっそりと佇む洋食店。このお店はシーズン2で登場した老夫婦が経営しているお店。ランチ開店20分前についたのにすでに2人が並んでいた。開店時にはそれが8人ぐらいに増えていた。あぶない、あぶない。早めに着いてよかった。
私が注文したのはゴローと同じもの。スペシャル友風焼きと豚汁。この料理は豚肉と玉ねぎの炒めものです。表面は玉ねぎで覆われているけれど、食べ進むとお肉やポテト、人参、ピーマンが出てくる演出になっています。アメ色の玉ねぎとにんにくの甘い香りと焦げた醤油の香りが鼻をくすぐります。調味は醤油と酒とみりんの特製ダレと若干の酢じゃないかと思います。お味は普通に美味しい。特別に美味しいものは時々でいいけれど、普通に美味しいものは頻繁に食べたくなる常習性あり。近所にあるなら週一で通いたいお店です。時間がある時、この味を家庭で再現してみたいと思っています。

cDSCF0780.jpg
cDSCF0774.jpg
cDSCF0778.jpg


ランチの後は桜木町へ。1時間ほどみなとみらいを散策した後、紅葉坂を登って神奈川県立音楽堂へ。このホールのこととピアノリサイタルのことは、明日以降、続編で記します。

ホールを出たのは17時半ごろ。私は横浜中華街へ直行しました。向かったお店は、数ヶ月前に放送された『孤独のグルメ』シーズン8に登場した広東料理のお店。ここのアヒルのパリパリ揚げと腸詰め干し肉貝柱釜飯を食べたかった。3連休の最終日の夜だから行列はないだろうという私の甘い予想は見事に裏切られました。すでに20人ぐらい並んでた。普通なら敗北感で打ちひしがれるところですが、まさかのことを考えて、良さそうな他の店を2,3ピックアップをしていました。気を取り直して私が向かったのは広東家庭料理のお店。某サイトの中華街ランキングでは有名高級中華料理店の中に割って入っていた小さなお店。ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」と5番「運命」にはさまれた第4番の交響曲のようなイメージでしょうかw2人の北欧の巨人にはさまれたギリシアの乙女…とも言われていますよね。そんなお店でした。毒々しい装飾が多い中華街で埋もれてしまいそうなこぢんまりとした家族経営のお店。
私、運良くそこにすぐに入れたので小躍りをしたい気分でした。ここの牛バラかけご飯がとても美味しいらしい。でも一品だけでは勿体ない。迷った時は他のテーブルをみて美味しそうなものを食べている人がいたら「お隣と同じものを!」と言えば、高い確率で当たります。それは蒸し鶏。薬味はパクチーと白髪葱。甘めの生姜醤油の味付け。美味しかった。牛バラご飯は、お肉がホロホロで感激。甘めの餡に山椒辛味噌を足して食べました。本当に美味しかった。デザートは杏仁豆腐。3品でお腹いっぱい。
もしゴローだったら「昼と夜で、豚・鶏・牛を食べてしまった…」と低い声でつぶやいたにちがいない。横浜のゴローごっこ、意中のお店にフラれたけれど、代わりのお店が当たりだったので1勝1分ということにしておこう。(つづく)

cDSCF0811.jpg
cDSCF0820.jpg
cDSCF0825.jpg
cDSCF0827.jpg





2020年の年賀状

2020.01.02.Thu.11:20
2020年のmy年賀状です。
年末、バタバタだったので、
暇な時に描いた水彩画を使ってしまったw。
右上の五輪マークと左下のネズミ君がワンポイント。


2020NYc.jpg

2020年の初日の出

2020.01.01.Wed.07:47
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
近所の公園へ初日の出を見てきましたが、
残念ながら曇っていて、
雲の合間からのご来光となりました。


DSCF0665sun.jpg