クリスティアン・ツィマーマンの23年ぶりの新譜はシューベルト

2017.07.22.Sat.09:13
昨年2016年に聴いた音楽会でもっとも感銘を受けたのは、
1月に水戸芸術館で聴いたクリスティアン・ツィマーマンのピアノ・リサイタルでした。
オール・シューベルト・プログラムでした。
その時の演目は以下の通り。

シューベルト:7つの軽快な変奏曲 ト長調
シューベルト:ピアノ・ソナタ第20番 イ長調 D959
シューベルト:ピアノ・ソナタ第21番 変ロ長調 D960

まさに晩年のシューベルトの心境に寄り添った素晴らしい演奏。
この時ほど、音楽を聴いてきてよかった…と思ったことって多くありません。
また、あの日のような演奏を聴きたいと思いながら、
私はいろいろな音楽会へ足を運んでいるわけです。

ツィマーマンは訳あって長くレコーディングを中止していました。
だから彼が1990年に録音した即興曲D899とD935のCDを聴きながら
あの夜の彼のシューベルトの演奏を思い出すことも少なくありません。

7886422_2196021798_18large.jpg

昨日の正午、音楽好きの友人U氏に用事があって電話をしたところ、
「ツィマーマンが新譜を出すの知ってる?」という言葉にビックリ。すばらしき朗報
なんと昨年、私たちが聴いたシューベルトの20番、21番のソナタを
日本ツァーが終わった直後、なぜか新潟県柏崎市で録音をしていたらしい。
これは彼にとって23年ぶりのソロ・アルバムになります。
長く録音を封印していたツィマーマンですが、
自分でも納得できる会心のツァーができたことで
録音する気になったのでしょう。
U氏との電話を切った瞬間に、
ポチ買いしたのは言うまでもありません。
9月の発売が待ち遠しいです。

特に、ピアノソナタ第21番変ロ長調D960は私が偏愛する曲です。
これまでライブで聴いたピアニストの中で、
私にとってはクリスティアン・ツィマーマンとラドゥ・ルプーが最高峰です。
音から芳香が感じられたような気がしました。
ツィマーマンはバターの香り、ルプーはオリーブオイルw。

926cz.jpg

スポンサーサイト

高校生の演劇をみる

2017.07.17.Mon.13:20
昨日7/16、私の母校である日立一高の演劇部が
全国高等学校演劇大会@仙台に出場することになり、
予行練習を兼ねた壮行公演をみてきました。

演目は「白紙提出」。
思春期の高校生の葛藤と切なさを
笑いやギャグを交えながら演じていました。
高校生らしい瑞々しさが感じられました。
ダンス・シーンが効果的に使われていました。
女装が趣味の男子、その親友の男子を女子が演じるなど
ジェンダーに関しての問いかけもあったような気がします。

茨城演劇界の重鎮の壮行の言葉では、
脚本を書いた当時2年生の磯前千春さんが創作脚本賞を受賞し、
かつ首都圏の強豪校がひしめく関東大会で最優秀賞を同時受賞しての
全国大会出場というのは、茨城の演劇の歴史の中でもたいへんな偉業だそうです。
しかし本人たちの挨拶では
「好きな演劇を楽しく作ることが第一で、
賞はご褒美のようなものだった」
という謙虚なものでした。
全国大会@仙台でも、楽しんで演じてほしいと思いました。

アンケートには、たくさん書き込んできました。
私もこれまでさまざまな演劇をみてきたので、
なにか全国大会のヒントになれば…と思ったからです。
特に「笑い」や「ギャグ」の台詞は、
脚本から少し離れて、
その瞬間に生まれたようなフレッシュさや即興性のようなものがあれば、
さらによくなると思いました。

パクチーぶっかけ炒飯

2017.07.12.Wed.11:02
おつかれ気味の先週末、
家に引きこもってウダウダしているに限りますw。
外は猛暑なので、一歩も外に出たくない。
食事は冷蔵庫にあるものでなんとかすればよい。

