FC2ブログ

スリランカ・カレー@四谷

2018.12.14.Fri.09:16
12/13東京出張時、
いま大阪を中心に
密かなブームになっているスリランカ・カレーを
四谷で食べてきました。

チキンカレー、豆のカレー、ジャガイモのカレーなどを
ビピンパのように混ぜて食べるのがスリランカの流儀。
美味しかった。
モルジブ・フィッシュというカツオ節に似たものを使っているらしい。
日本人の味覚に合うのも道理w。

2018121311170001sk.jpg
スポンサーサイト

鹿島アントラーズ2019年ユニフォーム

2018.12.11.Tue.19:59
鹿島アントラーズの2019年シーズンの新ユニフォームが発表されました。
ディープレッドとネイビーのストライプが互い違いになっていて
どことなく鎧のような印象です。
力強さがあり、かつ個性的だと思います。
ネイビーが加わるとシルエットが引き締まります。

来季は小笠原満男選手の背番号40のユニフォームを着て
鹿島アントラーズを応援しようと思っています。
さきほどシーズンチケットとユニフォームを申し込みました。

K2019ant.jpg

スーパー・サバの味噌煮に断面

2018.12.03.Mon.22:44
極上のサバを筒切りして作られた味噌煮に断面。
三枚おろしとは見た目が全然ちがいますね。

2018120118470001f.jpg



鹿島のACL凱旋試合は引き分け

2018.12.02.Sun.13:42
昨日は1ヶ月ぶりにカシマスタジアムで、J1リーグの最終節、鹿島アントラーズとサガン鳥栖の試合を観戦しました。鹿島は11/11に敵地テヘランでACL(アジア・チャンピオンズ・リーグ)で優勝し通算タイトル20冠を達成した後、天皇杯は甲府・J1第33節は仙台とアウェイで戦ったため、昨日はACL制覇後の初のホーム凱旋試合となりました。しかし試合は0-0で引き分けでした。

鳥栖は、引き分け以上の結果が得られなければ、降格圏に落ちてしまい、J2の横浜FCあるいは東京ヴェルディJとの勝者と入れ替え戦を戦うことになることが分かっていました。前半は点を獲りに積極的に攻めてきましたが、後半は他会場の戦況をみながら、守備的な戦術に変えてきました。中盤のプレスは強めでしたね。鹿島は自由にボールを持つことができず、なかなか攻撃のかたちを作れていなかった。得意のサイド攻撃も、数的優位をつくませんでした。
鹿島はホーム最終戦なので、なんとか勝ちたい気持ちは見られましたが、鹿島も引き分け以上ならリーグ3位以上が確定し、ACL出場権が得られることが分かっていたためか、無理をしないで試合を終わらせようとしていたようです。12/5は天皇杯準決勝で浦和との対戦も控えているし、12/15からはUAEでクラブW杯します。

結果的には、鹿島にとっても、鳥栖にとっても、win-winの引き分けでした。ACL優勝までの激戦をみてきた私にとっては、非常にもの足りない試合したが、まあこんな時もありますね。まずは天皇杯で優勝して、はずみをつけてクラブW杯に臨みたいです。

昨日はACL優勝のトロフィーが、スタジアム内に特別展示されていました。意外に小さいw。これがずっと欲しかったのですよね。鹿島の来季の目標はACL連覇と3年ぶりのリーグ優勝というダブル戴冠です。そのために必要なのは、センターバックの補強が急務。7月に植田はベルギーへ移籍。昌子も来季からフランスへ移籍するのが確実です。今シーズンの開幕時の守備の要2人が移籍するという緊急事態なのです。ACLとリーグのダブル戴冠のためには、2クラブ分の戦力がないと難しいですからね。私が言わなくても、鹿島の強化部長はそのあたりをよく分かっているとは思います。

DSCF8738ACL.jpg

唯一無二の 「鹿仕様」トート・バック

2018.11.26.Mon.15:49
d21774-3-124304-0.jpg

だいぶ前にある美術館のショップで
無地のキャンパス地のトートバッグを買いました。
これは自分で自由にデザインして
オリジナルのものを作ろうという趣旨の商品です。

買ったのはいいものの、
なかなか実行しないでいましたが、
フッと、鹿島アントラーズのACL制覇で
20冠を達成したことを記念したものにしよう!
と思い立ちました。

アントラーズ・カラーのローズレッドとネイビーの
20個の水玉を表に8個、裏に12個を
アクリル絵の具で描いてみました。
鹿ちゃんのエンブレムも
忘れるわけにはいきません。

唯一無二の
「鹿仕様」トート・バックの完成!

天皇杯で優勝できたら、
もう1個の水玉を加えなければ…w。


DSCF8723kafc.jpg