日曜日の昼下がり、
キッチンにあった冷えたご飯とイワシと卵で何かを作ろうと考えました。
庭には食べごろのパクチーもある。

イワシを使ってナンプラー(魚醤)を効かせたエスニック風の炒飯に
パクチーをてんこ盛りにしたらどうか…と着想しました。

イワシは軽く塩を振って、焼いて、身をほぐしておきます。
冷えたご飯をチンして温め、卵とともに炒めてパラパラにします。
それに具を加え、ナンプラーや塩、こしょうで調味します。簡単!
最後に山盛りのパクチーをぶっかるだけ。
左にチャーハン、右にパクチー。
カレーのように食べる。

香りが鮮烈。
ベトナムやカンボジアを思い出す風味と匂い。
チャーハンに清涼感w。
思いつきだけでつくりましたが、
イメージ通りにできて満足しました。

7886422_2259128189_3large.jpg

「おはよう、ディエゴ」 ジャコメッティ展は行かねば…

2017.07.09.Sun.17:45
今朝のEテレ『日曜美術館』の展覧会情報の中で、今、東京で行われている『ジャコメッティ展』が紹介されていました。私、彫刻家アルベルト・ジャコメッティの作品がかなり好きなので、上京した時には見に行かねば…と思っています。(テレビに出る前に行きたかったなw。なぜならテレビに出ると混むから)

ジャコメッティと私の出会いは、私が高校生のころです。現代国語の教科書に哲学者・矢内原伊作の随筆が載っていました。その内容に感銘を受け、彼の本を耽読しました。そして彼の著作『ジャコメッティとともに』に出会ったのです。当時は細長い棒のような彫刻というイメージでしたが、東京の美術館でジャコメッティの実作をみて、その「空間性」「哲学性」に感動しました。

その後、外遊先のスイスやフランスで彼の作品を見てきましたし、彼の展覧会なるものがあると、できるだけ行くようにしています。最後にみたのは、10年ほど前の川村美術館の回顧展かな?

二十数年前、仙台に勤務していました。ある画廊で、フランスのタンレ城というところで行われた展覧会のポスターを見かけ、気に入って買いました。シンプルなのに空間的で、彼の彫刻の特徴もよくでていたからです。せっかくなので額装してもらいました。いま、わが家の廊下に掛けられています。このポスターのタイトルは「男の肖像」ですが、ジャコメッティの弟ディエゴに似ているので、私が勝手にディエゴと名付けています。だから、毎朝、起きると「おはよう、ディエゴ」とつぶやきますw.


ジャコメッティは「見えるがままに」表現することにこだわった彫刻家です。「見えるがまま」というのは写真のようなものではなく、ジャコメッティが対象物と向き合うことでで思索したことによって顕れたかたちであると私は考えています。

わが家のジャコメッティ
DSCF6199ag.jpg

なか2日でアウェイ3連戦だけど、「全部勝つ」

2017.07.08.Sat.10:17
7/2日曜@日立台 柏2-3鹿島
7/3月曜
7/4火曜(大阪へ移動)
7/5水曜@吹田ス G大阪0-1鹿島 首位浮上!!!
7/6木曜(鹿嶋へ移動)
7/7金曜(東京へ移動)
7/8土曜@味スタ FC東京-鹿島

どうして鹿島だけこのような強行日程を組まれてしまったのか?
ACL参加4クラブで中2日で3試合もあるのは鹿島だけ。
しかも全部アウェイ・ゲーム。移動もたいへんです。

Jリーグ機構側の、
鹿島を勝たせたくない力がはたらいた…
と勘ぐりたくなります。

しかしこのような逆境で、
底力を発揮するのが鹿島の伝統です。
昨年の12月はJリーグチャンピオンシップ、CWC、天皇杯、
1ヶ月で10試合も戦ったのだから。

明日は、大久保や森重がいないFC東京戦。
負けるわけにはいきませんよね。
勝って首位がためをしたいところです。


20170707kashima.jpg